角笛城(つのぶえじょう)合戦(かっせん)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattle of the Hornburg
その他の呼び名

解説

指輪戦争において、第三紀3019年(大いなる年)の3月3日から4日にかけて、ローハンアイゼンガルドの間で行われた戦い。
サルマンはアイゼンガルドより1万を超す大軍を送り出してアイゼンの浅瀬を突破し、ヘルム峡谷角笛城に籠城して抵抗するセオデン王らの軍勢を包囲攻撃した。
両軍は夜を徹して戦い、数の上でアイゼンガルド軍が優勢であったが、夜明けとともにガンダルフに率いられたエルケンブランド西谷の軍団が援軍として到着したことで形勢は逆転し、ローハン側の勝利に終わった。

参戦国、勢力

ローハン
ロヒアリムフオルン
アイゼンガルド
オークウルク=ハイを含む)、半オーク褐色人

戦況

開戦にいたるまで

サルマンローハンを手中にするため、あらかじめグリマを間者に取り込んでエドラスの宮廷に送り込み、セオデンを弱体化させるとともに、セオドレドエオメルらが王の信任を失うよう仕向けるなど多年にわたって工作を行った。また、長年ローハンと確執のある褐色人を同盟者に引き入れ、さらにファンゴルンの木々を伐採して物資の備蓄を行うなど、密かに戦争の準備を進めていた。
しかし、3018年9月にガンダルフオルサンクから脱出したことで、サルマンの裏切りが露呈する。そのためサルマンは公然と一つの指輪を手に入れるべく行動を開始した。

3019年2月25日のアイゼンの浅瀬の最初の合戦では、サルマンはアイゼンガルドからオーク褐色人などからなる軍勢を送り出して、浅瀬の通行権を奪おうとした。この戦いでかろうじてサルマンの軍勢の進撃は阻止されたものの、セオドレドは討死にする。

その一方でサルマンは浅瀬の攻撃に先立ってモルドールと結託し、アンドゥインを通過するであろう指輪の仲間を待ち伏せし捕らえるため、ウルク=ハイの部隊を派遣していた。
アイゼンガルドとモルドールのオークの部隊は2月26日にパルス・ガレンで指輪の仲間を襲撃し、二人のホビットメリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥック)を捕らえることに成功する。部隊は(モルドール隊の意向を無視して)ホビットをアイゼンガルドまで連行しようとしたが、途中ファンゴルンの森のきわで、東マークの軍団長エオメルの攻撃を受けて全滅してしまう。
ホビット二人は辛くもこの混乱の最中に森に逃げ込み、そこでエント木の鬚に出会う。

また、ホビットを救出するべくオークの部隊の後を追っていたアラゴルン二世レゴラスギムリは、オークたちを掃討した後のエオメルと出会い、さらにファンゴルンの森でガンダルフと再会する。ホビットの無事を知った一行はそのままエドラスに向かい、ガンダルフはセオデンを癒やすとともにグリマの裏切りを暴露し、グリマは宮廷から追放される。

送り出したウルク=ハイが何の報せももたらさないまま全滅したことに気付いたサルマンは大いに焦り、直ちにローハンを蹂躙すべく1万を超す大軍勢を送り出した。
3月2日のアイゼンの浅瀬の第二の合戦で、アイゼンガルドの大軍はエルフヘルムグリムボルドの部隊を蹴散らし、エルケンブランドの部隊も敗走させる。このためローハン西谷の軍団は散り散りになる。

エドラスから西へ進軍してきたセオデンらは、そこで浅瀬が突破されたこととエルケンブランドが敗走したことを知り、サルマンの大軍を迎え撃つために急ぎヘルム峡谷へ拠ることを決める。一方、ガンダルフは事態を確かめ、また散り散りになった西マークの諸軍団を呼び集めるため、飛蔭に乗って走り去った。

