(みどり)(いし)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルgreen stone
その他の呼び名エレスサール、エレッサール(Elessar)、エルフの石(Elfstone)、エメラルド(emerald)

解説

アラゴルン二世ロスローリエンを出立する際にガラドリエルから与えられた、銀のブローチにはめられた緑色の宝石。

そして奥方が膝から持ち上げたのは澄んだ緑色の大きな宝石で、翼を広げた鷲の形に細工された銀のブローチに嵌められていました。奥方が持ち上げると、宝石は、春の若葉ごしに照る太陽のようにきらめきました。「この石はわが娘ケレブリアンにわらわが与えたもの。さらにケレブリアンはこれをその娘に与えた。そして今これは望みの印としてそなたの手にはいった。この時にあたり、そなたはそなたのために予言された名、すなわちエレンディル王家のエルフの石、エレスサールを名乗られるがよい!」*1

元々はガラドリエルが持っていた石で、ガラドリエルから娘のケレブリアンに、さらにその娘のアルウェンに引き継がれた。後にアルウェンはロスローリエンに滞在中、アラゴルンがこの地を通ることがあれば彼に渡すようにと、ガラドリエルに石を預けた。
アラゴルンはこの石を身に付けてゴンドールに入ったため、予言通りゴンドールの民から「エルフの石(Elfstone)」即ちエレスサールと呼ばれるようになった(緑柱石も参照のこと)。

またエアレンディルアマンへの航海で緑の宝石を身につけていたという。『旅の仲間』でビルボ・バギンズが歌ったエアレンディルの歌には(エアレンディルが)胸に一個のエメラルドをつけた。(upon his breast an emerald.)という一節があり、またビルボの台詞には(この歌の歌詞を作るとき)ただアラゴルンがどうしても緑の石を入れろといってきかないんでね。かれはそのことを重大に考えてるらしいのだ。わけは知らないが。とある*2

緑の石の由来

終わらざりし物語』には、緑の石についてさらに多くのことが述べられている。

ゴンドリンの緑の石

第一紀ゴンドリンにいた名工エネアジルが作った石。生長する緑と木漏れ日を愛したエネアジルは、太陽の光を木の葉の緑色の宝石に封じ込めた。この石には強い癒しの力があり、ノルドール達ですら驚きの目を見張ったという。
この石はエネアジルからイドリルに与えられてゴンドリンの破滅を逃れた。イドリルは、トゥオルと共に西方(アマン)への航海に出る時に、この石を息子のエアレンディルに残した。エアレンディルは緑の石の力によってシリオンの港に逃れてきた者達を癒したが*3、エアレンディル自身が西方へ航海する時には、この石を身に付けて船出した。

同一の石か、別の石か

このエネアジルが作った緑の石と、『指輪物語』においてアラゴルン二世に与えられた緑の石が同一のものか否かについては、同じ草稿上に二つの説が併記されており、どちらが真実かは、すでに去ってしまった賢者たちしか知らないとされている。

同一説
エアレンディルが持って西方に去った緑の石はヤヴァンナの手に渡る。オローリンはヤヴァンナからこの石を託されて、中つ国に携えた。そしてヴァラールは中つ国を見捨てたと嘆くガラドリエルに、「ヴァラールの心を示すもの」として与えられた。

「これをお心のままに使いなさるがよい。さすれば束の間とはいえ、あなたのお住まいを中つ国の中でも並ぶもののないほど美しい場所とすることができましょう。しかし、あなたはこの石を持ちつづける定めではない。時がくれば他の者に渡すこととなりましょう。なぜなら、あなたが倦み疲れて中つ国を旅立つ前に、これを受けとる定めの者が現れ、彼の人はこの石にちなんだ名で呼ばれるでしょうから。エレッサールと彼は呼ばれるでしょう」*4

別物説
エアレンディルが携えた緑の石は、そのまま西方に持ち去られ中つ国には戻ってこなかった。エネアジルの友人だったケレブリンボールエレギオンに住まうようになった後、エネアジルの緑の石を模して、ガラドリエルのために新しい緑の石を作ったというもの。このケレブリンボールの緑の石はエネアジルの石と比べ、より巧みで澄んでいたが、年をとった太陽の光を用いたため輝きは弱かったという。石がはまっている鷲の姿をかたどった銀のブローチを作ったのもケレブリンボールであるという。
ガラドリエルはこの緑の石を使ってロスローリエンを育んだが、彼女の元にネンヤが渡ると緑の石は必要なくなったので、自分の娘のケレブリアンに渡した。さらにケレブリアンからアルウェンへと渡された。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

登場しない。かわりにアルウェンは、裂け谷で自分の首飾りをアラゴルンに贈っている。劇中では数カ所アラゴルンが「エレスサール」と呼ばれる場面があるが、このネックレスが「エルフの石」とされているものと思われる(エレスサールの言葉自体は「エルフの石」の意であり、「緑」の意味は含んでいないから、と解釈することはできる*5)。

『王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション』で、ミナス・ティリスにてアラゴルンがパランティーアを使ってサウロンに挑戦(挑発)を挑むとき、このネックレスが落ちて砕け散る場面があるが、その直後にアラゴルンが黒門に向けて出陣するときも首にかけているのが確認できるため、ネックレスが砕けるのはサウロンがもたらした幻影、幻覚、予兆などであろうと判断される。

画像

アルウェンの首飾り

グッズ

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ビルボの詩、一所懸命「緑の石」という言葉を探したのに見つからなかった。エメラルドのことかあ。 -- 2012-02-13 (月) 00:16:52
  • 映画版のFOTRで指輪がアラゴルンに呼びかけたとき、「エレスサール」って言ってましたね。ロリエン通過後なので(映像には出ないけど)緑の石を持っていることになるものの、指輪はアラゴルン=エレスサールってこの時点で見抜いてたんだろうか… -- 2012-02-13 (月) 13:44:45
    • そういえばそうですね。指輪がアラゴルンの運命を予見していたか、それとも緑の石とアラゴルンがそれを受け取るべき定めにあるというのを全く知らずに、自分が命名した気でその名を呼んだか…。 -- 2012-06-27 (水) 15:53:56
    • アルウェンのペンダントをエレスサール(エルフの石)と解釈したのかもしれません -- 2015-09-11 (金) 16:07:56
  • 最初の草稿ではギムリに贈られる予定だったらしい。 -- 2013-09-23 (月) 18:04:27
    • それが実現してたのなら、緑葉のレゴラス、緑の石のギムリ、(アセラスの)緑の癒やしのアラゴルンと、三人揃って緑一色。 -- 2013-09-23 (月) 18:06:59
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 旅の仲間』緑の石を贈る際のガラドリエルからアラゴルンへの台詞
*2 指輪物語 旅の仲間 下』「一 数々の出会い」 「最後の憩」館にてビルボエアレンディルの歌を朗読した後のフロドとの会話
*3 だが『シルマリルの物語』では、この癒しの力はシルマリルに帰せられている、とクリストファーは指摘している。
*4 終わらざりし物語』第二部◆第二紀IVガラドリエルとケレボルンの歴史 エレッサール
*5 ただし原作では、緑色の石(エメラルド)であることが「エルフの石」と呼ばれる所以であり、順序が逆である

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-10 (月) 01:20:36 (349d)