黒きヌーメノール人

概要

カテゴリー種族
スペルBlack Númenóreans
異訳黒きヌメノール人
その他の呼び名

解説

サウロンを崇拝してモルドールの支配下に入ったヌーメノール人とその末裔のこと。

第二紀の中期から後期にかけて、中つ国の南方に植民地を築いたヌーメノール人はやがて過酷な圧制者へと変貌していき、中にはサウロンに転向する者もいた。やがてヌーメノールに連行されたサウロンが暗黒の力を崇拝する邪教を広め、ほとんど全てのヌーメノール人(王党派)がその影響下に入ると、邪教はかれらの植民地を通じて中つ国にも広まり、多くの人々が人身御供の犠牲となった。
ヌーメノールの没落後もそうした植民地で生き残った王党派のヌーメノール人は、モルドールに戻ったサウロンへの臣従を続けて西方諸国と敵対し、黒きヌーメノール人と呼ばれるようになる。
黒きヌーメノール人の領土はほとんどが中つ国の遠い南方にあった(北西部にあったギル=ガラドの勢力を避けたためだという)。

最後の同盟によってサウロンが打倒された後、彼らは速やかに減少し、あるいは中つ国の人間と混ざっていったという。
第三紀の初期にはウンバールを拠点として、忠実なる者の築いたゴンドールに敵対し続けた。しかしウンバールの勢力は第三紀933年にエアルニル一世によって鎮圧された(その後ウンバールは1856年頃に「ハラド人」によって再占領されている)。

主な黒きヌーメノール人

指輪物語』に登場するサウロンの口は、黒きヌーメノール人であると明記されている。
シルマリルの物語』には、第二紀末にハラドリムの中に支配権を確立した諸侯として、ヘルモールフイヌアの名が出ている。また、九人のナズグールのうち、かれ九つの指輪で誘惑した者達の中で三人は、ヌーメノール人の偉大な諸侯たちであったと言われているとあり、この三人は黒きヌーメノール人であった可能性がある。
他にはファラストゥアの王妃ベルシエルが黒きヌーメノール人であった可能性が示唆されている。

Iron Crown Enterprisesによる設定

氏族

  • 黒きヌーメノール人
    • Amazôn-Women
    • Bellakarani
    • Ciryedain (in Ciryatandor)
      • Tandi (intermixed with Apysans)
    • Elornans (in Elorna)
    • Mîredorians
    • Saruleans
    • Umbareans

