()(だに)

概要

カテゴリー地名
スペルRivendell
異訳リヴェンデル、リーヴェンデル
その他の呼び名イムラドリス(Imladris)

解説

シンダール語では「裂け目ある深き谷間(deep valley of the cleft)」の意のイムラドリスと呼ばれる。
霧ふり山脈の西の麓近く、ブルイネン川が流れる深い谷間の中にある天然の要害。東街道の東端であり、谷を東に抜ければ本道の峠道につながる。

ここはエルフの拠点であり、エルロンドの住まう「最後の憩」館があった。

とうとうある晩、一行は高原の荒れ地を越えて、旅人たちにはいつもそう思われることながら、突然裂け谷の深い谷間の縁に出ました。はるか下にはエルロンドの館の灯が輝いていました。そして一行は谷間を下り、橋を渡って、館の入口にやって釆ました。*1

「ここには何もかも少しずつあります。わかってくださるだか。ホビット庄もあるし、黄金の森もあるし、ゴンドールもあるし、王宮もあるし、旅籠屋もあるし、牧草地もあるし、山もあるし、みんなまじってますだ。 … 」
「そう、何もかも少しずつあるね、サム。無いのはだけだ。」と、フロドは答えました。そして今度は独り言のように繰り返しました。「無いのは海だけだ。」*2

歴史

元来裂け谷の拠点は、力の指輪を巡るサウロンエルフの最初の戦いによってエレギオンが荒廃したとき、エレギオンのノルドール残党の隠れ家にして避難所として、第二紀1697年にエルロンドによって作られたものである。
最後の同盟の戦いでは、エレンディルによるアルノールの軍勢と、ギル=ガラドによるエリアドールのエルフの軍勢は、一度ここに集結してからモルドールへと進軍した。なおその時イシルドゥアは、妻および最年少の息子であったヴァランディルを、裂け谷に置いていっている。

第三紀に入っても裂け谷は、エリアドールにおけるノルドールの拠点として存続し続け、アングマールと戦う北方王国ドゥーネダインに力を貸した。
北方王国の滅亡後、アルノール野伏の族長たるイシルドゥアの世継ぎ(アラゴルン二世を含む)は、裂け谷で養育されるようになった。また裂け谷には、北方王国の宝器であるバラヒアの指輪アンヌーミナスの王笏折れたナルシルエレンディルミアが預けられていた。

(『ホビットの冒険』での)ビルボ・バギンズら及び(『指輪物語』での)フロド・バギンズらは旅の途中で裂け谷に立ち寄り、この地で休息を取った。ビルボは袋小路屋敷をフロドに譲ってホビット庄を去ると、エルロンドの客人として裂け谷で生活するようになる。
第四紀に入り、エルロンドが中つ国を去った後も、エルラダンエルロヒアと幾らかの上のエルフはこの地に残った。エルロンドと共にガラドリエルが中つ国を去ってから数年後には、ケレボルンロスローリエンから裂け谷へと移り、彼らと共に住まうようになった。

西方語表記

西境の赤表紙本の原文である西方語ではカルニングル(Karningul)であり、「裂け谷(Rivendell)」とはそれをトールキンが英語に「翻訳」したもの。

画像

トールキン直筆による裂け谷のイラストアラン・リー作画による裂け谷

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

旅の仲間 エクステンデッド・エディション』には、裂け谷にあるギルラインの墓を訪れるアラゴルン二世と、その姿を見るエルロンドのシーンがある。ギルラインの墓が裂け谷にあるのは、映画独自の設定。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における裂け谷

グッズ

映画『ホビット』における設定

原作『ホビットの冒険』通り、トーリンの一行が訪れる場面が描かれている。原作にはない、ドル・グルドゥア死人占い師などについて検討する白の会議の場面もある。

エクステンデッド・エディションでは、特にビルボが裂け谷を気に入って散策するシーンが追加されており、ビルボが(『指輪物語ロード・オブ・ザ・リング)』で描かれる)老後を過ごす場所として裂け谷を選ぶことを示唆するようになっている。
ビルボが、『ロード・オブ・ザ・リング』に登場していたナルシルの破片や、サウロンイシルドゥアの戦いの壁画を観察する場面もある。

