飛蔭(とびかげ)

概要

カテゴリー人名
スペルShadowfax*1
その他の呼び名名馬飛蔭(Shadowfax the Great)
種族メアラス
性別
生没年不明
不明(祖先にフェラロフ

解説

ローハンメアラス族の長。ガンダルフの乗馬であり、彼とは強い友情で結ばれている。
灰色の毛並みをした大きな馬で、通常の馬より遙かに足が速く、また持久力もずば抜けていた。馬具を付けることは拒み、また自らが許した者しか背に乗せようとしないが、いざ許せば乗り手が落ちないように運んだ。

「かれの表皮は昼は銀のようにきらめき、夜は物の蔭と紛い、その走る姿は目にも止まらぬ。また歩みの軽いこと!」*2

飛蔭はもともとローハン王しか背に乗ることを許さない駿馬であったが、大いなる年オルサンクから脱出したガンダルフエドラスで助力を乞うた際、(当時蛇の舌に毒されていた)セオデンは「どの馬なりとくれてやるから消え失せろ」と口走ってしまい、ガンダルフに貸し与えられることになった。当初飛蔭はガンダルフを寄せ付けなかったが、ガンダルフは2日かけて飛蔭を馴らしてその背に乗り、黒の乗手に追われているフロドを助けるべくローハンからブリー村へ、さらに裂け谷まで駆け抜けた。その後飛蔭は単独でエドラスへ戻ったが、すでにガンダルフしか背に乗せないようになっていた。

やがて再訪したガンダルフによってセオデンが毒から癒やされると、セオデンは正式な贈り物として改めて飛蔭をガンダルフに与えた。以来飛蔭はガンダルフの愛馬となり、角笛城の合戦では散り散りになった西谷の軍勢をその俊足によって呼び集め、またピピンを共に乗せて戦の迫るミナス・ティリスまで馳せ参じた。ペレンノール野の合戦では、魔王のもたらす恐怖のために人も馬もみな逃げ出した中、ただ一頭その恐怖に抗って踏みとどまる勇気を示した。

指輪戦争の終結後もその友情は変わらず、ガンダルフは灰色港から中つ国を去るときにも、飛蔭を連れていった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作では灰色の馬であるが、映画ではアンダルシア種(Wikipedia:アンダルシア馬)の白馬が演じている。飛蔭役の馬は2頭おり、外見の違いは映像では修正されている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における飛蔭

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における飛蔭とガンダルフ 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミナス・ティリス厩舎内の飛蔭 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミスランディアと飛蔭

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 名前のイメージから勝手に「黒光りするほどの黒い肌の馬」を想像していたが、映画「二つの塔」では眩いばかりの白馬に描かれている。 -- A3
    • 指輪物語本編中では「丈高い灰色の愛馬」と書かれています(バーリマン・バタバーとの会話のシーン)。でも映像的には白のガンダルフの乗る白い馬で映えますね。
      • 灰色→芦毛 白馬→白毛と考えればあれは芦毛の馬だったような -- 2010-02-18 (木) 20:28:38
      • 映画では真っ白の飛陰さんもかっこよかったけど、原作を読むときは・・第20世紀の終わりごろ、タマモさんやイナリさんやクリークさんやムテキさんや、90年のアリマでは大川さんのライアンさん達と死闘を繰り広げ勝って駈け去り、私らみんながうずくまって号泣したあの灰色の怪物さんの姿が重なります。アマンの指輪戦争記念博物館でのぬいぐるみ発売(通販可)希望。 -- 2015-06-15 (月) 21:36:20
      • 灰色と言うからタルパン種の馬かな? サラブレッドみたいな優雅さはないが、野生馬らしい力強さがあるし。 -- 2016-02-26 (金) 09:37:21
  • 馬装や鞍、ハミ、手綱を付ける事を許さないお馬さん。実写映画では、ガンダルフ役のイアンさんは実際に鞍を付けずに騎乗して撮影したらしいです。 す、素晴らしい* -- 黒馬
    • メイキングでは、ガンダルフのローブの下に小さい鞍を隠していたと言っていましたが -- 2007-07-17 (火) 03:36:08
  • 映画の飛陰はやさしそうな顔だったね -- 2013-05-27 (月) 23:57:49
    • それ -- 2017-09-15 (金) 00:06:12
  • 映画の飛陰の中の馬が亡くなったみたいです。R.I.P -- 2014-04-11 (金) 12:30:22
    • 西へ旅立ったんですよ…。 -- 2014-04-12 (土) 21:16:02
  • 束教授も影響を受けた作家ウィリアム・モリスのThe Well at the World's EndにはSilverfaxという名の馬が出てきますね。 -- 2015-02-01 (日) 23:55:43
  • 映画で「王のみに許された馬」って言われていたから、てっきりエレンディルやイシルドゥアの血統のみが呼べる神馬かと思った。ローハン王家の名馬なのね。 -- 2017-09-15 (金) 12:04:00
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 直訳すれば「影の鬣」。『Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると古英語のSceadu-fæxを現代英語にした形。ローハン語らしい形はScadufax
*2 指輪物語 旅の仲間』「エルロンドの会議」 ガンダルフの言葉。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-15 (金) 17:29:03 (333d)