• この馳夫に由来し、フロドに与えられた馬については馳夫(馬)を参照してください。

馳夫(はせお)

概要

カテゴリー人名
スペルStrider
異訳韋駄天、ストライダー
その他の呼び名長すね彦(Longshanks)*1、テルコンタール(Telcontar)

解説

アラゴルン二世ブリー郷での通り名。

「本当の名前はなんというのか、わしも耳にしたことがごぜえません。しかしこのあたりでは、馳夫ちう名前で知られております。あの長え足であちこち歩き回るからでごぜえます。もっともなんのためにそんなに走り回っているのか、あの人は誰にも話しませんので。」*2

アラゴルンはフロド・バギンズたちと初めて会った時、この名前でバーリマン・バタバーから紹介される。そのため彼がエレスサール王として戴冠するまで、ほとんどずっとフロドたちホビットからは「馳夫さん」と呼ばれて親しまれた。

軽蔑の名

「旅人たちはわれらを見て顔をしかめ、里人たちはわれらを軽蔑の名で呼ぶ。ある肥った男からみれば、わたしは『馳夫』なのだ。」*3

元々馳夫の名は、ブリー郷の民に不審がられてつけられたものであり、イムラヒルは主君と慕うアラゴルンがピピンからこのような名で呼ばれているのを聞いて不快感を示している。だがアラゴルン本人は比較的この呼び名を気に入ったらしく、自分の家系の名にしたいとイムラヒルに語っている。

「しかしもし我が家系が創立されたなら、その王家の名称は馳夫としよう。これも古代語で言えば、響きはそう悪くはない。わたしもわたしの直系の世継たちもみなテルコンタールを名乗ろう。」*4

訳について

馳夫は‘Strider’という原文を瀬田貞二が訳したもの。striderは直訳すると大股で歩き回る人の意。昆虫のアメンボを指す言葉としても使われる。

画像

寺島龍一作画による馳夫

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

劇場公開時の字幕では韋駄天と表記されていたが、DVDではストライダーに修正された。
日本語版では、劇中で"Strider"と呼ばれている場面も、ほとんどのセリフが「アラゴルン」に変更されている。