かくして両軍は、3月3日にヘルム峡谷にて対決することになった。

角笛城の合戦

セオデンエオメルらに率いられたエドラスの軍団は、3月3日の夜に奥谷ヘルム峡谷を守る角笛城に到着する。エルケンブランドが城に残していた西谷の1000名ほどの徒歩の者達と併せれば、角笛城と峡谷を塞ぐ「奥の防壁」に配置するには十分な数だったが、1マイル以上あるヘルムの堤防を守るには少なすぎ、また兵士は幼すぎるか歳を取りすぎたものばかりであった。そのためエオメルは王の兵と西谷の男たちの多くを城内に、自身の兵の大部分を奥の防壁とその背後に配置し、堤防にはわずかな後衛だけを残して敵軍に備える。
炬火をかかげて進軍してくるアイゼンガルド軍は、籠城側の何倍もの兵力があり、堤防に置かれていたローハンの後衛はすみやかに城へと撤退することを余儀なくされた。

アイゼンガルド軍は角笛城に肉薄し、奥の防壁を鉤縄と梯子で攻撃するとともに、城の大門へ通じる土手道への攻撃を執拗に繰り返し、破城鎚で城門を打ち壊そうとする。これに対しローハン側は、矢を射かけ、石を投げつけ、鉤縄を切断し、梯子を倒すなどして応戦。エオメル、アラゴルンギムリらは城門への攻撃に対して城の裏口から出撃し、攻め寄せてきたオーク褐色人の山男らを撃退すると、破壊された城門に代わって障害物を築いた。
そこでオーク達は、上の戦闘が熾烈を極めている隙をつき、渓流が流れる奥の防壁の暗渠から密かに防壁の内側に侵入して、奇襲を仕掛ける。しかしこの侵入に気付いたギムリを筆頭とする者たちの熾烈な反撃に遭い、奇襲は不首尾に終わった。暗渠はその後、ギムリの指示の下で塞がれる。

だがアイゼンガルド軍は暗渠に「」を投入して吹き飛ばし、奥の防壁に割れ目をあける。これを合図に一斉攻撃を開始したアイゼンガルド軍の猛攻に押され、防壁は敵の手に落ち、そこを守っていたローハン軍は城内への退却を余儀なくされる。また、峡谷内に敵が侵入したことでローハン軍の一部(ギムリ、エオメル、ギャムリングらを含む)が分断され、かれらは奥の燦光洞へと退却した。

アイゼンガルド軍はその後も繰り返し鉤縄と梯子で角笛城への攻撃を続け、「火」を用いて城を揺るがし、ついに夜明けに城門のアーチを爆破する。
しかしオーク達が城内へ攻め入ろうとした瞬間、ヘルムの大角笛の音が峡谷に響き渡り、馬に打ち跨ったセオデンを先頭に、アラゴルンやローハンの諸侯が城門から突撃する。それに応えて峡谷の燦光洞からも鬨の声が上がり、ローハン軍は一斉に反撃を開始。夜明けの光と突然の強力な反撃に圧倒されたアイゼンガルド軍は押し戻され、セオデンらはヘルムの堤防まで至ると、奥谷がすっかりフオルンの森で覆われているのを目にする。
さらに奥谷の西の尾根に飛蔭にまたがったガンダルフと、彼によって呼び集められたエルケンブランド西谷の徒歩の軍勢が姿を見せる。籠城軍と、援軍と、フオルンの森に挟み撃ちにされたアイゼンガルド軍は総崩れとなり、褐色人らは降伏し、オークらはフオルンの森に逃げ込んで一匹残らず殲滅された。

戦後

合戦に並行してアイゼンガルドは、メリーピピンに触発されたファンゴルンエントと、それに率いられたフオルンの攻撃を受けて陥落していた。
この戦いで大きな勝利を得たローハンは、サルマンの脅威を取り除いたことで、ゴンドールからの援軍要請に大きな戦力を割くことができた。

敗北した褐色人らは武器を取り上げられ、戦死者の埋葬といった仕事に従事されられた後で国へ返された。
角笛城の前には二つの塚山が築かれ、そこに戦死した西谷東谷の乗手たちが葬られた。また、フオルンたちの手によって二つの塚から離れて堤防の外に死んだオークの塚山が築かれ、これは死の丘と呼ばれた。

また、アイゼンの浅瀬の合戦でのローハン側の戦死者は、ガンダルフが呼び集めたエルフヘルムグリムボルドの部下の手によって浅瀬の中ノ島に埋葬され、石で囲みいくつもの槍を立てた塚が築かれた。