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における裂け谷

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • PJ版映画の裂け谷も非常に美しかったが、原作ファンの間では、「手すりの高さ」がいわゆるネタになっている。ホビットにちょうど良い高さって・・・ -- A3
    • DVDを何度も観ててふと思ったのですが、たぶんビルボのために手すりの高さを低くしたとか。 -- エグゼクター
      • たった一人のために。 親切だね。 -- 2018-02-23 (金) 09:44:39
    • エルフに手すりはいらないでしょ。それから、映画は都合上ビルボの111歳の誕生日から旅立ちまでの期間をカットしてるだけで時間設定は一緒じゃないですか? -- マリウス 2008-01-10 (木) 12:15:05
      • ビルボの誕生祝のピピンはどうみても9歳ではないでしょう。50歳のフロドは指輪のせいといえなくもないですが。 -- 2008-01-16 (水) 23:09:51
    • あそこはビルボに合わせて作られられた区域だったんだと思います。他のシーンの手すりは人間(エルフか)にあわせてた気がしますし。きっとビルボが来くからと、ホビット用の屋敷を前もって作ってくれていたんでしょう。 -- 2008-12-05 (金) 15:18:28
    • エルフの手すりですからね、ロープと同じように、うまく合わせてくれるんでしょう。 -- 2013-02-28 (木) 12:57:22
  • 北方王朝滅亡の際は軍勢すら送っていますがどれほどのエルフが住まっているのだろうか?
    「ホビットの冒険」でビルボが立ち寄った時には幼いアラゴルン二世が母親と一緒にいたはず。もしピーター・ジャクソンが映画化したなら描かれるだろうか。 -- 砲身
    • 原作準拠なら「ホビットの冒険」時には10歳のエステル君が裂け谷にいるはずです。
      映画版準拠なら30歳くらい?だとすると裂け谷にはいなくてローハンやゴンドールでソロンギルとして活躍中?
    • グロールフィンデル以外にも上のエルフ、ノルドールの王家の関係者も居残っているようだし、ブルイネンの浅瀬までの追撃って考えてみたら幽鬼にとってはかなり危険な任務ですね。アングマールさんは別にしても下手に要撃されたら一人二人欠けが出そうな。 -- ぬ 2010-12-23 (木) 03:53:21
  • エルロンドたちが旅立った後って、どうなったんでしょう? -- 飛び地板 2007-05-18 (金) 14:48:34
    • 荒廃に任せて寂れた廃墟に成り果ててしまうか、あるいは中つ国に留まったと思われるエルロンドの息子らによって、保持されていたのかもしれない。 -- 05 2007-10-15 (月) 01:06:46
      • アルノール王国によって保養地にされたのでは? -- ホビット 2008-09-14 (日) 14:13:10
      • 同感。アラゴルンもここで育ったわけだから放ってはおかないでしょう。 -- エグゼクター 2008-09-20 (土) 11:52:09
    • 永遠の美を維持していた指輪のヴィルヤが去った以上、ネンヤが去ったロスロリエンと同じく荒れ果てていったのでしょう… -- 2014-08-13 (水) 13:19:11
  • 荒野の中の深い谷間に館がある・・・実際に見てみたい光景ですね -- 2010-12-04 (土) 20:10:55
  • 指輪物語のエルロンドの会議の季節が秋なのはエルフ等人間以外の種族の衰退期やこの時点での自由の民の敗北を暗示したものなんだろうか(後者は後に変わりますが)。 -- 2013-02-28 (木) 10:15:16
  • ビルボに同じく、余生を過ごしたい場所 -- 2013-04-21 (日) 18:46:22
  • 設定の季節に準じた描写だけど「ホビット」で描かれた裂け谷はLOTRでエルフが黄昏る時代より明るく描かれているというのに納得した。 -- 2014-03-05 (水) 11:05:06
  • 酒谷 -- 2014-08-14 (木) 13:37:43
    • 養老の滝があってもおかしくないような名前だな -- 2014-08-14 (木) 13:59:14
  • ここが出てきたときの曲が好き -- 2015-11-05 (木) 00:13:14
  • 「避難所」は英語原文ではどうなっているんでしょう。refuge、それともhaven? -- 2016-04-17 (日) 12:46:55
    • refugeですね。 -- 2016-04-17 (日) 12:59:58
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 王の帰還』「数々の別れ」
*2 同上

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-05 (水) 18:40:33 (18d)