モルゴス

  • これはメルコールに限ったことではなく、他のヴァラやエルダールもそうだが、当初持っていた力を徐々に失っていく様は、熱力学第二法則(エントロピー増大)を見ているようだ。ヌーメノールの没落の力(に要するエネルギー)は膨大だけど、あれはイルーヴァタールによる「閉じた系(エア)の外側」からの力だから、第二法則に矛盾しないですし。 -- A3
  • 概ね、ルシフェル。 -- NTJ会長
    • ということはサタンに似ていますね…イルーヴァタールの不興を買ったんだし。 -- かごめ
    • 自分的にはカインとアベルのカインみたいな存在として読んでいた -- PINPIN
    • ということはマンウェは大天使ミカエル、ウルモは大天使ガブリエル、イルヴァタールはヤハウェということに!? -- ホビット 2008-10-26 (日) 14:23:25
  • ヴァラールの中で最も「力ある」存在なのに逃げたり不意打ちをかけたりあんまり強そうに感じないなあ・・・
  • 世界の最初の成り立ちのとき、他のヴァラたちと一緒に歌ってますね。歌に自分のテーマを入れ、アレンジして歌い始めたのが堕落の始まりみたいなようですが、ただの音痴なだけだったりして??? -- ボリーの用心棒
  • ヴァラールは精霊だから、よく使われる太古の悪神という訳は厳密にはマチガイ。
  • ヴァルダに振られたり、宝玉で手を焼かれたり、足を剣で貫かれたり、顔を鷲の爪でかきむしられたり・・・。
    悲惨な悪役。
  • 宗教でよく言われる指摘で、神が全能なら、何故に神の意思に反する存在が生まれるのか、という問いのトールキン教授の答え。
    モルゴスの行いも神の意思の一つであり、世界を攪拌するための存在である。
    これはサウロンにも言えたことで、指輪はエルフから人間の世に移行するためのキーであり、指輪の消滅と供にエルフと魔法の力が中つ国から去る運命を神が定められた訳である。
    • エルは予定図を示し、メルコールに×出ししたわけだから、「モルゴスの行いも神の意思の一つ」というのはどうかと。エルに世界を管理しようという意思がないだけでは。
      • 『汝メルコールよ、いかなる主題であれ、淵源は悉く我がうちにあり。何人もイルーヴァタールに挑戦して、その音楽を変え得ざる事を知るべし。かかる試みをなす者は、彼自身想像だに及ばぬ、更に驚嘆すべき事を作り出すわが道具に過ぎざるべし』
  • かなり色々作っている。オークやらトロルやら・・・他には?・・・ -- 土蜘蛛
  • オーク、トロル、巨狼、吸血蝙蝠、バルログ、龍その他毒のある生物や様々な怪物(水中の監視者も?)や悪霊を作り出してます。
  • トールキンの登場人物のうちで一番矛盾ある存在。ヴァラールとして最強でありながら、世界の運命を左右できず、フィンゴルフィンのような一介のエルフやベレンのような人間にさえ挑戦を受ける。神あるいは精霊でありながら無限の力を持つ存在ではない形で描かれる。しかし彼がいなかったら中つ国の長い歴史も語るべき価値のあるものとなったかどうかは疑問である。故に、トールキンの登場人物の中で最も物語の根幹を成す重要な存在であるとも言える。 -- エル 2008-04-22 (火) 00:11:55
  • 続編に登場する、シャーマンチームの裏切り者が、彼を持霊にするのかな? -- かごめ 2008-08-03 (日) 21:39:57
  • ヘヴィメタル(ある意味騒音の最たるもの)バンドにして「シルマリルリオン抜粋」アルバムを作ったブラインド・ガーディアンは「メルコールの音楽」をどう思ってるのかなぁ… -- 2009-02-22 (日) 23:58:00
  • それにしても明確な悪役が必要とは言え、トールキン御大はシルマリルの物語中でメルコールに関する描写に悪意をこめ過ぎてる気が…何だかシルマリルの物語は勝者側の言い分で、実はメルコールサイドにも何か相応の理由があるんじゃないかと個人的に勘ぐりたくなるほどなんですよね… -- 2009-09-01 (火) 01:22:52