画像

アラン・リー作画による角笛城の合戦

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

基本的な流れは原作をなぞっているが、アイゼンガルド軍はウルク=ハイのみ、エドラスからの避難民が燦光洞に逃げ込む、合戦前にロスローリエンからハルディア率いるエルフの援軍がもたらされる、エルケンブランドは登場せず、代わって(グリマの計略によってエドラスを追放されていた)エオメルが、ガンダルフに連れられた騎馬の援軍として最後に登場する、フオルンの介入は描写されない、といったいくつかの大きな相違点がある。
エクステンデッド・エディションでは、壊走するウルク=ハイたちが蠢くフオルンの森に飲み込まれ、消え去るという描写が追加されている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における角笛城の合戦『ロード・オブ・ザ・リング』における角笛城の合戦『ロード・オブ・ザ・リング』における角笛城の合戦『ロード・オブ・ザ・リング』における角笛城の合戦『ロード・オブ・ザ・リング』における角笛城の合戦

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

ヘルムの堤防での戦い、奥の防壁上での戦い、破壊された防壁の裂け目を守る戦い、燦光洞の戦い、角笛城での戦いがそれぞれエピックバトルで再現され、体験することができる。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における角笛城の合戦(ヘルムの堤防)『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における角笛城の合戦(防壁)『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における角笛城の合戦(防壁が爆破された瞬間)『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における角笛城の合戦(爆破された防壁の裂け目)『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における角笛城の合戦(城からの光景)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • Third age Total war というRTSのゲームで角笛城の合戦を再現してみたが、どうがんばっても10対1の割合だと、1時間もしないうちに蹂躙されてしまう。そういうことを見越して映画版だとエルフを援軍に加えたのかもと思いました。 -- 2014-07-10 (木) 19:44:56
  • どうでもいいことですが、映画で城門に迫った破城鎚を抱えたウルク=ハイが列をから飛び出して仲間を押しのけながら突っ込んで行くシーンで、破城鎚の先端の下にゆらゆら動く紙みたいなものがあります。もしや撮影機材? -- 2014-11-05 (水) 08:39:57
  • http://ch.nicovideo.jp/kotaku/blomaga/ar364134?ref=zero_marq&ver=video_q レゴで再現した角笛城の合戦。 -- 2015-01-13 (火) 14:49:04
  • 映画で早漏誤射した爺ちゃんにアラゴルンが怒ってたけど、あの位置からでも射殺せるなら一斉射撃始めちゃえばいいのに、と思った。 -- 2015-03-17 (火) 09:09:32
    • 射程距離というか、単に命令する前に兵隊が勝手に射たからでは。 -- 2015-03-17 (火) 11:46:59
    • ウルク=ハイの聖火ランナー、皆さん覚えてますか? -- 2015-04-06 (月) 18:34:06
      • ああいうのをカミカゼと言うんだよなw -- 2015-07-30 (木) 12:21:49
      • 思わず「敵ながら天晴れ!」と唸ってしまいました。 -- 2017-01-29 (日) 12:55:12
  • 壁が破壊された際、あの高さから落ちたアラゴルンがあまりダメージを受けていなかったことに驚きました。 -- 2015-04-07 (火) 18:02:08
    • そして城壁から飛び降りたギムリがウルクハイの長槍に刺さらないのもね…… -- 2015-07-30 (木) 12:20:51
  • 映画のフオルンの場面はいらなかった -- 2015-07-30 (木) 01:18:57
    • 普通にいるわ -- 2016-03-14 (月) 11:51:38
  • オンラインの兵力差無理ゲー過ぎるw -- 2017-05-19 (金) 18:03:33
  • この戦いはかなり好き -- 2017-05-25 (木) 22:25:32
  • 映画の場面でセオデンとギャムリングの隣にいる将校はだれかわかりますか? -- 2017-06-06 (火) 03:27:45
  • 自分の観方が悪かっただけかもしれんけど、ハレスを始めとする少年兵たちの姿はセオデンが退却を叫んでいるシーンではそれらしき者たちは一人もいなかったので、多分、城塞の上に牽引ロープが付いた巨大梯子がかけられた時点で城内の奥、洞窟と城の間ぐらいへ退くよう言われたのかもしれない。あそこの戦闘では、成人とやや年老いた者は見られても、少年の姿は一人も見当たらなかった。 -- 2018-01-16 (火) 00:06:20
    • 監督そっくりのあの兵士は生き延びたんだろうか -- 2018-01-16 (火) 01:21:50
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-16 (火) 01:21:51 (99d)