魔王

  • こういうことを言うのは野暮ってもんですが。1部の、浅瀬でナズグルがアルウェンを追い詰めるシーンを見て思いました。死すべき定めの人間に殺せないのならば、他にエルフの男女とドワーフの男女と、エントの男女と、いっぱい殺せる立場がいるんじゃないかって。もしかすると、うっかり天プラ鍋をひっくりかえして火傷で死ぬとかあるかもしれないじゃない、とか。グロールフィンデルはなぜ、そこまで限定したんだろう。けど、manには人間って意味もありますが……女性はそこには入らないのね。 -- KINGBIRD
    • これも野暮ですが、限定できるのも相当大きな「予見の力」でしょう。アルセダイン滅亡の時点で魔王の滅亡を予見できるだけでも大したものなのに。
    • 予言は彼自身も一応信じてたようですから、天プラ鍋はともかく、エルフやドワーフが多い戦場にはあまり出撃しないように心がけるくらいのことはしたかもしれませんね。たとえば、指輪戦争の時にもエレボールやロスローリエン方面には行かないようにする、とか。 -- カイト
    • まず、エルフ(レゴラスは除く)とかドワーフ、エントとかに負けないと思います。なんだって、彼も指輪の保持者ですから。上に天ぷら鍋ひっくり返してという部分もありますが、鉄砲水で死なないのに天ぷら鍋で死ぬわけないと思います。(さすがにマグマでは、死ぬようだが
    • ムマキルに踏みつけられたらやはり死ぬのだろうか? -- エグゼクター
    • 予言に従えば(理屈の上では)オークやトロル、バルログでも魔王を殺せるような…
    • オークやトロルはともかく、バルログなら魔王を倒せるでしょうね。サウロンと匹敵するような力を持っているわけですし
      • さすがに魔王もマイアールには・・・・
      • 魔王はバルログには殺されません。指輪の幽鬼は力のやび -- fyrt 2008-08-12 (火) 15:40:58
    • 逆に「魔王は(メリーとエオウィン、つまり「人間の男じゃない者」に倒されることになるから)人間の男では倒せない」と言ったとか -- 2007-08-27 (月) 18:20:31
    • 確かに劇中でも魔王は“No man can kill me”と言い放っています。ひょっとすると彼は、グロールフィンデルの予言を“誰も自分を殺す事は出来ない”という意味だと思いこんでいたかも知れない。だから映画の中ではガンダルフに対してもやたら高圧的だったのか? -- 2008-01-25 (金) 23:48:53
  • ナズグールの中で、ちょっと自立した人ね。 -- かごめ
  • 原作だと武器は矛、映画だと鎖付き鉄球(のようなもの)個人的には彼の武器は矛じゃなくて槌のほうが似合うと思う(サウロンも槌だったし) -- ひあごん
  • 原作では白のガンダルフ出すら恐れる強い力だったのに・・・物事はうまくいかないということをあらわしているのでしょうか? -- しろいしと
  • 「王の帰還」SEEでは、アングマールさん(魔王)&おぞましき獣とガン爺&飛蔭(ついでにピピン君も)が対決するシーンが追加されるようです。しかも、魔王が魔法剣を使ってくるそうです。 -- 黒馬
    • SEEの追加シーンでサルマンの最期に次ぐインパクトだったのが魔王VSガンダルフのシーンでした。出番は少ないながらも圧倒的な存在感です。 -- マイカル
      • 確かにそうだが、魔王が一方的すぎる・・・。 -- じゃ 2010-09-18 (土) 17:56:15
      • にらみ合いの後、魔王が一声叫ぶとガンダルフの杖が砕け散る・・・城門を砕く場面をこっちに転用したのか。「白のガンダルフさえいれば大丈夫」と思っていた観客に衝撃をあたえる、いい演出でしたね -- 2010-12-11 (土) 17:22:06
      • ここ、ガンダルフを弱く描き過ぎ。っていうか、ガンダルフだって「人間の男」じゃないんだから、倒せる可能性はあるんですよねえ。なんだかエオウィンより弱そうだ...事実弱いのかもw -- 2011-01-17 (月) 16:23:28