    • メルコールが目指したのはイルーヴァタールのように自らが造物主として君臨することで、これは他のヴァラたちにとっては明確な悪、というか反逆行為です。エルから与えられた力を、エルの意思に反して行使しているわけですから。また、エルダールたちにとっても、自らの野望のため、エルの長子たるエルダールを自らの支配下に組み込むべく、オークとして改造した彼の所業を、「悪」以外の表現で表すことは不可能でしょう。メルコールの目指したところ(あるいは彼になびいた人間たちの所業)を、「神の支配からの脱却」という、西洋史における大テーマの観点から考察することは、作品を読み解く上で非情に大きな意味があることとは思います(アルダ創世前、彼が虚空を旅したくだりなどは特に)が、それが「モルゴス=悪」という図式を崩すことにはならないと思いますね。世界の王たろうとした挙句、まるで足を食うタコのように、自らを卑小化させていくその寓意的な姿に哀れみを覚えるのは、作品世界外部の読者として共感できる感情ではありますが。 -- 2009-09-01 (火) 19:54:55
    • ご意見ありがとうございます。すみません、明らかに記述不足でした。メルコールの『相応の理由』やそのための手段が多分に悪であることは自分も思うのですが、問題はその悪っぷりを卑小に書きすぎてる点に「悪意をこめ過ぎてる」と思った次第です。アイヌリンダレのくだりで結局全てがイルーヴァタールの意図に基づいた、善が悪を圧倒する出来レースであったと思うとどこか物語の全てが白けてしまう気がしまして。 -- 2009-09-05 (土) 21:27:33
      • 確かにその気持ちは分かるかもですね。中つ国をほぼ支配したのにも拘わらず -- 2009-11-08 (日) 17:18:07
      • シラケる話しになるのかもしれませんが感じられた違和感は、キリスト教を文化と思考の根底にもつ著者と、仏教を根底に持ちながら宗教を捨てた(捨てさせられた)民族であるアナタの間に起きた齟齬であると感じました。私自身も同じ様な違和感は感じましたが、異文化の素晴らしい著作物を楽しむ上では、むしろ魅力的な夾雑物であるとしてそれを含めて楽しんでいます。 -- 2010-09-27 (月) 23:06:15
      • 良し悪しはともかく、教授が敬虔なカトリック教徒であることが明確になった存在と思うのです。本来多神教の脈絡だと原初の存在はむしろ、有力な後継の主神に駆逐されるかその座を譲って、それで現行の神々の勢力図が形成される…と言った流れになるものと思うのですが、実際にはアルダの一切の権限は終末までイルーヴァタールの思し召しにある。アルダの世界観が実質一神教的なのをどれだけ受け入れられるかでしょうね。 -- 2010-09-28 (火) 00:55:06
    • 現代に伝わる一級資料の赤表紙本は、ビルボに歴史を語り聞かせた裂け谷のエルフたち(特にエルロンド)の史観ですからね。メルコールの言い分というのも想像すると楽しいかもしれません。 -- 「ど」の字 2010-10-29 (金) 17:45:38
    • 「俺ならもっとうまく、世界を機能的に動かすことができる」というところでしょうか。しかしビジョンがなく、他人の意見をうまく取り入れることができない人は、ただ過去の成果を破壊するだけにおわることになる。近くはm(政治的なので略) -- 2010-12-04 (土) 16:31:04
      • いやいや、あんなもんと一緒にされるといっそメルコール様が哀れ…少なくとも無能無策ではないし主題は始まりの歌に組み込める位具体性はあったでしょう? -- 2010-12-06 (月) 15:41:09
    • それはメルコールがすべての悪の起源・具現として位置づけられているためではないでしょうか。他者を制圧する害悪だけではなく、自己を捕えて破滅に駆り立てる心の闇や弱さ、堕落などをも含んだ存在であるということではないかと。 -- 2010-12-11 (土) 22:02:49
    • キリスト教的にはこの世は人間の魂を試練にかける場所であり、悪魔はあえて神に逆らい神の意思と反することで、人間に悪への誘惑という試練を与えているのである。 -- 2012-01-07 (土) 03:57:19
  • どんだけ強くしようが予言のとおりにことが運ぶ出来レースだからねえ。モルゴスもサウロンも設定で強いだけで実際はあっさり負けるよね -- 2010-07-28 (水) 08:26:49
