緑手家のホルマン

概要

カテゴリー人名
スペルHolman Greenhand
異訳緑手のホルマン
その他の呼び名いとこのホルマン(Cousin Holman)*1
種族ホビット
性別
生没年ホビット庄暦1292~不明
緑手家のハルフレッド(父)

解説

ハムファスト・ギャムジーの父ホブソンの母方の従兄弟。ビルボ・バギンズの代の袋小路屋敷の庭師。父ハルフレッドも庭師。父方の祖父は、ホビット村の緑手のホルマン(Holman, the greenhanded, of Hobbiton)。
ハムファスト・ギャムジーはホルマンの見習いとなり*2、のちに彼の跡を継いで袋小路屋敷の庭師になった*3。この庭師の職はハムファストの息子サムワイズ・ギャムジーに受け継がれた。

指輪物語』では言及のみだが、『終わらざりし物語』に収録されている「エレボールへの遠征」の原稿Cにホルマンが登場する。
第三紀2941年、ガンダルフはビルボがエレボールへの遠征に相応しい人物か確かめに袋小路屋敷を訪れたが、その時ビルボは留守だった。ホビット村で彼の行方を尋ねると、ホルマンが答えた。彼曰く、行先やいつ戻るのかを尋ねるホルマンに対し、ビルボは『誰に会うかで決まるよ、ホルマン。明日はエルフの新年だ』と言って出かけてしまい、ビルボがいつか「とび出していく」*4のではないかと心配だという。この言葉でガンダルフはビルボを旅へ連れて行くことに決めた。

コメント

コメントはありません。 Comments/緑手家のホルマン?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 追補編』のサムワイズの家系図で、ハムファストの説明に見られる名。ホルマンはハムファストの父の従兄弟(ハムファストから見ると、いとこ違い)なので、ここでのCousinは親類、親族の意味であろう
*2 つたの枝館でのとっつぁんの発言によると、60年前に見習いになって間もない頃、ビルボはなれ山から帰って来た(第三紀2942年6月22日)
*3 第三紀3001年の時点で、袋小路屋敷の庭師を勤めて40年
*4 「とび出していった」ホビットとしては、ヒルディフォンズ・トゥックアイゼンガー・トゥックがいる

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-30 (土) 01:40:34 (1207d)