画像

99801462024_BlackNumenoreanWarriorsNEW01.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • サウロンの口も黒きヌメノール人ですよね。 -- 黒馬
  • でも、エル・ムラゾールとアコラヒルとアドゥナフェルは後に九つの指輪の力で肉体を失ってナズグールとなったんですよ。 -- 日暮かごめ
  • 二つの塔(下)で、ナズグールについてファラミアが「この人間の王たちは暗黒の悪に陥ったヌメノールの人間たちであったといわれている」と説明しています。ナズグールみんな黒きヌメノール人のようですね。 -- 2011-04-02 (土) 11:19:09
    • 確か東方のドゥネダインと言われていた国の王もいますので全員がヌメノール人ではありません。 -- 2011-04-02 (土) 15:24:44
      • それって、どこに書いてあるのか教えてください。 -- 2011-04-02 (土) 23:06:47
      • まずはナズグルをこのwikiで調べましょう。ナズグルの所に教授が設定したナズグルとして魔王とハムール(東夷)と書かれています。 -- 2011-04-03 (日) 08:31:44
      • なあるほど。終わらざりし...ですか。東方のドゥーネダインっていうか東夷ですね。ドゥーネダインは西方の人々だし。それはともかく、そうするとファラミア達ゴンドールに代々伝わっている伝承は、一部間違っていたということですねー -- 2011-04-03 (日) 22:23:03
      • ICE設定でハムールは東方のドゥネダインとも呼ばれるエルダールの血を引いたウォマウの国の王とされている。これを引用したのでしょうね。 -- 2011-04-04 (月) 08:06:26
      • あ、東方のドゥネダインのドゥネダインって比喩だったんですね。失礼しました。 -- 2011-04-04 (月) 10:50:52
    • ファラミアは「全員が黒きヌメノール人だった」と言っているわけではないので、伝承が間違っていたわけではないかと。黒きヌメノール人もいた、という程度のニュアンスだと思われます。 -- 2014-07-21 (月) 16:23:46
  • ミニチュア・ゲームの彼らはみんなプレデターじみた黒騎士 -- 2016-05-29 (日) 19:29:26
  • ゲームとか中つ国の二次創作物ではよく敵幹部の一人やラスボスとして登場する人種。ナズグールや悪霊のように極端な強さはなく、東夷やハラドリムとは違い宝玉戦争を知り高度な技量を備えながら(知っているからこそ)堕落してしまったタチの悪さから強敵として扱いやすいらしい -- 2016-08-13 (土) 19:50:05
    • そして例外なく禍々しい格好だし、下に書かれてるように肌は蒼白で地が通ってない。 -- 2016-12-30 (金) 10:10:04
  • "黒き"とは言うけど、肌の色は真逆の真っ白なイメージ -- 2016-08-14 (日) 20:11:25
    • そりゃまー腹黒いとか闇の下僕ってことで黒言れてるだけで、外見はフツーのヌーメノール人と大差ないでしょうしねー。 -- 2017-03-11 (土) 21:18:55
      • いや、人種的な意味で白いんじゃなくて、本当にアルビノレベルで真っ白な肌のイメージ。んで、血が通ってなくて、触ると氷みたいに冷たいとか。 -- 2017-03-16 (木) 17:34:23
      • 嵐を呼ぶ魔剣とか持ってそう -- 2017-03-18 (土) 13:51:53
  • サウロンの口辺りをはじめ、異形というか顔つきがやばそうなの多いけれど、一応、人間なんだよね?彼らも普通に家族を持って子を成すんだよね? -- 2017-03-02 (木) 21:02:15
    • 人外じみた姿のサウロンの口はあくまでも映画版(及びその関連作品)のみの設定です。 -- 2017-03-02 (木) 21:12:57
      • 原作では特に特徴的な姿格好の描写はないんでしたっけ。原作的には御目の旗印を掲げてる黒っぽい装束や甲冑姿の人間なのかな -- 2017-03-02 (木) 21:15:47
      • 原作ではサウロンの口の供回りの兵士の種族は言及されていません。 -- 2017-03-02 (木) 22:40:38
    • 一応人間だけど妖術で長生きしすぎて己の名前を忘れたりしてる当たり、結構人間辞めてるのに近いのでは。 -- 2017-03-02 (木) 21:17:03
      • サウロンの口のようにサウロンの側に仕え、妖術を得た者は人間辞めてる人間でしょうね(ある意味ナズグールも同じ口)。多くの黒きヌーメノール人は記述にもあるように中つ国の人間と混血し、同化していきました。 -- 2017-03-02 (木) 21:52:38
      • もしサウロンが指輪奪われなかったらドワーフの指輪を与えられて10人目のナズグルになったのかな? -- 2017-07-13 (木) 11:40:58
    • 作品によって、目玉をくり抜いて義眼にしてる奴とか、体を小さい鎧に押し込んで無理やり縮めてる奴がいる -- 2017-05-19 (金) 17:56:32
  • ヌメノールの没落から指輪物語の時代まで世代を超えてサウロンに忠節を貫いていたから、ある意味、凄いな。 -- 2017-07-15 (土) 20:14:53
  • 黒きヌーメノール人と言えども敵対している忠実なる者、同様、他種族の人間と交わり、ある程度、同化していったんだよな。 -- 2017-07-15 (土) 20:16:43
  • それともサウロンの口を見れば分かるようにオーク、トロルと交わったとか? -- 2017-07-15 (土) 20:18:11
    • あれは映画のデザインだし。原作ではあんな人間離れしてない。 -- 2017-07-15 (土) 22:37:42
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-15 (土) 22:37:43 (285d)