映画『ホビット』における設定

スランドゥイルが、旅に出るレゴラスに対し、ドゥーネダインの長アラソルンの息子として、ストライダーの名で知られている者(即ちアラゴルン)を捜せというセリフが出ている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ルビ振りについて「火吹山の魔法使い」という別作品を参考にした推察なんですけど、振られている仮名が必ずしも筆者の意図したものにならないケースがあることを知りました。編集側で付けられる仮名もあるようなんです。「火吹山の魔法使い」の場合は「ひふきやま」を「ひふきさん」と編集の意向で振られていたのを後年に復刊したものでは筆者の意向に沿って「ひふきやま」のルビに改められてるようなんです。「指輪物語」の場合が編集側の意向によるケースなのかは今では分かりようもないことでしょうからチラ裏レベルの推察に過ぎませんが。 -- 2016-04-17 (日) 05:32:35
    • このような事案もあるので「火吹山の魔法使い」の翻訳者さんは振り仮名は読者ごとでどう読んでも構わないというスタンスであったことも書き添えて置きます。 -- 2016-04-17 (日) 05:43:01
    • 「火吹山の魔法使い」なつかしいなあ。そういえば、作者の一人が日本語版表紙を萌え絵にされたと戸惑ってたな。 -- 2016-07-05 (火) 23:36:27
  • 堂涅陀院馳夫(苗字の漢字は任意で可変) -- 2016-08-18 (木) 01:59:10
  • 読み方がわからないし意味もわからない。日本語風にしたいなら「大股男」でいいじゃないか -- 2016-11-04 (金) 16:05:51
    • 「馳せる」って普通に日本語なんですが。 -- 2016-11-07 (月) 12:08:09
    • 主人公たちに呼ばせなきゃいけない名前なのに、「大股男さん」なんて語呂が悪すぎるじゃないか。 -- 2017-01-18 (水) 04:03:01
      • 「翼のある足さん」 -- 2017-01-19 (木) 20:53:06
      • ちなみに「長すね彦」は意外にも日本の神話ネタだったり(神武天皇に抵抗した勢力の長の1人)・・・そういえばもののけ姫に「アシタカ」っていたが、これも似たようなニュアンスか? -- 2017-07-28 (金) 03:08:36
      • シダのダニは、小馬鹿にしたつもりだろうけど、ネーミングセンスは認めたい。 -- 2018-02-23 (金) 09:30:24
    • 確かにStriderは単語だけを考えれば大股になるんでしょうけど、実際は複雑な概念なんですよ。野伏の連中はいつもボロを着て胡散臭い連中だがどことなく気品がある、大柄で人種的な見た目も違う、盗賊に襲撃された隊商が彼らに助けられたらしいという噂もある。いよいよ不思議な連中だ。そしてその長がStriderらしい。こういったブリーの住人の印象を表現するには大股だけでは弱い感じじゃないでしょうかだから瀬田氏は十分に物語を読み込んだ上で上記の意味を込めるために「馳夫」という独自の言葉を作って表現したんだと思います。翻訳の醍醐味ではないのでしょうか。 -- 2017-01-22 (日) 23:03:21
    • strideはようは自分の足で(時には馬や船で)あちこち歩き回った、というニュアンスですが、まさしくアラゴルンの人生そのものなんですよね。ローハンで馬上の人、ゴンドールで船上の人となって武者修行し、敵情を探って東方や南方にまで足を伸ばし、野山を放浪して民を助け、その集大成として指輪戦争では徒歩で船で馬で仲間達を率い、健脚でもって戦場に馳せ参じて勝利を掴んだ。アラゴルン自身、自らの足で稼いで王位を獲得したとの自負が強かったからこそ王朝名に選んだのであろうと思いますし。これに日本語の「馳せる」の語を当てた瀬田訳のセンスはやはり卓抜。 -- 2017-01-23 (月) 00:45:54
      • 瀬田氏はしっかり物語を読み込んだ上で、この場合はアラゴルンの生き様を理解して適切な言葉「馳」を選んでいるんですよね。だから初見ではなぜこんな表現にしたんだろうと不思議に思っても、外伝などを含めこちらの読み込みが深まってくると、ああ、なるほど!ってなるわけです。ここを踏まえてアイゼンガルド崩壊後のパイプ草のシーンを読むとその秀逸さに感動します。 -- 2017-01-23 (月) 19:05:00
      • 残念なことに、そこまで理解して楽しむほど深く読み込まない人も多いわけで…特に映画やゲームをきっかけに原作に挑戦しようとする人、ラノベ感覚で読もうとする人にそれが顕著なわけで… -- 2017-01-23 (月) 19:50:45
      • 読み進めるにつれ、馳夫という呼び名がかっこよく感じられてきて不思議。 -- 2017-01-25 (水) 03:08:12
      • ↑映画参入組だろうが腐女子だろうが、本当に好きな人は馳夫という名称を普通に受け入れて入るが -- 2017-01-26 (木) 00:37:37
      • 一つの指輪はオタクを捕らえて、固定観念の中に繋ぎとめる -- 2017-09-14 (木) 18:46:15
      • 初見や初心者なら固定観念がないと思うことこそ固定観念。初心者ほど無根拠なファンタジー観や西洋観にとらわれていて感性が狭いことも。 -- 2017-09-14 (木) 21:08:46
      • ↑それはあるなぁ。ドラクエくらいの感覚で言われてもな、ってことリアルでもネット上でもたくさんあるしな。ただ、21世紀の日本人がどうやって『まっさらな状態で』指輪物語を読めばいいんだろうって話で。 -- 2017-11-07 (火) 20:09:14
      • ちょっと何言ってるか分からない -- 2017-11-07 (火) 20:38:24
      • いちからか?いちからかせつめいしないとだめか? -- 2017-11-07 (火) 23:04:51
      • 小学生ですらスマホを使いこなす世の中ですから、ファンタジーに接点がない人でも多くの情報を取り入れてるのは間違いないでしょうし、まったく固定観念の無い状態で読むのは難しいということですかね? -- 2017-11-08 (水) 00:33:54
    • 武田信玄も「足長坊主」の異称があったんだって -- 2017-11-17 (金) 23:31:29
  • 馳浩元文部科学大臣が出てきたのかと思うくらいなんか浮いてる。 -- 2017-10-17 (火) 00:08:41
