褐色人(かっしょくびと)(くに)

概要

カテゴリー地名
スペルDunland*1
異訳焦茶(こげちゃ)の国*2

解説

霧ふり山脈南部の西麓にある、褐色人が住む土地のローハン語での名。エネドワイスに属し、白鳥川を挟んでエレギオンの南で、南東はローハンになる。

第三紀1150年頃から1630年頃までは、アンドゥインの谷間から霧ふり山脈を越えてやってきたストゥア族も、ホビット庄へ移住するまで褐色人の国とサルバドの間に定住していた。だが当時の記録はほとんど残っていない。
第三紀2770年のスマウグの襲撃のためエレボール山の下の王国から逃れてきたスロールスライン二世トーリン・オーケンシールドたち長鬚族ドワーフが、褐色人の国に一時期住んでいたこともある。彼らは2799年のアザヌルビザール(ナンドゥヒリオン)の合戦が終わってしばらくすると、褐色人の国を離れてエリアドールを放浪し、2802年にエレド・ルインへと移住した。

第三紀3019年(大いなる年)にサウロンが滅ぼされた後、フロド・バギンズホビットエルロンド裂け谷の一行は帰郷する時にこの土地を通過したが、褐色人はエルフを恐れていたこともあり、何の妨害にも遭わずに通過した。一方で、オルサンクを出てきたサルマン及び蛇の舌と遭遇している。

褐色人の歴史については褐色人の項目を参照。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

褐色人が登場するが、この土地は出てこない。

映画『ホビット』における設定

翻訳は「焦茶の国」。エクステンデッド・エディションでは片仮名で「ダンランド」とも。
『竜に奪われた王国』冒頭の、躍る小馬亭におけるトーリン二世ガンダルフの会話の回想シーンで、この土地にてナンドゥヒリオンの合戦で行方不明となったスライン二世が目撃されたという噂があり、トーリンが探しに行ったと話している。
またキーリは、この地で商人の護衛の仕事をしていたとタウリエルに語っている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

エネドワイスとは別の、南のエリアとして設定されている。スロールたちが住んでいた設定や、かつてホビットがいた設定は、エネドワイスに移されている。
南はローハン谷、南東にナン・クルニーアアイゼンガルド。褐色人の国には、褐色人の複数の部族が住んでいる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • どうでもいいけど、ずっと褐色人(じん)だと思ってました。 -- 2014-11-05 (水) 05:52:57
  • 原作とは違うけど、焦茶の国っていい響きだな -- 2014-12-12 (金) 10:43:37
    • コーヒーとか栽培してそう -- 2014-12-12 (金) 23:53:29
  • 映画でキーリがタウリエルに話す思い出話に出てくるのもここですね。 -- 2015-01-25 (日) 23:38:08
  • 映画では「褐色人って誰?」ということを避けるため、あえて「焦茶の国」と翻訳されたのだろうか -- 2015-06-24 (水) 00:14:02
  • 90年頃発売の『指輪物語RPG(MERP)』に、焦茶の国が登場しますね。 -- 2016-10-01 (土) 04:29:00
  • 『指輪物語RPG(MERP)』では正確には、『焦茶国人』を『曇り族』と呼んでいます。
    訳者は当時、『同じ言葉に曇り、灰色、茶色等の意味が含まれるため』、苦渋の末に『曇り族とした』とゲーム雑誌で語っています。 -- 2016-10-01 (土) 04:38:58
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、dunの意味はdark, dusky, dull-hued
*2 旧版での訳。映画『ホビット』でもこの訳になっている

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-24 (木) 15:48:46 (511d)