谷間(たにま)(くに)

概要

カテゴリー地名
スペルDale*1
異訳谷間の町、谷、渓谷(たに)の町、デール、デイル
その他の呼び名

解説

はなれ山(エレボール)の麓、二つの尾根に挟まれた広い谷間にあった人間の都市国家。
山の下の王国との交易により栄えたが、第三紀2770年に黄金竜スマウグが襲来したことで滅亡、当時の領主ギリオンも命を落とした。その後、五軍の合戦を経た2944年に、ギリオンの子孫バルドによって再建された。
この国の人間は谷間の国の人間あるいはバルドの一党と呼ばれる。

かつての谷間の国

目をあげれば二本の腕のような大きな山すじにはさまれた広い谷間に、むかしの家々や塔や壁のくすんだこわれたあとが、ありありと見られました。
「あそこにあるのが、谷間の町のあとだ。」と、バーリンが話しました。「山の四面はことごとく、木々の緑でおおわれ、山につつまれた谷には、そのかみ、ゆたかで楽しい町があり、鐘が鳴りひびいたものだ。」*2

北方の自由の民の一派が、山の下の王国の繁栄(スロールの御代。第三紀2590年から2770年にかけて)に引きつけられて南から早瀬川をさかのぼって定住したのが始まりであるという。
谷間の国は山の下のドワーフの鍛冶の技術に助けられて強大化し、近隣の同族たちと力を合わせて東方の敵を寄せ付けなかった。谷間の国の人間達はドワーフに高値で仕事を依頼すると共に、自ら子弟を提供してその技術を学び、谷間の町は優れたおもちゃ屋で知られるようになる。

ところが第三紀2770年、灰色山脈からスマウグエレボールに襲来する。スマウグによって谷間の国の戦士達は皆殺しにされ、当時の領主ギリオンも殺された。エレボールに巣食ったスマウグは夜になると谷間の国を襲い、住人(特に乙女)を攫って食べ始めたため、生存者は町を放棄して去った。
こうして谷間の国は山の下の王国共々滅亡し、その財宝はスマウグに根こそぎに奪われた。

再興された谷間の国

フロド殿、あなたにぜひ一度谷間の国の水路を見ていただきたいです! それにあの山や池を! 多彩な石の舗装道路もごらんいただかなくちゃ!」*3

第三紀2941年、スマウグギリオンの子孫バルドによって討ち取られる。さらに五軍の合戦を経て、バルドはビルボの取り分であったはなれ山の財宝の14分の1を譲り受ける。2944年、バルドは谷間の国を再建して王となり、谷間の町には再び西や南から人間が集まるようになった。
ビルボの別れの宴で持ち込まれた、小さいながらも様々な楽器が仕込まれた見事なクラッカーには「谷(DALE)」のマークが付いており、高名なおもちゃ屋も再建されたようである。

バルドの孫ブランド王の時代には、谷間の国は再び強大となり、その領土ははるか南、エスガロスの東にまで達するほどになる。

だがモルドールサウロンが再興すると、それに臣従する東夷が谷間の国の東境を脅かすようになる。
3019年の指輪戦争ではこの東夷が大挙してカルネンを渡河して襲来し、谷間の国は戦火に飲み込まれた。谷間の国のブランド王と、山の下の王国ダイン二世王は共に戦死し、谷間の国の人間ドワーフエレボール山中に籠城して抵抗。やがて、南方からサウロン没落の知らせが来ると彼らは打って出て、動揺した東夷を撃退することに成功した(谷間の国の合戦)。

谷間の国の新たな王には、ブランドの息子バルド二世が即位する。その後谷間の国はゴンドールの同盟国としてその庇護下に置かれた。

再興された谷間の国の歴代の王

名前在位
初代バルド第三紀2944~2977
2代バイン2977~3007
3代ブランド3007~3019
4代バルド二世3019~

映画『ホビット』における設定

おそらく役者の発音にあわせるため、字幕や吹き替えではデイルと表記されている。
黒い矢を撃つための、ドワーフの風切り弓(Dwarvish Wind-Lance)が据え付けられていた。

『決戦のゆくえ』では、スマウグによって湖の町を破壊された町の人々がバルドの指揮の下、デイルの廃墟へ避難して冬を越そうとする。その後、五軍の合戦オークなどの攻撃を受け、戦闘の舞台にもなっている。

画像

『ホビット』における、スマウグ襲撃時のデイル『ホビット』における、廃墟となったデイル

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

Update22でオープンフィールドとして実装。また指輪戦争にて谷間の国の街中に攻め込んできた東夷の一族ジャンゴヴァール(Jangovar)と戦うインスタンス(戦闘専用マップ)が実装されている。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における谷間の国『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における谷間の国『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における指輪戦争終結後の谷間の国『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における指輪戦争終結後の谷間の国『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における指輪戦争終結後の谷間の国『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における指輪戦争終結後の谷間の国