      • "The Letters of JRR Tolkien"によると、There, put in command by Sauron, he is given an added demonic force. とある。魔王はサウロンから冥王パワーを分けて貰っていたっぽい。原作ではガン爺とは戦わなかったが、戦ってたら映画みたいな結果になった可能性もあるかも。ガン爺大好きな人にとってみれば納得のいかない描写だとは思うけど。 -- 2012-01-14 (土) 16:25:06
      • 加えてイスタリは力に制限かけられてる身上ですしね。白くなったからマイアの力がフルで使える、とはいかないでしょうし。 -- 2012-03-19 (月) 11:28:54
      • "man"のダブルミーニングのために「人間の男」と訳されてるけど、イスタリだろうとホビットだろうと男は”man"なんだからだめなんじゃないでしょうか。 -- 2012-12-31 (月) 02:40:05
    • なんでエオウィン相手にあの魔法剣使わなかったんだろう。鉄球より強そうだが。 -- 2011-03-21 (月) 16:51:05
  • ICE設定はよくできていて面白いけど、魔王がヌーメノール王家の出であるというのはなんというか・・・禍々しさが倍増。しかも血筋でいえばのちのエレンディル王家よりも正統性は高いのか? -- 2008-05-14 (水) 23:38:54
    • エレンディルの家系はヌーメノール王族の分家ですからねえ。 -- 2008-05-21 (水) 18:14:58
      • いや、エレンディルの家系こそ正統だ。なぜならシルマリエンはヌメノール第四代の王タル=エレンディルの長子だからだ。 -- ホビット 2008-09-14 (日) 13:12:48
    • でも女系を正当だとすると、デネソールの『アラゴルンはイシルドゥアの血しか引いていない』発言に矛盾が生じますよ -- 2009-01-02 (金) 15:29:52
      • 矛盾は生じない。なぜならイシルドゥアもまたシルマルリエンの血を引いているからだ。 -- 2011-06-12 (日) 18:54:11
  • 映画版じゃメリーが塚山の剣もってないけどなぜか倒せてる -- 2009-01-02 (金) 20:31:51
    • まぁ、ガラドリエルがくれた短剣がエレギオンで作られたものだとしたら、同じくらい闇の勢力(特に力の指輪)に対する呪いの力が込められてそうですけどね。 -- 2009-01-02 (金) 23:32:38
      • そう。塚山出土の短剣はすっごくいい伏線なので映画でもやってほしかった -- 2009-04-14 (火) 23:34:16
      • まあ塚山出土の剣だったら、旅のどっかでアラゴルンかエルロンドが「この剣は昔のアルノールで・・・魔王が第一の敵だったとき・・・」とか長い説明をしなくてはならなくなるからでしょうね。説明した瞬間にネタバレになってしまう。 -- 2010-12-11 (土) 17:25:58
    • それどころか、ガラドリエルの剣はオークに誘拐されたときにとられてしまい、魔王を指した剣はローハンでもらった剣だったとか言う人もいる。伏線は大切にしようよ -- 2010-12-11 (土) 17:28:11
  • サウロンの口とどっちが偉いのか?気になる。 -- 2009-04-15 (水) 00:06:22
    • 魔王はサウロンの部下の中では抜きん出た存在だそうですよ。 -- 「ど」の字 2009-10-13 (火) 23:30:44
    • 武官と文官みたいな関係なのかな。実は仲が悪いとか -- 2010-12-11 (土) 17:29:21
      • 会議で口と魔王が言い争い・・・なんかシュール! -- 2012-04-17 (火) 01:03:48
  • 魔王の肉体が滅びた時、その指輪はどこにいてしまたのだろうな? メリーが拾って、なんて展開もありと思えたが。 -- 古本まゆ 2009-06-02 (火) 09:26:38
    • 魔王と一緒に滅びたのではないでしょうか? -- 2009-06-02 (火) 10:12:18
      • 幽鬼の指輪はサウロンが手元に置いていたのでは? -- 2009-06-02 (火) 20:15:10
      • 指輪をはめた方がより能力を発揮できるという設定なら、出撃の時のみナズグルに貸し与える事はあるかも。どうなんでしょうね? -- 2009-06-03 (水) 23:13:29