  • デモンズ・ソウルのボスキャラに黒い鎧に身を固め、大きな黒い盾を持ったモルゴスにそっくりな奴がいて驚いた。 -- 2010-09-09 (木) 21:36:48
  • フェアノールとお話して門前払いを食らわせられるときはどんな姿だったのでしょうか。よろい姿ではないだろうし -- 2010-12-04 (土) 16:15:57
  • ど~もお久しぶり!かごめから春菜に改名しました!愚問だけど、モルゴスは巨狼や吸血蝙蝠、バルログのほかに、どんなマイアールの悪霊を作ったのかな?一般的な悪魔のような、山羊の姿の悪魔や猫の姿の悪魔もいるんだろうな。 -- 春菜 2011-03-08 (火) 20:50:11
    • 猫の姿の悪魔・・・HoMEではTelvido the Prince of Catsなんてのが出てきたりします。サウロンの原案にあたる存在なんですけどね。 -- 2012-10-09 (火) 20:31:23
  • 世界の終わりにはイルヴァータルの子らを含めて、さらに壮麗な音楽が奏でられる、と言うから。世界は神の意図する素晴らしい物を得る作り出すための炉に過ぎないと言う世界観だと思った。苦しみも悲しみも大いなる音楽を彩る要素に過ぎないんでしょう。 -- 2011-11-30 (水) 23:33:51
  • 初めてコメントさせていただきます。モルゴスって、ある意味『シルマリル』の主人公ですよね。ヴァラール達はウルモを除いて登場するのは初めのうだけですし、フェアノールにベレン、ルーシエンも途中退場する中、モルゴスだけは終始一貫して登場し続けますからね。シルマリルの最後の文って、モルゴスの最後について書いていますし。 -- 2011-12-29 (木) 21:36:48
    • たしかに彼がいなければ、シルマリルの物語が始まらなかった訳だし。 ある意味、物語の引き立て役の悪役と言うべきか。 -- 2011-12-31 (土) 19:50:37
    • ある意味で当の本人が呪ったトゥーリン以上に、創造主エル、ひいては作者トールキンに呪われた存在。彼等の考えた美しい世界と物語のために、諸悪の根源になることを定められた上に、なまじ自由意志などを恩寵だと勿体ぶって与えられた結果、責任論まで自身やそれに従う者に押し付けられることになった。当の本人がやった悪行よりも、悪し様に書こうとする表現の方が気になってくる。 -- 2012-02-15 (水) 20:20:54
      • 「悪し様に」とは、どこかに「正しく書かれた本当のメルコール」がいるということですかね。 -- 2012-03-05 (月) 18:55:10
      • 所詮、歴史なんか勝者が作る物ですからね。 敵対者もしくは敗者は悪し様に書かれ貶められるのは、ある意味、当然ですからね。 -- 2012-04-03 (火) 14:12:57
  • ダゴール・ダゴラスの時にはモルゴスの切断された足はどうなってるんだろう。 -- 2012-03-05 (月) 18:15:22
    • モルゴスさんはマンウェさんの足をむしり取って自分にくっつけます。そのあとずっと二人で取りあいっこをつづけて、戦いがすんだあと最後に二人ともエルさんにぶたれます。 -- 2013-01-17 (木) 00:08:29
      • モルゴス「お前の足よこせよー!」 マンウェ「うえーんメルコが足とったー、返せよー!」 エル「いい加減にしなさい!」 モル・マン「「だってー…」」 -- 2013-01-17 (木) 11:59:20
  • モルゴスの最盛期ってイルーヴァタールの前で歌ってた頃じゃね?イルーヴァタールの前で他のアイヌアを沈黙させた彼の歌はさぞ凄まじいものだったに違いない。 -- 2012-10-09 (火) 19:23:32
    • まったくその通りです。HoME10に詳細があるのですが、堕落前の原初のメルコールは遥かに強大な存在として創られたとされており、その力は他のヴァラール全てが束になってもかなわない程だったとあります。また、エルただ一人を除けば彼よりも強大なものは存在しない、とフィンロドがアンドレスに語る場面があります。しかしその後、多数のマイアールを堕落させたり、邪悪な生物を作ったり、他者を支配するために力を浪費しまくったりした結果、第二紀サウロンよりも弱い存在になってしまったのです。 -- 2012-10-09 (火) 19:53:21
