西谷

概要

カテゴリー地名
スペルWestfold*1
異訳西の谷、ウェストフォルド

解説

ローハンの領地の一つ。ローハンの国土のうち、白の山脈沿いの西側の地域。北には西エムネトが広がる。
翻訳上の問題だが、上記の通り地域を指す地名であって、谷の名前ではない。「西谷」にある谷はvaledaleの語で表記されている。

指輪戦争時の領主はエルケンブランドで、角笛城を居城としていた。角笛城の合戦ギャムリングは自らが率いる西谷の男たちを、ヘルムの家の子(Helmingas)と呼んでいる。

西谷の境について

終わらざりし物語』の「アイゼンの浅瀬の合戦」の補遺では、西谷の北境はファンゴルンの森の縁とアイゼンガルドの壁か、それに近いと述べられている*2

unfinished index』及び『終わらざりし物語』索引の説明では、西谷はスリヒルネエドラスの間の斜面と野原とされている*3

Guide to the Names in The Lord of the Rings』では、西谷の西境はアイゼン川としている*4。また、この語はローハン語の地名なので訳さずに残すよう指示している。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

西の谷にあるローハンの集落が、褐色人を含むサルマンの軍勢の襲撃を受ける。
馬鍬砦でのローハン軍召集のシーンでは、グリムボルドが「西の谷からは500人」と報告している。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 映画の西の谷襲撃シーンは、プロローグで使いまわされている。他にも映像使い回しがいくつかありますね。 -- 2016-03-07 (月) 15:38:59
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 westは古英語でも西。foldは古英語で「土地・谷間などのくぼみ」の意
*2 「西の谷の北境へは、かれらは必要な時を除き滅多に行かなかった。ファンゴルンの森(エント森)の縁や、アイゼンガルドの威圧するような壁を恐ろしいものとみなしていたからである。」'To the northern bounds of the Westfold they went seldom and only at need, regarding the eaves of Fangorn (the Entwood) and the frowning walls of Isengard with dread.'
*3 unfinished index』'the slopes and fields between Thrihyrne and Edoras' 『終わらざりし物語』索引「ローハンの一地方、スリヒルネ(角笛城の上の峰)とエドラスの間の斜面と野原。」'Region of Rohan, the slopes and fields between Thrihyrne (the peaks above the Horburg) and Edoras.'
*4 '...the Westfold was the similar land along the mountains as far as the River Isen.'

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-17 (金) 01:47:43 (23h)