    • 「一つの指輪」同様、使い手に合わせて相当のカスタマイズが為されていたでしょうから、恐らくは魔王と運命を共にしたのでしょう。そうでなくても、「一つの指輪」の消滅はサウロンの力の消滅を意味しますから、それに伴って消滅したのでは? -- 「ど」の字 2009-10-13 (火) 23:34:27
    • でも終わらざりし物語(確か)に「サウロンが九つの指輪を手にしている限り、ナズグールたちはかれの忠実なしもべであった」というようなことが書いてあったと記憶しています。サウロンが全部持ってたんだと思います。 -- 2011-03-21 (月) 21:00:08
  • 原作でフロドが目撃した「兜の上から王冠」というセンスが未だによくイメージできないでいる・・・ -- 2010-02-20 (土) 20:07:33
    • オリヴィエの『リチャードIII世』で、こういったタイプの兜が出てきた。ホズワース戦のシーンで確認できる。個人的にはアリだと思う -- 2012-05-25 (金) 22:06:37
  • 「魔王は、人間の男には殺されない」と言うと、凄いように聞こえますが、よく考えると、ナズグルの一員である時点で、指輪がある限り不死身みたいなものですよね。逆に言うと、「人間の男以外」に殺される運命を背負っている分、普通のナズグルより弱い、とも言えるのでしょうか? -- Δ 2011-05-05 (木) 18:48:43
    • 予言はあくまで運命(結末)を言い当てたものであって、強さ云々とは無関係なのだと思います。 -- 2011-05-06 (金) 19:06:27
      • すみません。確かに、ご指摘の通りですね。「ナズグル中で最強」と明言されている魔王を、「他のナズグルより弱い」と表現するのは、不適当でした。 -- Δ 2011-05-06 (金) 19:22:45
    • 元々予言というか、深追いしようとしたエアルヌアに対して、「あれは人間の男(お前)の手に負える相手じゃない」という趣旨の発言ですから強さは関係ないでしょう -- 2011-05-13 (金) 02:28:07
      • なるほど。私は、勘違いしていたようです。つまり、「魔王は、人間の男の手には負えない」と言っているだけであって、「人間の男以外に、必ず殺される運命だ」というような意図ではなかったのですね? -- Δ 2011-05-14 (土) 20:35:17
    • 蛇足ですが、これもマクベスの「女に産み落とされた者ではお前にかなう者はいない」のもじりですね。 -- 2011-12-23 (金) 11:35:43
      • 教授はシェイクスピアを毛嫌いしていたそうだけど、嫌いながらも意識していたのかもしれんね。 -- 2012-01-29 (日) 13:03:24
      • "All that is gold does not glitter"(「金はすべて光るとは限らぬ」)もシェイクスピアのもじりですし、かなり意識してたんでしょうね。 -- 2013-01-01 (火) 07:18:32
      • まったくの横道からの横やり失礼しますが、「光るものすべてが金とは限らない」の初出は少なくともシェークスピアではありません。ラテン語の格言をシェークスピアが採用したものです。 -- 2013-01-12 (土) 08:08:18
  • どこかで読んだのですが、教授自身は書簡でガンダルフと魔王が直接対決していたらどちらが有利かわからなかった、と言ってるそうです。ガンダルフはサウロンと同格なのに(実際は違う)その手先風情になんか負けるはずないって意見を時折見ますが、そうでもないようです。事実、作中でもガンダルフは魔王をかなり危険視してます。 -- 2012-03-19 (月) 11:29:50
    • 九つの指輪は彼らに「人ならざる力を与えた」わけですから、ナズグルを人間の範疇で考えるべきではないのでしょうね。 -- 2012-03-19 (月) 18:38:13
    • デネソールも、ガンダルフに対して「あんたは(魔王という)対等の敵を得たわけだ」、なんて言ってるな。 -- 2012-04-14 (土) 23:56:40