  • 生まれた当時は最強だったけど所詮有限の力なので竜を作ったりしている内に当人は矮小化の一途を辿ったのだよね -- 2012-11-06 (火) 20:02:58
  • モルゴスのすごいところは無意識の内に人の心を掌握する所にある気がする。ヴァラが束になって論してもフェアノールは改心しなかったが、モルゴスはフィンウェの息子達の溝を広げたり、フィンウェ殺害時に自分への怒りの一部をヴァラに向けさせる事に成功して、結果的にヴァラに「自分達が介入すると子供達は悪い方向に行く」とう認識を持たせて第三紀は中つ国はほぼノータッチになる。加えて、一度は本気で悪行を後悔したサウロンが再び悪の道に染まったのも、ご主人様の植え込んだ種があまりに根深かったからなんじゃ。つまり第三紀の惨劇も結局はこいつのせい。…それにしてもメルコールとニエンナ以外のヴァラは人の心に鈍感すぎる気がする。特に兄貴 -- 2012-12-04 (火) 03:35:27
  • ガンダルフぐらいしか、知略で出し抜けそうにないよな。 -- 2013-01-02 (水) 21:54:10
    • いや、モルゴスって頭の方はイマイチだし・・・・・・。ガンダルフでなくともできそうな気が。 -- 2013-01-02 (水) 23:53:58
    • いやいや、モルゴスの狡知のカラクリは中つ国全土を覆い尽くし、アルダの構造深くまで浸透しているほどのものですよ。おまけにその暗い意図を探ることはヴァラールにすらできないのですし。エルを除けば誰一人対抗できるものではないでしょう。 -- 2013-02-03 (日) 03:03:46
      • それはHoME10の内容からですよね?アルダの構造に浸透したのは狙ってやった上でのことではなく、他を支配しようと考えなしに己の力を浪費した結果でしょう?その結果アルダを汚すことに成功したものの、自身は極めて弱体化して本来なら負けないはずの相手に敗北してますし、以前のページでサウロンの方が頭がいいなんて教授に書かれてますよね。 -- 2013-03-01 (金) 11:11:34
      • 翻訳サイトを見たけど、サウロンの方が頭がいいというより、モルゴスは狂っているというかんじだね  -- 2013-04-24 (水) 17:16:54
    • つルーシエン姫  まあ、彼女の場合は色仕掛けもありましたけど・・・ -- 2013-02-05 (火) 00:47:16
  • 釈迦に封印されるまでの孫悟空と似通った部分があると思うんだがどうだろう -- 2013-02-10 (日) 09:17:01
  • もともと最強だったわけだし戦略次第ではもっと健闘できたかもしれない。 -- 2013-02-13 (水) 13:59:20
  • 今、アイヌリンダレ読んでるのですが、人間だったら子が親に反抗して自我を形成してくのは大事な成長過程ですが、それをアイヌアがやると誰にとっても悲劇ですね。 -- 2013-02-14 (木) 11:19:06
  • ルーシエン限定だけど子守歌とラリホー(違)が有効な辺り、某エスタークを彷彿させるどこか間が抜けた初代冥王。ルーシエンonステージとその知略誘惑にまんまと引っかかるモルゴスを目の当たりにして、ベレンもさぞ複雑だったろうな(苦笑) -- 2013-02-27 (水) 21:07:35
  • 仮にもヴァラールだった者に…性欲などあるのだろうか? -- 2013-03-04 (月) 13:04:43
    • ヴァラも結婚してるしな・・・あるのかも。初期設定ではモルゴスにも奥さんいたらしいし。 -- 2013-03-04 (月) 13:11:47
      • 初期設定のみとはいえ、奥さんがどんなだったか気になるなぁ。ウンゴリアントみたいな女性だろうか。 -- 2014-05-10 (土) 00:12:40
      • フルイスインもしくはウルバンディって名前の女オーガーが奥さんだよ。アイヌアやウンゴリさんみたいな超常的存在ではないね。 -- 2014-05-10 (土) 00:34:29
      • 自信無いんですけどアリエンに懸想してたみたいな記述がどこかにあったような気も。 -- 2014-05-10 (土) 20:06:02
