(りゅう)

概要

カテゴリー種族
スペルdragon, drake*1
異訳竜、ドラゴン、ドレイク
その他の呼び名ウルローキ(Urulóki)
北方の火龍(fire-drakes of the North)
長虫(worm)*2

解説

上古モルゴスアングバンドで作り出した巨大な怪物。怒りの戦いでほとんどが滅ぼされたが、一部は後の世まで生き残った。
クウェンヤでは「火の蛇(fire-serpent)」を意味するウルローキと呼ばれる。蛇に似ていることから長虫とも呼ばれる。

邦訳では、『指輪物語』ではの字が使われているが、『新版 シルマリルの物語』ではの字が使われている。

特徴

外見

巨大でとぐろを巻くほどの長い体を持ち、足は四本。全身が硬い鱗に包まれており、通常の攻撃を寄せ付けないが、腹の側だけは柔らかく容易に致命傷を受ける。怒りの戦いでは、空を飛ぶ有翼の龍が初めて現れた。

能力

強い生命力と怪力を持つ。口から炎を吐くことのできる者もおり、龍の火は力の指輪を溶解させられるほど強力であるという。翼を持ち飛行することのできる者もおり、そうした龍は大変な脅威となった。充分に成長した鱗は、通常の攻撃を寄せ付けないほど堅い。聴覚や嗅覚にも優れ、遠くからでも敵の接近を察知できる。また非常に高い知能を持って悪巧みを行う。呪言や邪視の力を持つものもいる。
寿命は長く、年を取るごとに成長して強力になっていき、狡知も深まっていく。だがその分、成長も遅く、龍の祖グラウルングは初めて存在を知られてから完全に生長しきるまでに200年以上かかっており、それまでは身を鎧う鱗が完全ではなく傷つきやすかった。

文明・文化

文明と言えるものはなく、もっぱら単独で暮らす様子がある。自分で作ることも使うこともしないのに金銀宝石などの宝物を好み、奪い取ったそれらを積み上げて体を横たえて眠り、死蔵する。また高い狡知を持つためか、謎かけの魅力に抗えないという性質がある。

住居

エルフドワーフ人間などの砦、洞窟などを奪って住み着く。

歴史

第一紀アングバンドの包囲の時代にはじめて竜の祖グラウルングが地上に現れ、エルフを仰天させる。グラウルングはダゴール・ブラゴルラハモルゴス軍の先陣を切って突撃し、包囲を打ち破った。
ニアナイス・アルノイディアドではモルゴス軍の切り札としてグラウルングの他にも多くのウルローキ(火龍)族が出撃し、やはりエルフと人間に大損害を与えた。その後グラウルングは、自らが滅ぼしたナルゴスロンドに巣食って周辺の脅威となったが、最後にはトゥーリン・トゥランバールに退治された。
怒りの戦いでは、モルゴスの最後の切り札としてアンカラゴンをはじめとする翼を持つ龍たちが出撃し、一時はヴァリノールの軍勢をも押し返すほどの猛威を見せた。この有翼の龍たちはヴィンギロトで駆けつけたエアレンディル大鷲達によって退治された。この怒りの戦いで龍はほとんどが滅ぼされた。
第三紀にはロヴァニオン北方の灰色山脈ヒースのかれ野に主に巣食っていたらしく、付近のドワーフ人間を悩ました。特にフラムに退治されたスカサや、ドワーフを襲った大冷血竜などが知られている。
2770年に灰色山脈から飛来して山の下の王国谷間の国を滅ぼしたスマウグは有翼の火龍で、2941年にバルドに退治されるまでエレボールの廃墟に巣食い、北方の大きな脅威であった。
スマウグの死後、強力な火龍の類は途絶えてしまったと思しい*3。しかしその末裔は後代まで残った。