  • 映画版のデザインは本当にカッコいいと思います。ただエオウィンに向って「人間の男に余は殺せぬ」と言っていますが、モルドール軍の総大将がエルフの予言を真に受けているのはどうかと。 -- 2012-04-12 (木) 22:20:55
    • まあ、あそこは原作準拠だったような。 -- 2012-04-13 (金) 09:40:12
    • 予言は軽々しく扱えるものではなく、ほとんど絶対と言っていいもののようですからね。サウロンからしてフアンへの予言を真に受けて剰え逆手に取ろうとしましたし、それほど運命的なものなのでしょう。 -- 2012-04-14 (土) 13:40:32
      • アルダの神話に限らず、世界各地どの神話でも予言ってたいてい絶対的なもんだよね。言ってみりゃ超重要な複線だわな、読者はその予言がどう成就するのかをwkwkしながら物語を追うわけで。"予言でこう言われてたけど、実はそんなことはなかったぜ!"な展開じゃコメディにしかならないw -- 2012-04-14 (土) 17:04:20
    • 上のエルフの予言てのはそれだけ重いんでしょう。同時に、魔王からしてみれば、(男だと思っている)エオウィンに対して、絶対勝てる分けないと思わせて威嚇していたという意味もあるのでは。 -- 2012-05-25 (金) 01:33:37
    • いや、単に映画版にグロールフィンデルを出せなかったので、魔王自身に言わせているだけだと思います。それにしても、グロールフィンデルは出そうで出ない重要人物のトップですね(笑)。 -- 2012-11-11 (日) 00:19:46
  • 映画版だと松明で撃退されたりラダガストを仕留め損ねたりホビットの冒険以前に倒され封印された設定になっていたり、だけど王の帰還(特別版)では白のガンダルフの杖を念力で粉砕してみせたりと強いんだか弱いんだかわからん幽鬼。肉体的能力よりも魔力の強さがすごいという存在なのだろうか? -- 2013-01-05 (土) 12:15:11
    • アモン・スールでは一応の目的は果たしたからとりあえず退いてフロドが苦しむ様子を見て楽しむ魂胆だったとかですかね(ホビットがあそこまで短剣に抵抗できたのは想定外) -- 2013-01-05 (土) 23:47:17
    • 主であるサウロンが力を失っていた時期と、力を取り戻しつつある時期との違いでは? あるいは風見が丘の件も踏まえると、サウロンとの距離が遠いか近いか、とも解釈できるか -- 2013-01-05 (土) 23:48:28
    • Letter#210だったかで、ペレンノールの時の魔王はサウロンから力を授けられてパワーアップしていた、といったような事を教授が書いてます。映画も同じような設定なんじゃないですかね。 -- 2013-12-08 (日) 11:42:55
  • 映画版ホビットにおいて魔王は倒され封印された、ということに非常にショック受けました…死人占い師の能力を観客に見せるためとかLOTRとのつながりをもたせるとか、いろいろ理由があるのかもしれませんが、第二部第三部公開を控えた現時点では「解せぬ」以外の感想をもてません… -- 2013-01-08 (火) 12:55:06
    • グロールフィンデルのくだりは原作から変更されて、実際に魔王が劇中に出てきたとき「人間の男には倒せない」と魔王自身か誰かが言うのかもしれませんね -- 2013-01-08 (火) 19:25:52
    • 第二部に彼の墓が登場しますが、あれは何処なんでしょうか。霧ふり山脈の東側?旧魔国との戦争後に封印されたのだとすれば、霧ふり山脈の東側は考え難い。だが、ガンダルフやラダガストが、サルマンへの反証のためとは言え、それだけの距離を後戻りする気になるのか?映画設定とは言え、不安定感が強過ぎます。 -- 2014-03-18 (火) 13:34:31
      • そもそも何で「偉大な王」の墓があんな山肌に・・・ -- 2014-03-18 (火) 14:20:44
      • 失礼。wiki本文にルダウアと記述されてありますね。それにしてもガンダルフは如何なるルートで、ここへ向かったのでしょうか。山脈を横断すれば、往復しても大したことの無い位置なのかも知れません -- ハマの墓 -- 2014-03-19 (水) 00:11:00
