第一紀

概要

カテゴリー年表
スペルThe First Age
その他の呼び名太陽の第一紀、上古(じょうこ)

解説

中つ国の歴史で、星々の時代の後、モルゴスを追うノルドール中つ国帰還と天空に太陽が登った時から始まり、怒りの戦いベレリアンドの崩壊によって終わる。約600年間。宝玉戦争の舞台となった時代。

メルコール(モルゴス)によって二本の木が殺害されると、ヴァラールは新たに世界を照らすものとして二本の木の最後の花と果実から太陽を作り上げ、天空へ送り出した。だが、月と太陽の光はメルコールとウンゴリアントによって毒された後の二本の木から生じたものであるため、その光は不完全なものであり、これ以降中つ国は速やかに過ぎ行く時の流れに晒され、上古から存在した多くのものが衰え消え去っていくことになった。
また、太陽が昇ると同時にヒルドーリエンの地に人間が目覚めた。

二本の木を害してシルマリルを奪い、中つ国へと逃げ帰ったモルゴスはアングバンドに閉じこもり、自らのために巨大な鉄の冠を鍛えるとそれに奪ったシルマリルを嵌めこみ、世界の王を僭称した。
復讐とシルマリルの奪還のためにモルゴスを追って中つ国へと帰還したノルドール族は、フェアノールの誓言マンドスの宣告に追われながらも、ベレリアンドに領国を築いてアングバンドを包囲し、モルゴスを相手とした望みない戦いを続けた。ベレリアンドには、既にシンダール族によるドリアスの王国などもあったが、ドリアスは魔法帯を巡らせてモルゴスの脅威もノルドールの暗い運命も締め出した。だが結局は、ベレンとルーシエンの功業がきっかけとなりシルマリルを巡る運命に繋ぎ止められることになった。
またノルドールの王国の中でもナルゴスロンドゴンドリンはその所在を秘匿し、長らくモルゴスの脅威から逃れることができた。だが結局はどちらも発見され、隠れ王国ゴンドリンの没落によってベレリアンドのエルフの王国は滅びた。

この時代のなかばよりベレリアンドに人間が到達した。かれらははじめエルフの諸侯に仕えたが、エルフを裏切ってモルゴスに与する者達もいた。あくまでエルフへの忠義を貫いた者達はエダインと呼ばれる。

数々の歌に歌われる武勲にも関わらず、エルフの諸侯とエダインの諸家は次々とモルゴスに滅ぼされ、アングバンドは不落だった。
だが最後にシリオンの河口より、共に半エルフであるエアレンディルエルウィングが船出して、シルマリルの光によってついに西方に辿り着いた。エアレンディルはヴァラールに言上して中つ国の窮状を訴え、その結果ヴァラールは軍を起こして怒りの戦いとなり、アングバンドは破壊されてモルゴスは捕えられた。

シルマリルは取り返されたが、一つは地中に、一つは海中に、そして最後の一つは天空にその永住の場を見出し、世界が終わるまで再び回収されることはなくなった。
ヴァリノールの軍勢とモルゴスとの戦いによってベレリアンドは破壊され、海中に没した。禁を解かれたノルドール族や、中つ国のエルフ達の中には、船でアマンへ戻っていく者もあった。

