(しろ)会議(かいぎ)

概要

カテゴリー役職・組織・団体
スペルWhite Council
その他の呼び名賢者たちの会議(Council of the Wise)
賢者たち、賢人たち、賢人会議(the Wise)*1
会議、賢人会議(the Council)

解説

死人占い師サウロン)の力に対処するために結成された、賢者たち(イスタリエルダールの長)*2からなる組織。単に「会議」とも呼ばれる。『ホビットの冒険』では「さまざまな知識とよい魔法をおさめつくしたりっぱな魔法使いたちの一大会議」*3と言及されている。
警戒的平和が終わりを告げたのを受け、第三紀2463年にガラドリエルの希望によって招集された。

追補編』及び『シルマリルの物語』の記述によれば、結成時を含めて四度開催されている。

2463年の会議
会議が結成された最初の会合。ガラドリエルはガンダルフを議長に推したが彼が辞退したため、サルマンが議長となった。(このことでサルマンはガンダルフを嫉んだ)
2851年の会議
2850年にドル・グルドゥアへ潜入したガンダルフによって、死人占い師の正体がサウロンであり、彼が一つの指輪を探していることが判明する。そこで2851年に裂け谷で「大会議」*4が開かれた。この時ガンダルフはドル・グルドゥアへの攻撃を勧告するが、サルマンは一つの指輪がアンドゥインから大海へ流れ下って失われたと述べて、今しばらく事態を静観すべきとした。結局この時は何の行動も起こされなかった。(この時すでにサルマンは一つの指輪を手に入れようと目論んでおり、あえてサウロンを放置することで指輪を誘い出そうとしていた。同年サルマンはあやめ野の捜索を始めた)
2941年の会議
ドル・グルドゥアの影響力が強まってきたのを受け、トーリンとその仲間によるエレボール遠征と五軍の合戦が行われた年に招集された。サルマンはガンダルフの勧告に同意し、白の会議はドル・グルドゥアを攻撃して死人占い師を闇の森から追い払った*5。(サルマンが攻撃に同意したのは、早くもサウロンがイシルドゥアの最期を知り、あやめ野周辺の捜索を行っていることに気づいたからで、これを妨害する意図があった)
2953年の会議
力の指輪のことが検討されたが、サルマンは一つの指輪はアンドゥインから大海に流れ下って失われたという主張を繰り返した。サルマンの堕落のため、この年の会合が最後となった。(同年にサルマンはアイゼンガルドに引きこもるようになった)

構成員

作中の記述から、会議のメンバーだと判明している人物は以下の通り。

この他に「エルダールの諸侯」が参加していたというが、具体的には不明。

最初の会議(First Council)

終わらざりし物語』「ガラドリエルとケレボルンの歴史」には、白の会議の前例と思われる第二紀の会議について言及がある。

第二紀1693年から始まった力の指輪を巡るエルフサウロンの戦いは、ヌーメノールの大艦隊の到来によって1701年にサウロンがエリアドールから駆逐されたことで一旦の終結を見た。
この時、エリアドールのエルフの指導者達によって「最初の会議」が開かれ、エリアドール東部のエルフの拠点はエレギオンではなくイムラドリスとすることが決められた。またギル=ガラドエルロンドをエリアドールの副摂政に任命し、彼にヴィルヤを渡した。

クリストファー・トールキンの註によると、原稿のこの箇所は「最初の白の会議」(first White Council)と解釈できるように修正されており、おそらく第三紀の「白の会議」の名は古のこの会議から取られたのだろうと推測している。