  • not by the hand of man will he fallのmanを「人間」と勘違いして「人間に殺されることはないから安心」と思っていたらwomanに殺されたでござる。 -- 2013-05-03 (金) 23:12:23
    • 上でも言われていますが、マクベスみたいですね -- 2013-05-19 (日) 22:07:19
      • 教授はシェークスピア風の言い回しが入り込まないようにと,願っていたというが,ゼロとはいかなかった. -- 2013-05-19 (日) 23:09:24
  • ホビット(映画)で出てきたモルグルの刃は、魔王の手に戻るのかな?戻らないとフロドを刺せなくて困っちゃう。 -- 2013-06-27 (木) 09:11:58
    • ホビットと指輪物語には時間差があるから新しいのを作ることもできたと思う。 -- 2015-09-07 (月) 19:03:31
  • エオウィンに倒されたけど、ナズグルって指輪とサウロンが存在する限り不滅なんじゃないの? -- 2013-07-25 (木) 20:40:05
    • 復活にタイムラグが有るんでしょう。で、復活する前に指輪とサウロンが破壊されてジ・エンド。 -- 2013-07-25 (木) 23:35:26
      • なるほど~。 しかし、顔面に剣をぶち込まれるとは・・・ 痛そう -- 2013-07-26 (金) 14:31:00
      • そして予言通り「人間の男」ではない人間の女エオウィンとホビットの男メリーによって討ち取られ、同じくホビットの男フロド(ゴラム?)にトドメを刺されたというわけですな。 -- 2013-12-12 (木) 17:23:20
  • ガンダルフと対峙した時の第一声『おのれこそ死を目前にしているのがわからぬのかこの※おつけもの※めっ』って聞こえる(笑)ー桃尻親分。 -- 2013-10-08 (火) 10:22:51
  • この人の頭巾の中身って、王冠と火がぷかぷか浮かんでたのかね?向こうの景色透けて見えて…? -- 2014-02-17 (月) 15:38:19
  • この人、暴れたムマキルに踏まれたりしたらどうなるんだろうか。ムマキルの乗り手が男か女かで結果が違うのかな? -- 2014-11-05 (水) 10:56:18
    • ナズグルに実体はないため、踏まれてもマントや鎧兜が破損するだけでダメージにはならないと思われます。 -- 2014-11-05 (水) 12:12:33
    • うまうまと進行する攻城戦にキャッキャとご満悦の魔王さん。 のどが渇いたので「おい、水もってこい。」とゴスモグさんをけっとばします。 すると、よろけたゴスモグさんのよろいのとげが、そばで休んでいたじゅうさんにささってしまいました。 さあ大変、「グララアガア」と怒ったじゅうさん、魔王さんをタンクGTにひかれたブラック魔王みたいにもうくしゃくしゃに潰してしまいました。 「フィキヒヒヒヒ!・・」、せせらわらうゴスモグさんですがさすがに子分、空気入れをとり出すと魔王さんにせっせと空気を送り込みます。 ムクムク・・ポンッ! と元気になった魔王さん。鎧兜もこんな時のために柔軟性のあるウレタンで作っておいたので大丈夫元通り。 げんこつを一発ゴスモグさんの頭にお見舞いすると、また颯爽とペレンノールの空に飛び立っていきました。 でもご用心、人間の男以外の者に刺されたりすると、また空気が抜けてしまうかもしれませんよ・・・ -- 2014-11-10 (月) 20:35:39
  • 映画ホビットの設定だと、死人使いが蘇るまでずっと封印されてたようだが、そうなるとアングマール魔国やエアルヌアの一件はどうなるんだw -- 2014-11-27 (木) 09:09:01
    • そこら辺はどうせ名前も出ないし。映画は一般人に配慮しないといけないですからね。 -- 2015-02-14 (土) 10:18:59
      • エアルヌアはそうだけどアングマールは思いっきり3部で名前出てたがな。 -- 2015-02-14 (土) 10:23:04
    • サウロンが最後の同盟に敗れた時は生き残り、後に独自にアングマール国を興して戦い続けるも敗れて封じられる。そして映画ホビットでのサウロンの復活に呼応して甦るって解釈でいいんかな。 -- 2015-12-11 (金) 13:52:52