氏族

火を吐くウルローキ(火龍)には、翼のない龍と、翼のある龍とがいる。また火龍とは別に、冷血竜という種類もいたと思われる。ウルローキはグラウルングを祖とする。

言語

複数の言語を巧みに操る。

偏見

他の全ての種族を蔑視しており、略奪の対象としか思っていない。

名の残っている龍

その他

原作者のトールキンは幼少時から龍を非常に好み、手がけた作品のほとんどに龍を登場させ、龍を題材にした詩も残している。

仔犬のローヴァーの冒険?』では、月の裏側に住み蝕などを起こさせる「白い龍」が登場している。トールキン自身によるこの白い龍の挿絵のデザインは、後に『ホビットの冒険』の地図にあるスマウグの図像に転用された。月の白い龍はトールキンが子供達のために書いた『サンタ・クロースからの手紙』でも言及されている。
農夫ジャイルズの冒険?』では、主人公ジャイルズに噛尾刀(こうびとう)(龍退治のために鍛えられた剣)で脅される「黄金龍」が登場する。

どんな世界にいようと、竜がいるところは別世界なのである。空想(ファンタジー)、すなわち別世界を創造したり、あるいは眺めたりすることは、妖精の国を知りたいという願望の真髄だったのである。私は竜を深く望んだ。近所に竜がいて、比較的安全な私の世界に侵入してくることを、この臆病な私が願わなかったことはもちろんである。 … しかし、想像のうちにおいてだけでも、ファフニールをもつことのできる世界は、たとえどんな危険が伴うにしても、平穏な私の世界よりも、はるかに豊かで美しい世界である。*4