      • 仰るとおり、そういった記述もありますよ!私の知る限りではHoME10にあります。たしかそれ以外にも(HoMEの3~5あたり?)似たような記述があるはずです。ただモルゴスがアリエンを配偶者に望んだ動機は純粋に愛し愛されたいというよりも、美しいものを堕落させたいという歪んだものだったようです。 -- 2014-05-10 (土) 21:19:22
      • ありがとうございます、探してみます!←買ったもののなかなか読めないHoME -- 2014-05-10 (土) 22:41:14
    • ルーシエンにご執心だったみたいだし、あるんじゃない?あの別嬪さんを嫁にしたいなぁとか考えてたのかも。 -- 2014-02-02 (日) 12:25:04
    • ルーシエンの美貌に暗い欲望を覚えたようだし、明らかに下心があったな。性欲はあるんだろう。モルゴスも男の子なのよw -- 2014-02-03 (月) 17:27:37
  • ググって見てください。いろんなモルゴスが見れますよhttp://www.google.co.jp/search?q=Morgoth&safe=off&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&rlz=1I7ADFA_ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=pBbxUeToIc3klAWgqIGgAQ&ved=0CC4QsAQ&biw=1024&bih=500 -- 2013-07-25 (木) 21:15:49
    • 個人的にはジョン・ハウの描いたモルゴスが気に入ってる、陰影をはっきりさせたタッチが黒の勢力には合うと思う。 -- 2013-07-25 (木) 22:37:07
    • フィンゴルフィンとの一騎打ちのテーマが多いですね。どれもいい! -- 2013-08-28 (水) 17:29:51
    • 鎧姿が大半なんですが、鎧を着たのはフィンゴルフィン戦の時だけなんですよね。「見るも恐ろしい魔王の姿」という書述だけでは想像しづらかったのでしょうか? 実際「メルコール」で画像検索すると、ほとんど出てきませんし。 -- 2014-01-04 (土) 21:21:21
    • ちょっとみんなデカすぎるでしょ!と思ったらウンゴリアントはもっとでかいのか・・・。 -- 2014-12-28 (日) 17:17:25
  • 映画のサウロンって、従来のモルゴスのイメージが被せられてるのかしら? -- 2014-04-03 (木) 17:53:26
    • よく言われてますね。その例として屢々挙げられる、ジョン・ハウの挿絵のモルゴスが棘々兜+メイスですし。ただハウの描くアングマールの魔王も同じような外見ですので、彼の考える闇側の鎧武者のイメージは皆似たようなもので、彼のデザインを映画化したらああなった、というだけの事なんじゃないかと。 -- 2014-04-03 (木) 18:27:10
  • 最後の合唱では音痴直ってるかな? -- 2014-05-09 (金) 14:18:28
    • そん時ゃお亡くなりになってるので、歌えないんじゃないですかね・・・。 -- 2014-05-09 (金) 20:39:22
    • モルゴスってジャイアン?w -- 2014-05-10 (土) 02:38:52
    • お前も自分のパート分かるようになるから、とかエル様に言われて怒ってなかった?…踊ってたりして。 -- 2014-05-10 (土) 20:56:10
  • ――モルゴスは――2度とアルダへは戻れなかった…。 永遠に虚空をさまようのだ。そして死にたいと思っても死ねないので、そのうちモルゴスは考えるのをやめた」 -- 2014-07-22 (火) 16:33:45
    • マンウェ「またまたやらせていただきましたァン!」 -- 2014-12-06 (土) 12:48:04
  • トールキン世界の悪役って、妙に感情移入しちゃうから困る。やっぱり自分が人間だからかな… -- 2014-07-23 (水) 03:00:05
    • 人間でも、正義の味方の気持ちのほうがわかるっていう者もいるから、性格じゃないかな -- 2014-08-02 (土) 23:05:15