  • youtubeに絵と映画の音楽を利用したアルノールとアングマールの物語を見つけましたw全編英語ですが -- 2015-03-03 (火) 05:13:39
  • 思ったんだが、彼は予言を知って「オークに殺されるかも」とは思わなかったのだろうか?最終的には女とホビットに討たれたわけだけど、そんなのは誰も予想しえなかっただろうから、私なら映画のゴスモグ的な奴が後ろから刺してくるかも、と逆に疑心暗鬼になりそう… -- 2015-04-13 (月) 14:58:42
    • "by the hand of man"というのは「神ならぬ人の業では」を意味した詩的表現に取れる、というよりそう取るのが普通な言い回しでして、予言"not by the hand of man will he fall"は要するに「何人にも滅ぼすことはできない(神の助けでもなければ倒せない)」という意味に取るのが順当な読み方になります。
      "man"が種族と性別のことを意味していた、というのは順当に読んだだけではわからない裏の意味(謎かけの答え)なんです。しかし同時に、エオウィンとメリーと塚山出土の剣が数奇なめぐり合わせによって魔王を倒したのは神慮を感じずにはおれない展開でもあり、その意味で予言は表面的にも正しかったことになります。
      ・・・というように、予言には表と裏の意味がありどちらも正しかった(裏の意味で読者と魔王の意表を突きつつ、実は表の意味でも成就していた)のがあの展開の肝だったわけですが、日本語訳では「人間の男の手では倒せぬ」と冗長な表現にどうしてもなってしまい、それで色々と無用な疑問を呼んでいる面はあるかもしれません。
      このコメントでも様々言われていますが、人間以外の種族だったら倒せるのかとか、魔王はそれを警戒しなかったのかとか、そういった話ではないはずです。 -- 2015-04-13 (月) 17:17:17
  • メリーの剣は塚山出土の剣だったから魔王に有効だったのはわかるとして。エオウィンの剣は何か由緒のある魔力武器だったのだろうか。ローハン製の何の変哲もない剣ならば、いくら使い手が人間の男ではなかったと言えそれだけで実体を持たない魔王に致命傷を与えるのは無理な気がする。 -- 2015-08-23 (日) 14:57:20
    • 「不死身の肉を切り裂き、その見えざる筋肉をかれの意思通りに編み合わせていた呪文を破った」とあるように、塚山出土の剣が魔王を不死身にしていた呪力を破壊したのでただの剣で魔王にとどめを刺すことができたのですよ。 -- 2015-08-23 (日) 15:02:46
    • 「人間の男の手では倒せぬ」 「私は女よ」 グサリ!って魔王は人間の男の手では討たれぬという予言を警戒していたとしても、あのシーンで他の兵士がグサリとしても倒せていたのですよね。予言としては成就だけれども -- 2015-08-23 (日) 23:14:19
      • 声で相手が女だと分かるはずなのだが・・・・やはり「men」を「男」ではなく「人間」と解釈していたのですね。 -- 2015-09-07 (月) 19:01:16
      • 男か女か区別できない声の持ち主もいるし、トールキンの戦場に女がいるのは想定外でしょう。そして目の前の女に気をとられてるうちに背後から魔王特効の剣で人外に刺されるという二段・三段構えの想定外。魔王にしてみれば厄日もいいとこ。 -- 2015-11-21 (土) 10:18:14
  • オカマが敵の場合は男として判定されたのだろうか -- 2015-09-08 (火) 00:24:06
    • いやだから、上で何度はある様に「女なら倒せる」と言う意味ではないので…。そういえば、もしグロールフィンデルの予言が「魔王が倒される未来の場面」を見てのもので、エオウィンが「どう見ても男にしか見えない女性」だったなら予言の内容は変わっていたのだろうか? -- 2015-09-08 (火) 19:54:53
  • こんなペレンノール野の合戦はいやだ 「立ち去れ、けがらわしい化けものめ!」「化物ではありません。幽鬼の首領といっていただきたい。太陽の光や流れる水には慣れておらぬ幽鬼です。」 -- 2015-11-28 (土) 17:23:55