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • リヴァアサンてこれの生き残りなんでしょうか? -- 2014-05-09 (金) 21:24:58
    • シーサーペントに当たるものや海の怪物は存在したみたいですから・・・どうなんでしょうね。 -- 2014-05-11 (日) 03:27:43
  • ゲームのウォーインザノースではウルゴストという龍が出てきますが、サウロンを敵に回したくはないが、味方にもなりたくない、という意思を持ってます。おそらく龍はモルゴスの言うことは聞くのでしょうが、サウロンには彼の意思と自分の欲望を天秤にかけると後者が勝ち、サウロンには「絶対には」味方にならず、自由の民の交渉力次第で、中立を守らせることもできるのだと思います。 -- 2014-11-05 (水) 10:00:01
    • それってトールキンの設定ではなく二次設定だからなんとも言えないなぁ。 -- 2014-11-05 (水) 10:12:08
    • 「竜が増えている」みたいな事に言及されているのに冥王軍に竜が見当たらない所みるに、やはり主従関係は成立していないと思う -- 2015-02-13 (金) 16:07:37
  • グラウルングが260年の時点で半分にも成長しておらず、第四の合戦で完全に成長しきっているということは、実は人間と龍はほぼ同時期にアルダに現れたのですね。 -- 2015-02-13 (金) 21:17:11
  • 龍の身体だけど有害な科学物質か強力な放射能に覆われているのか、構成されているのだろうか? スマウグに焼き払われた、はなれ山は、スマウグ自身が退治されるまで焼け野原のままだったし、グラウルングや恐るべき獣(似ているから龍の類かな?)を埋めた場所は、草木に覆われる事はなかったし。 本当に毒物で構成されていたか、モルゴスの悪意のなせる業かは、不明だけど。 -- 2015-02-26 (木) 13:33:16
    • だからスマウグの死骸の周りに散らばる財宝を潜って拾う者は、いなかったのかな。 もしかしたら、好奇心で拾った人がいたかもしれないが、謎の死を遂げたから、祟りか何か不吉なものがあると感じて、手をつけなくなったのかも。 -- 2015-03-04 (水) 15:17:53
    • そんな細かいところ気にしても仕方がない。だったらヘルム峡谷のフオルン達が始末したオークの塚からも何も植物は生えなかったんだし。逆に不毛の地アンファウグリスではハウズ=エン=ヌギンデンだけ後に植物生えてるから、エルフや人間の死体はコスモクリーナーになるのかってことになる。 -- 2017-06-18 (日) 23:10:06
  • 力の指輪、スマウグの吐く炎に投げ入れて溶かしてしまえば良かったのに。 -- 2015-03-02 (月) 14:52:12
    • ドワーフは自分たちの力の指輪はエルフから頂戴した有難いものと信じていたので、それをスマウグの炎に投げ込もうなどとそもそも考えもしないでしょう。 -- 2015-03-02 (月) 16:14:28
    • ドワーフの7つの指輪のうち4つは龍の炎で焼き尽くされた。ただし、一つの指輪はガン爺いわく、アンカラゴンの炎でも溶けないらしい。グラウルングだったらいけたかもしれないが。 -- 2015-05-19 (火) 00:19:39
      • 無理だろ。アンカラゴンは龍族の最強者なんだから。その炎でも無理ならグラウルングのそれも同じことよ。 -- 2015-10-30 (金) 19:46:04
      • そもそも一つの指輪は火では決して破壊できない(但しオロドルインの火を除く)のよ。だからグラウルングでも無理。 -- 2015-12-11 (金) 13:17:46
  • 他のヴァラの被造物を捻じ曲げて劣化コピーしか造れないモルゴスの唯一のオリジナルの作品かな。 破壊、殺戮のみしかできないが奴の思惑に合っているし。 -- 2015-08-29 (土) 20:11:13
    • 冷血竜はともかくとして火竜はどう考えても大鷲の模倣だと思う -- 2015-11-28 (土) 15:54:12
      • 火竜っつーか翼竜では?火と大鷲って関連性ないし -- 2015-11-28 (土) 15:57:35
  • スマウグの死後も生き残った個体はいるのか!? -- 2016-07-04 (月) 22:34:07
    • 指輪戦争の直前まではガンダルフがウルローキがいると確認してますし、教授か誰かが第4期以降も小さいのは生き続けたと行っていたような気がします。 -- 2017-03-13 (月) 17:26:01
  • 口から火を吹くわけだが、後ろの方から出る時も炎になってるのかな? -- 2016-10-28 (金) 00:47:26
    • もしかすると推進力に使ったのかもしれませんね。代謝で生み出された有機物や水分等も、MiG-25のように推進直腸のアフタバーナーにくべられて、さらなる推進力の向上に役立てられたかもしれません。映画、ガンダルフさんの花火で出てきたスマウグさんはひょっとするとリアルタイプフィギュアだったのかも。 -- 2017-03-07 (火) 21:38:23
  • 龍の殺し方って弓で射る他ないのかな? -- 2017-06-11 (日) 12:33:44
    • この時代の中つ国の技術だと飛んでる相手に対しては弓とか投石器の類でしょう。アマンにはもっとすごい武器あるかもしれませんが。 -- 2017-06-11 (日) 13:00:03
    • ガンダルフみたいに魔法の光とか発せるならそうゆうのもアリだろう。使い手は限られるけど。 -- 2017-06-11 (日) 14:13:33
    • 翼のついてないやつなら剣やら槍やら斧やら何でもありだな。空飛んでるのは大型の弩とか。 -- 2017-06-13 (火) 08:09:32
  • モルゴスの創造物の中でトップクラスの傑作だ思う、他は見た目からなんかくさいのって感じがするし -- 2018-01-19 (金) 22:22:09
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 dragonを意味する中期英語
*2 英語のwormは芋虫やミミズ、蠕虫など体の長い生き物全般を指し、特に古語表現では蛇を意味する。古英語ではwyrmであり特に大蛇(serpent)を意味し、ベーオウルフ等の伝承文学では龍を指しても使われる。日本語の長虫(ながむし)は蛇を指す古称。
*3 竜の火は力の指輪を溶かし、焼き尽くすことができると昔からいわれておった。しかしこの地上には、それだけの熱を持った古い火を体内に燃やしている竜は、もはや残っておらん。旅の仲間』でのガンダルフのセリフ
*4 妖精物語について

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-19 (金) 22:42:38 (123d)