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 谷間の国は都市国家なんでしょうかね -- 2013-05-02 (木) 08:54:06
  • 辞書で調べると、Daleというのは特にヨークシャー渓谷国立公園の谷間のことを指すらしい。実際に画像で見てみると谷というより低い丘陵地をぬって小川が流れているような不思議な感じ。 -- 2013-10-02 (水) 00:15:46
  • 谷間の国ははなれ山の山裾から早瀬川流域を統治していたのかな -- 2013-10-02 (水) 08:39:26
  • 町とは言いますが、「city」なんでしょうか、「town」なんでしょうか?国としてはポリスですけど。 -- 2014-01-19 (日) 18:23:51
  • 五軍の合戦ではこの街の廃墟を防衛の拠点になるのかな? -- 2014-02-14 (金) 21:22:30
  • 映画で炎の中で立ち尽くしていた少年はギリオンの息子でしょうか。まさかバルドなんて事は無いとは思いますが。 -- 2014-02-17 (月) 00:16:59
    • スマウグが来た時バルドはまだ生まれてませんよ。 -- 2014-02-17 (月) 11:29:42
    • あれ少女じゃありませんでしたっけ? -- 2014-02-17 (月) 16:39:15
  • 設定資料には中華テイストの濃い街並の絵もありました。やっぱり東方との交流も盛んなんでしょうな。 -- 2014-03-17 (月) 00:33:12
    • とは言え東洋系の女性の顔がアップで映ってビックリしましたねw -- 2014-12-29 (月) 10:03:12
      • 2作目では黒人女性もいたように思う。 -- 2014-12-29 (月) 18:15:10
      • 黒人っぽい人はエスガロス(湖の町)では? -- 2014-12-29 (月) 18:49:57
      • あ、ここデールの記事だったんだ。 完全に勘違いしてたw -- 2014-12-29 (月) 18:52:27
      • デールとエスガロスとエレボールの位置関係、これほど長く読んでもいまひとつピンと来ない… -- 2014-12-30 (火) 09:24:38
      • ↑単純に、北から順にエレボール、デール、エスガロス、ですよ。 -- 2014-12-30 (火) 09:40:37
      • 原作にも映画にも出てくるエレボールの地図が、東が上になっているのも混乱の元かと -- 2014-12-31 (水) 00:10:09
    • チベット的な都市の物もありましたね。 -- 2015-09-21 (月) 20:13:29
    • 個人的にはフィレンツェなど、イタリアの都市共和国を連想させる外観だったと思います。ただ、谷間の国は王制なんですけどね。 -- 2015-09-22 (火) 10:25:43
  • 地図を見る限りここを中心とする一帯は面積当たりでみれば第三期末の自由の民では屈指の人口密集地帯かもしれない。サウロン側はここを抜けたら北を迂回してグンダバドまで一気に進めることを考えるとスマウグ抜きにしてもこの辺りがいかに重要だったかよくわかる。 -- 2015-05-19 (火) 21:34:05
  • 後の指輪戦争の折、東夷の軍勢に折角、再建した町を破壊されてしまったのかな? -- 2015-06-10 (水) 10:47:41
    • きっとドワーフ達が再建を手伝ってくれたのではないかと思います。 -- 2015-06-15 (月) 13:30:07
    • 最終的にエレボールへ撤退することになる戦闘における防衛戦(サウロン側にとっては攻城戦)の舞台になったでしょうからねぇ。放棄した以上は相当被害が出たのでしょうね。 -- 2015-09-21 (月) 20:12:20
    • 第四紀は「再」再建されて栄えたことを願う。 -- 2017-02-05 (日) 04:11:13
  • あの風切り弓は何を射つために据え付けられてたのか。竜が来るとまでは想定してなかったと思うけど -- 2017-02-05 (日) 23:34:12
    • 灰色山脈に竜が現れていたのだから、竜が来るかもしれないと想定していても不思議ではないでしょう -- 2018-07-13 (金) 00:38:24
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 daleは古英語のdael、古ノルド語のdalrなどに由来する言葉で、日本語の「谷」よりも広々とした谷間や窪地、盆地を指すのに使われる。現在もイギリスの土地を含む世界各地の地名に言葉が残っている。
*2 ホビットの冒険』「入口の階段に腰かけて」
*3 指輪物語 旅の仲間』「数々の出会い」 グローインの言葉。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-13 (金) 16:03:06 (72d)