年表

二つの木の時代から続く

*1事象
-20モルゴスフィンウェを殺してシルマリルを奪う。二つの木ウンゴリアントに損なわれる。モルゴスウンゴリアント中つ国へ逃亡。
-10ベレリアンド最初の合戦モルゴスエルフオークの軍勢を送り込むが敗北。
-4ノルドール中つ国帰還。ダゴール=ヌイン=ギリアスフェアノールの死。
1太陽が昇る。人間ヒルドーリエンに誕生する。
20フィンゴルフィンによってメレス・アデアサドが開かれる。
50トゥアゴンフィンロドへのウルモによる夢の啓示。
51トゥアゴントゥムラデンを発見。
56ダゴール・アグラレブノルドールによるアングバンドの包囲の開始。
100ナルゴスロンド完成。
126ゴンドリン完成。トゥアゴンの民がネヴラストより移住。
260グラウルングが初めて現れベレリアンドを襲うが、フィンゴンエルフに攻撃されてアングバンドに逃げ帰る。
305オッシリアンドにて、フィンロド・フェラグンド人間が遭遇する。
345アレゼルマイグリンゴンドリンに戻る。アレゼルの死。暗闇のエルフエオル、処刑される。
389ドル=ローミンハドル生まれる。
439ドル=ローミンフーリン・サリオン生まれる。
443この頃ベレン・エアハミオン生まれる。
445エレイニオン・ギル=ガラド生まれる。
455ダゴール・ブラゴルラハアングバンドの包囲破れる。ハドル死ぬ。ケレゴルムクルフィンヒムラドからナルゴスロンドに逃れる。フィンゴルフィンモルゴスに一騎打ちを挑んで斃れる。フィンロドバラヒアに救出されて自分の指輪を渡す(バラヒアの指輪)。
-この頃エメルディアに指揮されてモルウェンリーアンらがドルソニオンから脱出、ドル=ローミンに辿り着く。バラヒアは後に残り、12人の仲間のみが生き残る。
457ミナス・ティリスサウロンによって陥落せしめられる。オロドレスナルゴスロンドに撤退。以後トル・シリオントル=イン=ガウアホスと呼ばれる。フーリンフオルソロンドールによってゴンドリンに連れられる。
-この頃ゴルリムの裏切りによりドルソニオンバラヒアたち、ベレン一人を残して全滅する。モルゴスベレンに多大な賞金を掛けるがオーク達はベレンを恐れて近付かない。
462モルゴスヒスルムを攻撃。ガルドールエイセル・シリオン包囲戦で死ぬ。フーリンフィンゴンモルゴス軍を撃退。
463ドル=ローミントゥーリン生まれる。サウロンに追い立てられたベレンドルソニオンを離れ、ドリアスルーシエンに出会う。
468フィンロドベレントル=イン=ガウアホスに捕らえられる。フィンロド巨狼に殺される。ベレンルーシエンに救出される。ケレゴルムクルフィンナルゴスロンドを追放されてヒムリングに向かう。
469ベレンルーシエンシルマリル探索。シルマリルの一つをベレンが手にするが、それをカルハロスが飲み込む。カルハロス狩りが行われ、ベレン死ぬ。
-ベレン中つ国へと戻る。有限の命となったルーシエンと夫婦となり、トル・ガレンに住まう。
473ニアナイス・アルノイディアドフィンゴンの死。トゥアゴンノルドール上級王になる。フオル、サレスで討ち死に。フーリンモルゴスに捕らえられる。トゥオル生まれる。
474ブリソンバールエグラレスト陥落する。キーアダンエレイニオンギル=ガラドバラール島へ撤退。
475トル・ガレンディオル・エルヒール生まれる。
494この頃アングラヘルグアサングとして鍛え直される。
495トゥムハラドの戦い、ナルゴスロンドの滅亡。オロドレスの死。トゥオルゴンドリンに至る。
-トゥーリンブレシルに至る。
498グラウルング仕留められる。トゥーリン・トゥランバールニエノール・ニーニエルの死。
499フーリンアングバンドより解放される。
500この頃エルウィング生まれる。またこの頃フーリンナルゴスロンドで最後の小ドワーフミームを殺す。フーリン、ナウグラミーアを持ってメネグロスに行き、その後西海に身を投じる。
502シンゴルノグロドドワーフに殺される。
503ディオルドリアスの王位を継ぐ。
504ベレンルーシエンの死。シルマリルメネグロスディオルの元へと届けられる。
505フェアノールの息子たちによるメネグロス襲撃。ディオルケレゴルムクルフィンカランシア討ち死に。ドリアスの滅亡。シルマリルエルウィングが持って脱出する。
510ゴンドリンの没落とトゥアゴンの死。グロールフィンデルバルログと相打ちになる。トゥオルゴンドリンの残党を率いて脱出。
525この頃エルロンドエルロス生まれる。
560トゥオルイドリル、船で西方へと去る。
-エアレンディルの航海。フェアノールの息子たちシリオンを襲撃する。エルロンドエルロス捕らえられる。エルウィングシルマリルを持って海へ逃れ、ウルモによってエアレンディルの元へと送られる。エアレンディルアマンへ到達。
601怒りの戦いベレリアンドの崩壊。アングバンドの破壊、モルゴス虚空へ追放される。降伏したサウロンは逃亡する。

第二紀へ続く

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 改めて通して読むと、事件の多さの割りに第一紀は短かったんだな。それに比べると、第二紀と第三紀は、始まりと終わりこそ事件が多いものの、年数の割りにちょっと中だるみ?気味のような気がする。 -- カイト
    • 第二期、三期は人間の家系が長く続いて堕落・没落していく期間なので長いのでしょう。 -- 2010-12-05 (日) 10:42:28
    • 実際には第一紀が一番長いのです。第一紀の始まりはエルフの目覚めから、終わりはモルゴスの滅びまでです。"HoME The Peoples of Middle-earth"にて教授曰く、第一紀には二本の木の時代も含まれるのだそうです。事実、海外のトールキンサイトでもそう扱われています。 -- 2012-05-28 (月) 20:00:11
  • 600年間というのはエルフの数え方と聞いたことがあります。実際は600*144年間だという説も?
    • それはないと思いますが。だとすると「ベレンとルーシエンが出会った年」というだけで144年間の誤差が発生しますし。始祖ベオルからの人間の世代を考えてもこれが適当では。それ以前の事となると判りませんが。
  • シルマリルの物語が映画になってほしい。 -- 2012-08-18 (土) 08:14:14
    • スマウグの荒し場が公開されればシルマリル映画化の声がより高まるだろうね、グラウルングやアンカラゴンが見たい。 -- 2013-06-25 (火) 19:56:12
      • エクステンデットの追加シーンにはシルマリルをほのめかす描写が入るらしいですね。それだけでもよくクリストファー氏が映像化を許したなあ・・・ -- 2013-06-25 (火) 20:22:46
      • 原作ホビットの冒険であった、シンゴル殺害&シルマリル強奪事件が仄めかされる描写でしたね。シンダールの言い分:王 -- 2014-02-07 (金) 13:55:06
  • エルロスは第2紀が始まる58年前に生まれたと「終わらざりし物語」にあるので、彼ら双子の誕生は543年だと思われる。 -- 2014-02-07 (金) 13:05:49
    • 双子誕生の525年やトゥオルたちが去った560年ってどこにのっているんだろうか -- 2014-03-01 (土) 13:04:35
      • 560年時点でトゥオルは77歳。老いが忍び寄ってきたレベルじゃないよ・・・ -- 2014-03-01 (土) 13:23:48
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ここに記載されている年代については、『The History of Middle-earth』『トールキン指輪物語事典』などを元に作成しており、一部推測も含まれている

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-01 (土) 13:23:48 (1548d)