追分(おいわけ)

概要

カテゴリー地名
スペルWaymeet*1

解説

ホビット庄西四が一の庄にある、東街道沿いの村。東街道から北と南へそれぞれ向かう道が分岐する。水の辺村とは15マイル(約24km)ほどの距離がある。
指輪戦争時にホビット庄を牛耳っていたごろつき達は、この村に小屋を建てて拠点の一つにしていた。

unfinished index』によると、東街道から分岐した道は白が丘連丘の北と南へ向かうとされている。ホビット庄の地図では北の道は小堀村へ、南の道は南四が一の庄長窪村サルンの浅瀬へ向かうように描かれている。

コメント

  • 北海道にある追分はたぶん無関係 -- エグゼクター
  • 日本語の「追分」というのは道が分かれる場所、といったニュアンスが強いと思いますが、この地名はWaymeet、すなわち道が出会う場所、なのですね。道の形状は同じようなもんだと思いますが、名づけ方の違いが面白いと思いました。 -- カイト

コメントはありません。 Comments/追分?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ホビット庄の地図でのスペルはWaymoot。『Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、本文中のWaymeetはWaymootを現代化した形であると説明されている。『Sauron Defeated』でのクリストファー・トールキンの説明では、トールキンはWaymootからWaymeetに変更したが、地図での表記を改めなかったと推測している。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-12 (月) 00:01:59 (253d)