馬鍬谷(まぐわだに)

概要

カテゴリー地名
スペルHorrowdale
その他の呼び名

解説

白の山脈の北麓にある谷。南西を荒角山、北東をアイレンサガに囲まれ、北方に向けて雪白川が流れ出している。低地から、東側の崖を登ったところにある高地はフィリエンフェルドと呼ばれていて、この崖にある道は、切り立った谷を蛇行して登るように作られた細い道しかなく、道の角にはプーケル人が置かれていた。崖を上がった先には、2列に立ち石が並んでおり、石の道は谷の奥のおぼろ林、そして死者の道の北側入り口へと向かっている。ロヒアリムは、南にある死者の道を恐れ、そちら側に近づこうとはしなかった。

石の列などが何のために作られたのは不明だが、かつてここには、後に死者の道死者となった、褐色人に近しい人間が住んでいたと思われる。またプーケル人は、ドルーエダインが残したものと考えられる。

指輪戦争時の領主はドゥンヘーレ。特に建造物があるわけではないが、崖を登るには蛇行した1本の道しかないという防御に適した地形であるため、ここは馬鍬砦と呼ばれており、指輪戦争の時には、エドラスの人々はこの馬鍬砦へと避難した。また角笛城の合戦前、ゴンドールへ向かう軍勢は一時ここに集結した。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

角笛城の合戦の前、エドラスの人々は馬鍬砦ではなく角笛城へと避難しているので、その時点では馬鍬谷は出てこない。だが、ゴンドールへ遠征する事になったロヒアリムが馬鍬砦に集結する場面は再現されている。

『ロード・オブ・ザ・リング』における馬鍬谷

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における馬鍬谷と馬鍬砦『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における馬鍬谷と馬鍬砦

コメント

コメントはありません。 Comments/馬鍬谷?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-24 (日) 18:02:18 (149d)