    • 「歩き回ってる男だから馳夫」というチャラ男みたいなノリの陰口的な綽名だし。ウロウ郎とかスタコラ三郎みたいにならなかっただけ幸せ -- 2017-10-17 (火) 21:14:15
      • これすごく分かりやすい例えだと思う。まさに俺らが言うところのチャラ男に相当する呼び名なんだよな。対象の行動や特徴を捉えて、どぎつくない程度に軽蔑的で安直なニックネーム。『はせお』も頑張ってると思うが(少なくとも誰かさんの韋駄天に比べれば)それこそチャラ男ほどにはピンとこないのが惜しい…。 -- 2018-04-01 (日) 13:05:35
  • 映画からはいったもので最初は「馳夫」の響きがイマイチだと思っていたのですが、今では「ストライダー」とするよりよほど良いと思えます。確かに「ストライダー」だとなんとなくカッコよく聞こえてしまうし。 -- 2017-12-02 (土) 19:06:57
  • 馳せ屋でもアリじゃないですか? -- 2018-01-14 (日) 22:10:55
  • エオメルが貧弱といったのは、4日で45リーグを踏破したことと比べれば平凡な名だという意味であって、ここでの侮蔑的な名であるということの例にあげるのは不適切だと思います。 -- 2018-01-14 (日) 22:33:08
    • その前にエオメルは、馳夫という名前は人間の名前ではない、とわざわざ口に出して言っています。森の奥方を魔女と言ってギムリを怒らせたりしているので、とても率直な騎馬人なのです。 -- 2018-01-18 (木) 18:02:20
    • ↑それはStriderは呼び名であって本名じゃないだろう、本名を名乗れ、という意味かと。 -- 2018-01-18 (木) 18:09:13
      • エオメルが率直に、馳夫よあんたは怪しい、名前も風体も出現の仕方もだ、と言うので正直にエルフの森からやってきたので貰ったマントがステルスになっていましたと返事したら、さらに奥方の魔法への言及を続けたでしょう。エオメルは全部怪しんでいるだけです。 -- 2018-01-18 (木) 22:25:41
      • ↑ですからそれとStriderの軽蔑性は無関係でしょう、と言っています。エオメルが「人間の名前ではない」と言ったのは本名を名乗れという意味だし、「貧弱な名」と言ったのは健脚を賛美してのことで、記事本文でしているようにStriderという呼び方自体が軽蔑的であることの例証にこの場面を挙げるのは不適切です。 -- 2018-01-18 (木) 23:43:43
      • ↑貧弱な名前と言う直前に、アラソルンの子息よという呼び方をわざわざしているでしょう!これは相手の出自を最大限に承認している言い方です、つまりあとに続く馳夫という呼び方があまり良くないからこういうバランスのとり方をせざるを得ないわけです。 -- 2018-01-19 (金) 10:11:51
      • ↑それは健脚を称える気持ちから丁重な呼び方をしただけだと思いますが。他の「○○の子××よ」の用例も全て単独で丁重な呼びかけであって、この場面であえてStriderとの対比を読み取るのは無理があるかと。 -- 2018-01-19 (金) 18:22:28
      • 久しぶりに見たらまた消されていたので書いておきます。エオメルもイムラヒルも王族の人間(ここ重要)であり馳夫という名前に否定的な見解を持っていることを知った上でアラゴルンはこれを王朝の名としたのです。ここを分かってないのならもう何も言うことはありません。 -- 2018-04-07 (土) 17:45:55
      • ↑ですからエオメルは馳夫という名前に否定的な見解を示しているとは読み取れないと何度も申し上げています。二人の王族の見解が云々という読解が成立するためにはまずエオメルが否定的な見解を示したという前提事実が必要ですが、あなたはその前提を全く説明できていない。したがってアラゴルンが二人の王族の見解を受けたなどという仮定も成立しません。あなたの発言は始終、仮定の結論を根拠に前提の成立を説明しようとするものばかりで、全く意味を成していません。そういうのを論点先取りと言います。 -- 2018-04-07 (土) 18:17:33
      • 貧弱というわかりやすい表現に、否定的な見解がこもってないと言いはるのは止めてください。 -- 2018-04-08 (日) 01:41:57
      • ↑ですからそれは比較で貧弱と言っているのであって馳夫そのものの侮蔑性ではないでしょうと言っています。渾名が「力持ち」の人が車二十台持ち上げるのを見た誰かが「これは力持ちなんてもんじゃない…」と言ったとしたら、「力持ち」が侮蔑語ということになるんですか?ならないでしょう。あなたが言ってるのはその程度のことです。 -- 2018-04-08 (日) 22:10:37
    • 草稿ではStriderの名は元々はTrotterであり、エオメルはローハンの踏破に対し「Trotterの名もそう悪くはなさそうだ('It seems that the name of Trotter was not so ill given,')」と評している。いかにも馬好きの民族らしい。 -- 2018-04-08 (日) 17:37:35
  • 最初違和感しかなかったけど自己暗示かけてたら気にならなくなった 多分皆そんな感じ -- 2018-02-25 (日) 10:16:53
    • そんなものでしょう。 -- 2018-03-19 (月) 13:40:01
  • 日本の時代背景的に昔は馳夫でよかったが今はそぐわないな.しかたない -- 2018-10-07 (日) 08:29:23
  • トロッターかぁ トレッカー トレッキー… -- 2018-10-21 (日) 17:57:33 New
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 しだ家のビルがアラゴルンを呼んだ名。文字通り“長いすね”の意の他、足の長い鳥であるセイタカシギ(Wikipedia:セイタカシギ)を指すこともある。イングランド王のエドワード一世はLongshanksすなわち長脛王の渾名を持っていた
*2 指輪物語 旅の仲間躍る小馬亭でのバーリマン・バタバーの台詞
*3 指輪物語 旅の仲間エルロンドの会議でのアラゴルン二世の台詞
*4 指輪物語 王の帰還ミナス・ティリスで、ペレグリン・トゥックがアラゴルンを馳夫と呼んだために驚いたイムラヒルに対し、アラゴルンが語った言葉

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-21 (日) 17:57:33 (1d)