    • ヌーメノールの王侯はどいつもこいつもこんなんばっかりなのか -- 2016-04-21 (木) 20:27:31
    • 「わたしは見かけはよく、感じは悪いというわけですな?」 -- 2016-05-18 (水) 21:23:10
  • 上の画像にある魔王が手にしている剣が風魔の小次郎に出てくる聖剣みたい -- 2016-06-08 (水) 01:01:12
  • そういえば実体がないナズグルはどうやって装束を固定しているんだろう?魔王が転んだ拍子に兜の部分が転がっちゃったらかっこ悪いね。 -- 2016-06-10 (金) 03:45:29
  • ドル=グルドゥアで戦ったときに最後にエルロンドに背中を刺されてのたうち回って霧散したのが多分魔王で? -- 2016-06-10 (金) 16:32:14
  • 映像化ならナズグルの外伝が見たい、指輪の幽鬼になる過程がドラマチックで面白そう。 -- 2016-08-03 (水) 12:10:29
    • 9部作ですね -- 2016-08-03 (水) 14:21:29
      • ICE設定の権利関係ってどうなってるんだろうか… -- 2016-08-03 (水) 18:07:21
    • ICE設定だとハムール編が見たいな -- 2016-08-03 (水) 18:09:13
  • ICE版の魔王の兜,滅茶苦茶気色悪い・・・・ -- 2016-08-04 (木) 02:12:56
    • 自分で貼っといてなんだけど、これ蛸かね? -- 2016-11-10 (木) 01:14:35
    • これなら映画王の帰還でみせたマスクの方が良いな -- 2016-11-20 (日) 18:32:23
  • 前の方のコメントにもありましたが、映画では右手に剣、左手にフレイル装備。しかし小説だとエオウィンの盾を砕いた武器は「矛」。これは原文ではどうなってるんでしょうか?ご存知の方ありましたら。 -- 2016-09-28 (水) 12:48:54
    • 矛は鉾とも書くし、二つともMace(鉄の棍棒or鎚)の訳語に使われる事がある。 -- 2016-09-28 (水) 13:56:54
      • ちなみにこの二つは柄と頭部の接合部の形状の違い。矛は穂先の下部が凹型でそこに柄をはめ込む。鉾は柄の方に穴が開けられててそこにソケット型の穂先を差し込む -- 2016-12-23 (金) 23:06:57
    • 原文はメイスmace、すなわち槌矛(先端に突起のついた棍棒)のことですね。maceは鈍器ですが矛は長柄武器ですので、いささか不適切な訳語かと思われます。ただmaceには武器としての用法の他に、権威を示す職杖の意味もあり、これは矛も同じです。あるいはそれを意識してあえて「矛」としたのかもしれません。(かなり穿った見方をすれば、この魔王のmaceは魔法使いの杖と対置されているのかもしれません。もっとも魔王がガンダルフと対決した時に掲げたのは長剣でしたが) -- 2016-09-28 (水) 21:06:15
  • Tolkien Gatewayというところを見ると、Witch-king の項には Weaponry Morgul-knife;Black Breath; A great black mace とありました。やはりメイスのようですね。確かに鎚矛と訳されたりするようです。 -- 2016-09-28 (水) 15:00:26
  • 魔王の破滅はmanを「人間」と言う意味に取るか「男」と言う意味に取るかと言う引っ掛けに近い予言なんですが、「女」と「ホビット」に殺されたので両方の意味で成就した所が興味深いです -- 2016-09-29 (木) 12:45:32
    • 少々勿体無い気もするが、原作未読で映画を観ただけ(或いは英語と文学的表現に疎い)の人は後者の意味としか捉えてなかったりする。 -- 2016-09-29 (木) 21:02:22
  • ふと思ったのですが予言が「man」と単数形なのは「ひとりでは倒せない」と言う意味も含まれていたのでしょうか?実際、魔王はメリーとエオウィンのふたりの力で討ち取られていますし -- 2016-11-19 (土) 23:56:41
  • 指輪物語以外で魔王という言葉がWitch Kingという意味合いで使われている作品ってあるんですか?どの作品でもDark Lordの意味で使用されてる感じがしますが -- 2016-12-24 (土) 00:48:36