  • モルゴスとサウロンてメガトロンとスタースクリームみたいな関係なんでしょうか?もっと近い関係の組み合わせがあるなら聞かせてください -- 2014-08-04 (月) 10:56:11
    • スタスクとサウロンは似ても似つかんよ。前者は反逆を度々試みてたけど、後者は忠実そのものだし。教授もたしか書簡でサウロンはモルゴス在世中は決して自分が最高位に就こうと考えたことはなかった、って書いてたし。 -- 2014-08-04 (月) 17:21:17
      • あの二人のどつき漫才は毎度笑かせてもらった -- 2014-08-04 (月) 22:13:43
    • ドラクエで言うなら、初めから存在と上下関係が明らかになっているゾーマとバラモスみたいなものでしょう。 -- 2015-03-04 (水) 18:35:04
  • モルゴスの戦い方を見ていると、最大の力を持ったヴァラであるにもかかわらず、正面きって戦う戦争より、謀略、欺瞞、諜報、防諜、離間工作などいわゆる戦争の裏方仕事が得意に思える。欺瞞として審判の際にマンウェを騙す(これはマンウェが悪を知らないということもあるが)。離間工作としてエルフに甘言を用いて不和を起こす、人間に涙尽きざる合戦の時に裏切りを起こさせる。諜報として間者を用いてどこに目覚めるかわからない人間をすぐに発見したり、涙尽きざる合戦で敵の情報を逐一入手する。防諜と謀略としてアングバンドの軍勢の全容をエルフは知りえず、彼が手の内を明かして見せるまでは何人もその謀略を知ることはできなかった。またモルゴスの軍勢は常に見せかけより多く、彼の目的は示されたところにはない、とあることからも、彼がトゥルカスの様に行きあたりばったりでがっぷり組むよりも準備と交渉と裏工作が非常にうまかったのだと思います。 -- 2014-11-05 (水) 09:40:10
  • まさか映画ホビットで言及されるとは思わなかった。サウロンに奥方が言うセリフね。 -- 2014-12-17 (水) 00:50:00
    • 二つの塔にもあるよ -- 2014-12-17 (水) 02:50:14
    • モルゴス知らない人は何のことだかわからないかもですね -- 2014-12-26 (金) 21:49:45
    • モルゴスのバルログじゃ・・・ってガン爺が言ってるね -- 2014-12-26 (金) 20:35:57
    • ここまでモルゴスの存在を映画でアピールされるとシルマリルもどうにかして映像化してほしいわ。まぁクリストファーさんが… -- 2014-12-27 (土) 06:13:37
      • クリストファーさんは頭固いですからね。融通のきかないところが典型的な昔の人というか、なんと言うか。息子達は映画を認めているのにね。 -- 2015-02-14 (土) 06:58:28
      • クリストファー氏が云々以前にシルマリル自体がホビットや指輪と違って映像化には向いてないでしょう。 -- 2015-02-14 (土) 10:37:11
      • 怒りの戦いを映像化できる映画監督がはたして現れるだろうか。やるとすればPJだけど・・・・・・ -- 2015-03-31 (火) 00:49:58
  • てかメルコールって頭弱いのかね・・・?あんなに中つ国で好き勝手に悪行三昧重ねればヴァリノールの神々の武力介入を招くだろうことは火を見るより明らかな筈なのに・・・てか万が一そうなったとしても余裕で勝てるとか思ってたのでしょうか?だとしたら救いようがない馬鹿だコイツ・・ -- 2015-01-10 (土) 07:16:48
    • 元々は叡智の持ち主だったはずですが、堕落して能力をマシンに、叡智を虚言に変換し続けた結果正常な判断力も失っていったのだと思います。HoMEによると晩期のモルゴスはほとんど狂気に陥っていた模様。おそらく楽園を破壊し子らとの仲を引き裂いてやった以上、ヴァラールはもはや中つ国のことなど気にかけるはずがないと信じ切っていたのだと思われます。(ウトゥムノ時代であれば、仕掛けてきても勝てる自信があったのでしょう。現にそれ以前は単身で他のヴァラールを圧倒していましたから) -- 2015-01-10 (土) 11:22:36
