(くろ)()

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルBlack arrow
その他の呼び名

解説

バルドスマウグに最後の一射を放つ時に用いた矢。この矢は的を過たないという矢であり、バルドの一族が父祖から代々受け継ぎ、放ってもそのたびに回収していた。バルドの以下のセリフによると、元は山の下の王国ドワーフによって作られたものと思われる。

「矢よ!」と、この射手はつぶやきました。「黒い矢よ! おまえをさいごまでとっておいた。おまえはいままで、まとをあやまったことがない。そして射たあとでいつもおまえをとりもどしてきたものだ。わしはおまえを父からもらった。父はまた祖父からうけ、代々にうけついだものだ。もしおまえが、山の下のまことの王の鍛冶場から生まれたものならば、今ぞゆけ! 風をきって、つらぬけよ!」*1

バルドは自身の腕前と、この矢の力によって、スマウグの胸の鎧にある、ツグミから教えられたほころびを見事に射抜き、スマウグを討ち果たした。かくして谷間の国の領主ギリオンと、山の下の王であるドゥリン一族の復讐は遂げられた。
スマウグを討ち果たした後、黒い矢は回収されることはなく、スマウグの死体と共にたての湖に放置されたと思われる。

映画『ホビット』における設定

正確な数は不明だが複数本存在し、ドワーフの風切り弓(Dwarvish Wind-Lance)と呼ばれるバリスタ(据え付け型の大型弩)で撃つための巨大な矢になっている。デイル(谷間の国)エスガロスに、ドワーフの風切り弓が設置されている*2
『思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションで、デイルに用意されていた弓でギリオンスマウグに向けて発射するシーンが追加されているほか、『竜に奪われた王国』の回想シーンなどにも登場。この時、命中した黒い矢の一本が、スマウグの胸の鱗を一枚だけはがしており、このことは伝承になっていた。

黒い矢のうちの一本はバルドが密かに持っており、彼の自宅で物かけ代わりに置かれていた。スマウグが接近してきたとき、バルドはこの矢を使う事を考えるが、湖の町の統領の部下であるブラガらに捕らえられそうになったため、バインに矢を預けて隠させる。その後バインは、タウリエルらによって妹たちと共にエスガロスを船で脱出させられようとしたとき、船から飛び降りて矢の隠し場所へ行って黒い矢を回収し、スマウグに普通の矢を放って戦っているバルドの元へと届けている。
黒い矢を受け取ったバルドは、その場で即席のバリスタを作り、自ら発見したスマウグの弱点(1枚だけはがれた胸の鱗)めがけて矢を放ち、スマウグを討ち取った*3

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 矢尻が捻じ曲がって良デザインでしたが、あれの長さや材質を考えたら矢で射るには重量がありすぎるような… -- 2014-02-15 (土) 00:42:41
    • バリスタみたいなの使うから問題ない -- 2014-02-15 (土) 01:34:53
      • え、それはギリオンでバルドは長弓でしょう? -- 2014-02-15 (土) 01:55:06
      • Dwarven Wind Lanceはエスガロスにもある -- 2014-02-15 (土) 02:05:30
      • アニメ版では弓だったから今回もそれでいくのでは? -- 2014-02-15 (土) 02:29:58
      • ドワーフが何人かエスガロスに残ったのはあのバリスタを修理したりする展開があるんでしょうな。普通の弓であの巨大な矢を撃ってあの巨大怪獣を一撃で撃ち落すのはさすがに原作派でない一般視聴者が納得いかないでしょうしなぁ…… -- 2014-03-01 (土) 16:32:41
  • 第三部では上の台詞でいえば「私はお前を父からもらった……(以下略」となるんでしょうな。そこより前は映画設定に合わないし -- 2014-03-01 (土) 19:26:19
  • エレボール製ってことらしいですけど、そうなると、スマウグ襲撃時にドワーフが使わなかったのか、疑問に思ってしまいますね。急所とはいえ、一本で仕留めるられたのですから、100本もあれば追い払うこともできたしょうに。 -- 2014-03-22 (土) 22:31:43
    • いかに的を過たない呪力が込められているとはいえ、それを活かせるだけの達人あってこその弓矢ですからね。塚山出土の剣の場合でも言えることですが、スマウグを倒せたのは矢の威力によるだけではなく、バルドの力量、ツグミの伝達、ビルボの機転、ドワーフの隠し戸、怒りに我を忘れたスマウグという要素のすべてが揃ったあの一瞬だったからこそ可能なことだったのです。 -- 2014-03-22 (土) 23:39:24
  • 原作的にはエレボールにはバルドほどの弓手がいなかったんだろう。空飛んで暴風を巻き起こし火を噴く竜を射る事ができる射手って時点でもう希少価値レベル。射程圏外から焼き殺されそうだし描写から見てもドワーフは弓得意そうじゃないし。 -- 2014-03-22 (土) 23:45:19
  • 映画でバルドがあの文句を決めてくれることを願う -- 2014-03-23 (日) 03:27:44
    • あそこは字幕も吹替も絶対に瀬田訳を採用してほしいですよね! -- 2014-03-23 (日) 15:59:53
  • 槍並みに大きな矢に改変されたのでバルド宅では物干しざおに偽装されていた(実用もされていた) -- 2014-08-01 (金) 02:17:02
    • アレはなるほどと思った。なかなか面白い発想を入れてきたね。 -- 2014-08-01 (金) 08:02:52
  • あれだけ伏線はりまくってたように見えた風切弓の立場が... -- 2014-12-14 (日) 23:52:14
    • それだったら普通すぎるっしょ -- 2014-12-15 (月) 14:21:21
  • セリフカット・・・ 残念至極 -- 2014-12-24 (水) 16:34:15
    • EEに望みを託す.orz -- 2015-08-12 (水) 11:48:30
  • 赤い矢、黒い矢 あと他にあったっけ -- 2015-08-13 (木) 15:37:56
    • 赤バット、黒バット...古すぎか... -- 2015-08-13 (木) 22:45:08
  • 映像を見た限りだと,スマウグの鱗のはがれたとこに刺さった矢の深さや角度では心臓や重要な臓器に達していたのか疑問が残る。ひょっとしたら射抜かれた対象を殺すための呪術でも施されたのかな?刺さった後の穴から発熱による光が見えたとおもったが,あれも何の効果によるものか気になる。 -- 2016-10-19 (水) 20:21:00
    • 映画版の火吹きドラゴンの体内は高温のようなので、刺さった矢が熱により体内で熔けて金属中毒を起こしたのかもよ? -- 2018-02-15 (木) 10:11:18
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ホビットの冒険』スマウグを射んとする瞬間のバルドの言葉
*2 バルドが撃ったときには、風切り弓を使ったようには描かれていない。
*3 ツグミがバルドに弱点を知らせる場面はない。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-15 (木) 10:11:18 (69d)