• イシリアンで活動するゴンドールの偵察隊については、イシリアンの野伏を参照してください。

野伏(のぶせ)

概要

カテゴリー役職・組織・団体
スペルRangers
異訳さすらい人*1、レンジャー
その他の呼び名北方の野伏、北の国の野伏(Rangers of the North)
北方のドゥーネダイン、北の国のドゥーネダイン(Dúnedain of the North)

解説

エリアドールにおける流浪のドゥーネダインの呼び名。
北方王国の滅亡後、生き残った同国のドゥーネダインは王統であるイシルドゥアの世継を族長として戴き、エルロンドをはじめ裂け谷エルフらと協力しながら北方に残るサウロンの下僕と戦い続けた。以後彼らは野伏と呼ばれる放浪の民となり、その土地の人々に訝しがられながらも人知れずかれらを守ることを任務とした。

しかしブリー村の先の荒れ果てた土地には、得体の知れない放浪の民がいました。ブリー村の人々はかれらのことを野伏と呼び、彼らの素性については何一つ知りませんでした。かれらはブリー村の人間たちよりも背が高く、色は黒く、ふしぎな視力と聴力をもち、鳥や獣の言葉を解すると信じられていました。かれらは思いのままに南にさすらい東にさすらい、霧ふり山脈にまでも足をのばしました。しかし今ではかれらはごく少人数で、その姿を見かけることも稀になりました。かれらが姿を見せるときには、遠い国々の噂をもたらし、すでに忘れられた数々のふしぎな話をきかせてくれるので、ブリー村の住人たちは熱心にそれらの話に聴き入ったのですが、それ以上かれらと親しくしようとはしませんでした。*2

「旅人たちは我らを見て顔をしかめ、里人たちはわれらを軽蔑の名で呼ぶ。ある肥った男からみれば、わたしは『馳夫』なのだ。その男は、敵が一日もかからないで歩いてこられる所に住んでいるというのに。もしわれらによって絶えず守られているのでなければ敵はその男の心の臓まで凍らし、その小さな町を廃墟と化してしまうだろう。しかしわれらが、そうはさせないだろう。素朴な者たちは心配や恐怖を知らなければ、素朴なままでいられるのだ。そのためにわれらは隠れていなければならぬ。われら一族はこれを任務としてきた。その間に年月は移り変わり、草は伸びた。」*3

野伏はガンダルフとも親交があり、ビルボからフロドに譲られた指輪が一つの指輪である疑いが出てきてからは、ガンダルフと連携してホビット庄を密かに守ってきた。しかし3018年(大いなる年)の9月22日にナズグールがやってくると、さしものドゥーネダインといえども抗しきることはできず、日暮れとともにサルンの浅瀬を突破されてしまった。

その後の指輪戦争では、彼らはアラゴルンからの召集*4に応え、急ぎ集められた30人がハルバラドに率いられて南方へ馳せ参じた。ローハンでアラゴルンを見出した野伏たちは灰色の一行としてゴンドールへ遠征し、ペレンノール野の合戦黒門の戦いに参戦。生き残った者はコルマルレンの栄誉礼やアラゴルンの戴冠式に列席した。

族長

野伏はイシルドゥアの後嗣であるイシルドゥアの世継(Heirs of Isildur)をドゥーネダインの族長(Chieftains of the Dúnedain)として長に戴いた。北方王国アルセダイン)の最後の王アルヴェドゥイの長男であるアラナルスが初代の族長となり、二代目のアラハイル以降の族長は裂け谷で養育された。
シンダール語で付けられる名前にはアルノール全土の主権を主張し、接頭辞ar(a)-をつけるようになったアルゲレブ一世以来のアルセダイン王の伝統を受け継いでいる。
族長が継承するアルノール王家重代の宝器であるバラヒアの指輪折れたナルシルエレンディルミアアンヌーミナスの王笏は裂け谷に預けられた。