    • トールキン教授曰くサウロンと比べると、モルゴスは力は遥かに上だが頭の方はイマイチだそうで。 -- 2015-02-14 (土) 17:55:06
  • 狂っていたわりにはアンカラゴンらを準備していたりするあたり、ヴァラールがいつかやって来るとは思っていたのでは。それとも空飛ぶ竜達は対エルフ用につくられていたのでしょうか。もしそうならいくらフェアノールやフィンゴルフィンらの豪傑がエルフにいても最終的な勝利は無理だったでしょうね。 -- 2015-01-14 (水) 22:27:24
    • ノルドール追放の際にマンドスが「お前らだけじゃどう頑張ってもモルゴスには勝てないよ」的なこと言ってますしねー。 -- 2015-01-14 (水) 23:16:37
    • モルゴスは西からの攻撃はもうないものとたかをくくっていた、というような一文があったような覚えがあります。手元にシルマリルがないので確認できませんが。 -- 2015-04-17 (金) 22:18:41
      • 西への招きに応じなかったもの、西から去ったもの、定命の人間なんてマジになって救いに来ないだろうという腹積もりだったかもしれませんね -- 2015-05-03 (日) 23:47:39
  • ウツムノ、アングバンド、竜などの創造、更にはウンゴリアントへの力の譲渡などで怒りの戦いの頃には相当弱体化してたと思う。 -- 2015-02-13 (金) 15:38:53
    • 後に冥王(笑)と呼ばれるようになったサ◯ロンよりはるかにまし -- 2015-05-18 (月) 23:34:25
      • 冥王(笑)なんてキミしか呼んでないでしょうに。ついでにいうと弱体化したモルゴスよりもサウロンの方が強いって教授は書いてるよ。"モルゴスとサウロン"でググってみな。 -- 2015-05-19 (火) 00:13:32
      • 知将(笑)だとか冥王(笑)だとか既視感があるなと思ったら、アニオタwikiの記事でも見たのか。あんなネタと間違い塗れの記事そのまま受け取るなよ。 -- 2015-05-19 (火) 08:32:44
      • そりゃ原作読まずに映画だけ見りゃ冒頭で即死したラスボス(笑)と思うだろうが全盛期ならサウロンもモルゴスも公式チート -- 2015-05-19 (火) 19:03:09
  • 自分の貯金を取り崩して配下を増やして自分は弱体化。いずれ自らの力がゼロになって自滅していそうですね。ウンゴリアントみたいに縁を切る奴もまた出てくるでしょうし。 -- 2015-03-01 (日) 23:26:08
    • とはいえ、世界の終わりまでモルゴスの影響を排除できないのだから、アルダに残した爪痕が大きすぎるのも確か -- 2015-03-03 (火) 03:28:13
    • ウンゴリアントはモルゴスが堕落させただけで元から縁などありません。(モルゴスが協力を提案した時も、あの蜘蛛最初から作戦終了と同時に、モルゴスを喰らおうと思っていたのかも) -- 2015-05-19 (火) 20:47:05
  • サウロンにしろ、オークにしろ、この人に誘惑されたり創造されたりしたもの達で、その呪縛から逃れることはできないのでしょうかね?ウンゴリアントみたいに自身の欲からではなく。 -- 2015-03-30 (月) 22:33:35
  • そりゃー、勝てないよね、この方に気に障ったら -- 2015-04-17 (金) 22:08:21
  • ゴスモグ、グラウルング、アンカラゴン、ドラウグルイン、カルハロス、その他もろもろを一勢に戦わせたら勝てただろうに -- 2015-05-18 (月) 23:30:26
    • そりゃあれだ、ミッドウェーに空母全部持って行ったら日本が勝ってた、みたいな話になるぞw -- 2015-05-18 (月) 23:32:21
  • ――モルゴスは――二度とこの世界へは戻れなかった。ヴァラと冥王の中間の生命体となり永遠に虚空をさまようのだ。そして戻りたいと思っても戻れないので――そのうちモルゴスは考えるのをやめた。 -- 2015-05-19 (火) 20:34:47
    • それ、俺が前に書き込んだネタ… -- 2015-05-19 (火) 21:22:29
