終わらざりし物語

概要

カテゴリー書籍・資料等
スペルUnfinished Tales

解説

シルマリルの物語』および『指輪物語 追補編』に未収録のトールキンの遺稿を、クリストファー・トールキンが纏めて出版したもの。
内容的には時折本編(指輪物語シルマリルの物語)と矛盾する記述もあったり、中途半端な書きかけの原稿もあったりするほか、クリストファーによる注釈も非常に多く、研究書としての側面も大きい。だがトゥオルトゥーリンについての詳細や、はなれ山への遠征にガンダルフビルボを選んだ詳細な経緯、黒の乗手一つの指輪ホビット庄をどう捜索したかに関することなど、それまで触れられていなかった記述などがあって、非常に興味深いものとなっている。
長らく日本語版が出る事がなく、抄訳本が同人サークルで出版されていたり、各所のWebページに掲載されていたりしただけだった。だが山下なるやの翻訳により、河出書房新社から日本語版が出版される運びとなった。

目次

標題紙のテングワール

『終わらざりし物語』標題上部
『終わらざりし物語』標題下部

in iðs bók v unfinišd taləs by john ronald reuel tolkien
ƕč wsa brouʒt togeðer by khristifer reuel tolkien his son
ar told many þiŋs v men nd elvəs in numenor nd in middlə
earþ from ð elder days in beleriand to ð war v riŋ nd
an akkount is given v druedaiin ð istari nd ð parantiri.

In this book of unfinished tales by John Ronald Reuel Tolkien which was brought together by Christopher Reuel Tolkien his son are told many things of men and elves in Númenor and Middle-earth from the Elder Days in Beleriand to the War of the Ring and an account is given of the Drúedain, the Istari and the Palantíri.

訳し方については、フェアノール文字の項を参照。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エレボール、ナルゴスロンド、マゾム館。つまり、宝庫。
  • 「終わらない物語」って、かのエンデの「果てしない物語」とちょっと似すぎているような気も・・・
    • 出版前には、こういう仮題だ、とウェブ上で言われていた時期があったのです。今となっては懐かしいですね。 -- カイト
  • 「トゥオルおよびかれがゴンドリンを訪れたこと」を読んでたんだけど、すごく面白くて、ものすごくテンション上がってきたところで唐突に終わったので、しばらく立ち直れなかった・・・(笑) -- サウロンの髭 2009-04-28 (火) 20:52:49
  • 教授は指輪物語を完成した後も、延々とメモ類を作っていたらしいですね。いろんな設定を追加して、互いに矛盾がないように考えて、直して・・・・。「ニグルと木の葉」はご自分のことだったのですね -- 2012-01-16 (月) 01:44:54
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-10 (月) 08:45:35 (13d)