    • ソーサリーではArchmageが大魔王と訳されていたけど、新訳では大魔法使いに改められていたな -- 2016-12-26 (月) 00:54:36
  • 魔王って黒きヌーメノール人だと決まったわけじゃないですよね?ナズグールのうち3名は黒きヌーメノール人だと言われてはいるけど、魔王がそうだとは明言されてないですよね? -- 2017-02-24 (金) 21:04:25
    • Guide to the Namesの草稿では、「魔王の出自や名前は記録にないが、恐らく(バラド=ドゥーアの副官のように)ヌーメノール人の系統(of Númenórean descent)であろう」と書かれていたそうです。 -- 2017-02-24 (金) 21:21:19
      • 草稿ではあっても束教授がそう書いてるならほぼ間違いないですね、有難うございました。 -- 2017-02-24 (金) 22:14:36
      • むしろ草稿段階で削除された記述でかつそれも推測でしかないので、「魔王の正体は不明、ひょっとしたらヌーメノール系かもしれない」くらいに受け取っておいてください。 -- 2017-02-24 (金) 22:35:53
    • 本編で明言はされていませんがトールキンの世界観からすれば、ナズグルにヌメノーリアンがいるなら最も強力な魔王がその一人と考えるのが自然です。 -- 2017-02-24 (金) 22:03:29
      • 私も当初そう考えましたが、ナズグール第二位が東夷だったりしますから、断言はできないと思ったので。 -- 2017-02-24 (金) 22:15:55
  • ミナス=イシルを陥落させた際にカスタミアとの密約を守って娘と生存者は一旦見逃した辺り、意外と義理堅いんだろうか。それとも単にモルドールでならワザワザ手にかけなくても勝手にくたばると思ったのか -- 2017-10-19 (木) 16:13:18
    • どう見ても約束反古にして殺そうとしてるけど、あれを義理堅いと捉える人も居るのか・・・ -- 2017-10-19 (木) 22:52:42
      • カスタミアの生存は別に約束してないし... -- 2017-10-20 (金) 16:48:59
    • 生かしてくれって願いに対して知らん勝手に死ねって言ってたし、本当にどうでも良かったんだろ(本人?的にはタリオンを主に捧げる?事の方が重要だっただけなんじゃ -- 2017-10-20 (金) 02:22:17
  • 不思議なんだが、サウロンは魔王ほどの実力者に指輪探索を任せたら発見した1つの指輪で反逆されるとかは考えなかったんだろうか -- 2017-10-20 (金) 16:47:17
    • 半ばサウロンのコピーみたいなレベルの思考回路になってるから。魔王自身にもある程度の独立したアイデンティティがあるのかもしれないけど、まず反逆しようという発想自体浮かばない。 -- 2017-10-20 (金) 17:57:08
    • サウロンが幽鬼を派遣したことについて「というのもかれらは、いまやサロンの持つ九つの指輪の完全な奴隷であり、サウロンの意志に逆らうことなど思いもよらないからだ。もしかれらのひとりが一つの指輪を手に入れたところで、たとえ総大将の魔王であろうと、それを主人のもとに持ち帰るだろう」(終わらざりし物語、指輪狩り)とトールキンは書いています。 -- 2017-10-20 (金) 18:20:23
  • ゲーム中でタリオンを熱心にナズグルに勧誘してきてなんか微笑ましい。最後のエンドでも肩ポンしてきたり、魔王的にはタリオンは期待の大型新人って感じなんだろうな。 -- 2017-11-03 (金) 10:19:57
    • まさかのラストだったよね -- 2017-11-23 (木) 23:34:50
  • 冥王代理として、メリアンの魔法帯ならぬ冥王の魔法帯を占領地に敷けそう。ドル・グルドゥアの結界は彼の仕業では。 -- 2018-01-16 (火) 14:28:37

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-11 (土) 01:44:28 (770d)