名前在位
初代アラナルス第三紀1976~2106 (130年間)
2代アラハイル2106~2177 (71年間)
3代アラヌゥイア2177~2247 (70年間)
4代アラヴィア2247~2319 (72年間)
5代アラゴルン一世2319~2327 (8年間)
6代アラグラス2327~2455 (128年間)
7代アラハド一世2455~2523 (68年間)
8代アラゴスト2523~2588 (65年間)
9代アラヴォルン2588~2654 (66年間)
10代アラハド二世2654~2719 (65年間)
11代アラススイル2719~2784 (65年間)
12代アラソルン一世2784~2848 (64年間)
13代アルゴヌイ2848~2912 (64年間)
14代アラドール2912~2930 (18年間)
15代アラソルン二世2930~2933 (3年間)
16代アラゴルン二世2951~3019 (68年間)

名前の登場する野伏

訳について

原語のRangerは、本来は英語の動詞'range'に由来するもので、「うろつく人」「歩き回る人」の意である。
日本語訳の野伏(のぶせ)は、古語の野伏(のぶし)野伏(のぶ)せりという、山野に野宿する修行僧や伏兵、山賊などの意がある言葉を元にしている。
『ロード・オブ・ザ・リング』の字幕ではさすらい人(レンジャー)、あるいはただ単にレンジャーとなっている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

