銀筋川(ぎんすじがわ)

概要

カテゴリー地名
スペルSilverlode*1
その他の呼び名ケレブラント(Celebrant)、キビル=ナーラ(Kibil-nâla)

解説

シンダール語ケレブラント(「銀の水路」の意)の共通語での呼び名。クズドゥルではキビル=ナーラと呼ばれる*2
霧ふり山脈おぼろ谷から流れ出る川で、途中でニムロデルと合流し、ロスローリエンを横切ってアンドゥインへと注がれる。
この川と、白光川の間にある草原はケレブラントの野と呼ばれる。

キビル=ナーラの泉(the springs of Kibil-nâla)

おぼろ谷にある、銀筋川の源泉のこと。『指輪物語』中ではギムリガラドリエルに「ケレド=ザラムの水は暗く、キビル=ナーラの泉は冷たい」と語られている。複数形のspringsなので複数存在するらしく、指輪の仲間ケレド=ザラムの湖から少し下ったところで、そのうちの一つに行き当たった。ギムリによるとこの泉の水は氷のように冷たいため、飲用には適さない。

からいくらか下ったところで、一行は水晶のように澄んだ深い泉に行きあいました。泉の水は縁石からあふれ落ち、急な傾斜の石の水路をきらめきながら音をたてて流れていました。
「これが銀筋川の源の泉なのです。」と、ギムリがいいました。「お飲みにならないように。氷のように冷たいのです。」
「この流れはたちまち早瀬となる。そして途々(みちみち)たくさんの渓流(けいりゅう)を集めて流れて行く。」と、アラゴルンがいいました。*3

ただし『unfinished index』および『終わらざりし物語』の索引では、銀筋川(ケレブラント)は鏡の湖(ケレド=ザラム)から流れる川とされている*4

コメント

コメントはありません。 Comments/銀筋川?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、このlodeは「水路」(course, water-channel)の意味
*2 邦訳『追補編』の固有名詞便覧では、キビル=ナーラのことを「ドワーフ語で、銀筋川の源の泉を指す」としているが、これは誤りである。『unfinished index』でトールキンはキビル=ナーラ(Kibil-nâla)をsilver-channelと訳している(すなわち銀筋と同様の意味)。また『The Treason of Isengard』で引用されているトールキンの覚書では、クズドゥルで銀(silver)はキビル=ナーラ(Kibil-nâla)に見られるKBLであるとし、後の鉛筆書きの覚書では、ナーラ(nâla)の意味は不明だが、ケレブラント(Celebrant)のrantや銀筋(Silverlode)のlodeに相当するならばpath, course, rivercourse, or bedの意味だろうとしている。
*3 旅の仲間 下』「六 ロスロリアン」
*4 unfinished indexa river running from Mirrormere through Lórien to join Anduin at the end of the Naith.。『終わらざりし物語』索引のケレブラントの項:鏡の湖から流れ出る川で、ロスローリエンを抜け、アンドゥインに合流する。(River rising in Mirrormere and flowing through Lothlórien to join Anduin.)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-02 (月) 00:26:05 (723d)