      • すみません知りませんでした。これからコメント書くときはなるべくエシディシのネタにします。 -- 2015-05-19 (火) 21:59:09
      • それより前のコメントを確認することをお勧めします -- 2015-05-19 (火) 22:10:33
      • 確認したらありました。仲のいいモルさんとマンウェ -- 2015-05-20 (水) 19:25:10
  • メルコールさんは、サウロンより強いし、能力の高いかたですよ。サウロンは、力だけでなく悪賢いし、しつこいから、そのサウロンに勝ったなら、能力も -- 2015-05-20 (水) 23:01:58
    • 恐ろしい…明日雪が降るんじゃなかろうか…… -- 2015-05-20 (水) 23:46:05
  • サウロンはモルドールから指輪は火の中で作られたです。 -- 2015-05-31 (日) 21:30:10
  • サウロンは、メルコールさんには、勝てないでしょう -- 2015-05-31 (日) 22:21:37
  • 北の果てなる集いの山に座し、いと高き者の如くならむ… 世界観的には、キリスト教のルシファーも、メルコールの記憶の遠いこだまと言うことになるのだろうか。 -- 2015-09-18 (金) 11:22:00
  • (一個体としては)見る影も無く劣化した筈のモルゴスが夜の扉を打ち破るなんて本来有り得ないので彼は虚空にて「不滅の炎」を見つけたのかも知れませんね、 -- 2015-10-22 (木) 21:56:54
    • 不滅の炎はエルと共にあるものなのでモルゴスが手に入れるのは難しいのでは。世界と共にヴァラールやエルフも老いて弱りゆく世界観ですから、夜の扉も劣化モルゴスが打ち破れる程度に脆くなってくんじゃないですかね。 -- 2015-10-24 (土) 10:04:19
  • モルゴス「アルダは青かった・・・」 -- 2016-01-07 (木) 01:04:04
  • "現存する目に見える姿では二度と戻ってくることはない"、"世の終わりダゴール・ダゴラスにおいて彼はアルダに帰還する"どっちやねん -- 2017-02-11 (土) 14:47:58
    • 目に見えない姿で帰還するのではないかと -- 2017-02-13 (月) 12:05:53
  • 最初にフェアノールが「モルゴス」と呼んだそうですが、シンダール語だったのでしょうか。まだフェアノールは、中つ国へ渡ってシンダールに触れてなかったのでは。最初は「黒き敵」に対応するクウェンヤだったのでしょうか。 -- 2017-02-25 (土) 05:30:16
    • フェアノールはシンダールと接触をもってないのでクウェンヤで呼んだはずです。後記クウェンタの記述者がシンダリンで記述したのでしょう。ちなみにHoMe10巻ではMorgothのクウェンヤ形はMoringottoになるそうです。 -- 2017-02-25 (土) 09:10:16
      • ただMoringottoは束教授の案の一つなのでこれが正解というわけではないので、そのへんご了承ください。 -- 2017-02-25 (土) 09:52:29
    • もともとメルコールさんが名前で、その人を「黒き敵」と呼んだというだけでしょうね。記述されていた本がシンダール語だったのでモルゴスと記載されていただけで、英語の本ならBlackEnemyと表記されたでしょう。日本語の本の場合はカタカナで表記してしまうので「黒き敵」とはせずにモルゴスにしてしまうのですが、筆記者の使用言語に左右されたという事案でしょうね -- 2017-04-19 (水) 13:53:05
  • よくフーリンは拘束された絶望的な状態でモルゴスに喧嘩売ったと思う。これほど相対するに心萎える存在なのに、すごい胆力だ。 -- 2018-01-15 (月) 23:24:12
    • 作中フーリンは人間で最強のものとされてるからな。 -- 2018-01-15 (月) 23:41:36
    • チートなんだろ・ -- 2018-02-23 (金) 09:15:01

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-20 (金) 07:57:20 (2614d)