エステルディンを拠点として、エリアドールの各地に野伏が散らばっており、アングマールの軍勢と戦う任務についている。彼らはNPCとして、プレイヤーにクエストを与え、あるいはプレイヤーを守る存在となる。
エピッククエスト Volume III. Allies of the Kingでは、プレイヤーは灰色の一行に同行して、南方へと旅をすることになる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この人たちはどこからお給料が出ていたのでしょう? -- 2015-06-27 (土) 12:45:02
    • 普通に自給自足でしょう。かれらは狩りができますし、ドゥネダインとして相応の技術も保持していたでしょうから、小馬亭の宿泊費などで貨幣が必要な時はそれらを役立てて得ていたのだと思います。小馬のビルの代金の一件からすると、アラゴルンはあまり大金を持ち歩いていない雰囲気ですし。 -- 2015-06-27 (土) 15:21:34
  • この人達、アルノール時代の遺物(書物等)を何処かに集めて、いつか来る王国再統一の日のために隠して保管してるなんて事はあるんでしょうか?裂け谷以外の場所にです -- 2015-10-02 (金) 13:44:51
    • 裂け谷以外の場所に遺物を秘匿、と言うのは基本的にやっていないのではないでしょうか。万が一の場合盗掘される可能性のある場所に隠すよりはエレンディル王家の遠い縁者であり、上のエルフも身を寄せているエルロンドの館以上に安全で確実な場所もないかと -- 2015-10-02 (金) 19:51:11
    • 廃墟に埋まってるのを掘り出したり、荒れ地に打ち捨てられてるのを広い集めたりはしてそう -- 2015-12-10 (木) 12:48:41
  • 定住民からは基本あまり良く思われていないようだが、ごく僅かだろうが町や村の人間にも、野伏たちに情報や物資で援助してくたりする人間もいたりして。 -- 2016-10-23 (日) 22:05:48
    • 例えば歴史を知ってる古老とか土地の名士とか。先祖代々続いている商家とか、学者とかは古文書等に触れる機会もあるかもしれないし -- 2016-10-23 (日) 22:11:18
  • 族長以外の子どもは何処で育つんだろう。何処かに長期的に居住できる拠点みたいなのがあるのか、それとも普通に人里で育て育つのか -- 2015-10-14 (水) 18:39:14
    • ギルラインが裂け谷を去った後「北方の一族」のもとへ戻っているので、旧アルノールにドゥーネダインの集落があるのでしょう。『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』ではエステルディンという場所があります -- 2015-10-15 (木) 02:23:04
    • 普通の街に暮らしたゴンドール人は、ドゥーネダインに連なる者でも混血によって普通の人間とそう変わらなくなっていたことを考えると、北方の野伏は基本的にドゥーネダインで構成される集落を作っていたと考えていいのではないでしょうか。二次創作作品ですが、「Born of Hope」では隠れ里の様子が描かれていました。石造りの家などはなく簡素な建物で構成されていましたが、一か所に百年も二百年も暮らしていては敵に見つかってしまうので、半ば遊牧民のように、定期的に転々としていたのかもしれませんね。 -- 2015-10-15 (木) 08:04:30
  • 「ご職業は?」「北方警備員です」響きはそう悪くはない……か? -- 2015-11-19 (木) 13:19:40
  • エレスサール王の御世には王の側近や貴族に取り立てられたりしたのかな? それとも相変わらず流浪の生活を続けて、民衆を影から守り続けたんだろうか。 -- 2015-11-21 (土) 13:15:41
    • 身分と収入は確保したので日がな一日(監視と称して)狩りを続ける自給自足生活からは脱したものの、北方王国の領土再興のために南北を往復しながら荒野に寝泊まりして道や街を作る流浪の日々は変わらないのかな、なんて妄想。 -- 2015-11-21 (土) 13:35:32
    • 北方王国の人材不足のため、正式に重用されたと想像 -- 2015-11-22 (日) 21:22:26
    • 今や希少となった民族、とくに(薄くなったとはいえ)長命の恩恵は大事にしないと王家の存続にも関わるだろうから、絶滅危惧種の如き扱いを受けてたりして。 -- 2015-11-23 (月) 00:15:10
      • 人間として社会生活を営む上で、周囲の大多数と違う極端な長命が果たしてメリットとなるかどうか・・ -- 2015-11-23 (月) 01:17:00
    • 南方王国の貴族層で血統を取り入れようとする派閥もあったと思うな。北方野伏たちも、栄華に溺れ堕落する連中も登用を拒んで荒野に留まる者も色々居たのでは。 -- 2016-07-02 (土) 00:07:14
  • もう何度も出てる話かもしれないですが、北方王国が滅びた後、残ったドゥネダイン達(野伏)は、なんで南方王国ゴンドールを、頼らなかったんでしょうかね。普通は(これが現実なら)そうすると思うんですが。南方と関係悪かったのかな。 -- 2016-07-02 (土) 14:55:09
    • 亡命は可能だったかも知れないけれど、そうなった場合でもゴンドールが旧北方王国に残された民を守るために尽力するとは思えない。南は南でやることもあるし。だから彼らは踏みとどまって微力ながら冥王陣営と戦い民を守る未知を選んだのだと思う。 -- 2016-07-02 (土) 20:28:03
    • 自分たちが生き残ることだけを考えればそのとおりなのですが、それよりもエリアドールの人たちを守ることを選んだのでしょう。エルロンドの会議でアラゴルンが言ったように、北方のドゥーネダインには北方のドゥーネダインの役割があって、それを果たし続けてきたのです。 -- 2016-07-03 (日) 21:08:18
  • ドゥネダインカッコいいですよね。王国が滅びても胡散臭いと蔑まれても王の一族として民草を守るのだっていう崇高さが。 -- 2016-10-23 (日) 07:14:27
    • フィクションの方のテンプル騎士団みたい。やはり崇高な使命を帯びて密かに戦う正義の秘密結社はロマン。 -- 2018-09-22 (土) 12:43:15
      • 『アサシン・クリード』のテンプル騎士団は、完全に「世界征服を企む開くの秘密結社」でしたけどね…… -- 2018-09-22 (土) 15:49:58
  • 夢小説や同人ではないが、若くて男勝りな女性レンジャーとかが男たちの中に極小数混じってるのも面白いかなと最近思った。 -- 2016-12-08 (木) 02:20:40
  • 「さすらい人」と言う言葉をどこかで聞いたことが有ったなと思ったら銀河鉄道999のOPだったという… -- 2016-12-08 (木) 15:52:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 映画『ロード・オブ・ザ・リング』での訳
*2 指輪物語 旅の仲間』「躍る小馬亭で」
*3 指輪物語 旅の仲間』「エルロンドの会議」 アラゴルン二世の言葉
*4 アラゴルン自身は心で彼らの助けを望んだだけであり、彼の心を読んだガラドリエルより裂け谷に伝言が伝えられて召集が行われたものと思われる。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-22 (土) 15:49:59 (24d)