映画『ホビット』における設定

ドワーフエレボールを奪回しようとしている動きを察知したサルマンによって召集され、ガンダルフが裂け谷に到着したときに、サルマンの他にエルロンドガラドリエルが出席して開催されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • サルマンがアイゼンガルドに居を定めるまで、どこで開催されていたのでしょう? やはりロスローリエン? -- エグゼクター
    • 指輪の会議の時と同じで裂け谷もあり得ると思います。 -- 惟 2009-11-22 (日) 01:12:34
      • 終わらざりしの指輪狩りの項に、大会議が裂け谷で開催されたとありますね。 -- 2013-07-30 (火) 00:21:08
  • 参加者は誰なんでしょうね。サルマン、ガンダルフ、ラダガスト、ガラドリエル、エルロンドは順当として、キーアダンは入ってたのでしょうか?ケレボルンは。。。 -- 2013-07-25 (木) 12:47:04
    • ケレ「久々の外出だな、なにを着て行」 ガラ「あなたはお留守番です」 ケレ「・・・はい」 -- 2013-07-28 (日) 00:35:33
    • ラダガストが参加していたという記述はないですね。「力と指輪と第三紀のこと」に記載があって確定しているのは、サルマン、ガンダルフ、ガラドリエル、エルロンド、キーアダンの五名で、他にもエルフの諸侯が参加した、とあります。個人的には「賢者」と呼ばれるケレボルンも参加者だったと予想。あとはエルロンドの顧問団やグロールフィンデルといったエルロンドの会議にも参加したエルフらがいたのではないかと。 -- 2013-07-28 (日) 04:31:41
      • おっと、イスタリは基本的に参加かと思っていました。白の会議を招集したのがガラドリエルですから、ラダガストにも声をかけてて欲しいなあw -- 2013-07-30 (火) 00:28:26
      • ラダガストはサルマンから蔑視されていたので、声がかからなかったのでは?もっとも、本人もそのころはすでに動植物にしか関心がなかったようですが。 -- 2013-07-30 (火) 06:10:44
      • サルマンが招集したならそうでしょうけど、ガラ様ですから、そこを何とかw -- 2013-07-30 (火) 23:57:16
    • 指輪追補篇の索引では白の会議は5人の魔法使いにエルロンドとガラドリエルとある、どうやら微妙な違いがあるみたいです。 -- 2013-07-30 (火) 00:57:33
      • 追補編・索引の解説は日本語版編集部が独自に付け加えたもので、根拠の怪しい記述も多くあまり信用できません。 -- 2013-07-30 (火) 03:05:01
      • 少なくとも青の魔法使いが参加していたとは信じられないですよね。 -- 2013-07-31 (水) 00:02:27
  • 映画でガラ様がテレパシー使っていましたけれど、エルフなのにテレパシーできるのですか? -- 2013-09-10 (火) 21:21:00
    • 原作でもガンダルフ、エルロンドとテレパシーのようなもので会話したていたので、一部のエルフには可能なのでは -- 2013-09-10 (火) 22:03:54
      • ガンダルフとってどこで出てきていましたっけ?エルロンドとは戴冠式後の帰路でありましたね -- 2013-09-12 (木) 11:43:39
      • 確か同じ場所にいたはずですが・・・ -- 2013-09-12 (木) 20:57:00
      • 指輪もってる人同士なら考えが読めるからとか..... -- 2013-09-23 (月) 07:52:34
      • その場面で会話していたのはガラドリエル、ケレボルン、エルロンド、ガンダルフの四名ですね。読心術のようなものはエルフやイスタリだけでなく、アラゴルン・デネソール・ファラミアらドゥネダインも可能という記述があります。 -- 2013-09-23 (月) 09:04:30
  • 白の会議メンバーが武闘派であることが映画で確認できた。 -- 2014-12-17 (水) 00:37:38
    • 何気にあのシーン、エルフの3つの指輪が勢ぞろいしてサウロンの前に立ってるという非常に危険な状況だったり。 -- 2015-01-17 (土) 06:15:40
      • たしかにwwもし負けてたらどうすんのよ。 -- 2015-01-17 (土) 16:50:25
      • 白いほうが勝つわ -- 2015-01-18 (日) 00:00:13
      • EE版ではしっかり炎の指輪は回収されそうになっていた。 -- 2015-12-12 (土) 11:22:51
      • サルマンだけ持ってない仲間はずれ... -- 2015-12-15 (火) 12:34:47
    • 白の会議にちゃっかりゲスト参加しているラダガストさん。ドル・グルドゥアの邪気にめげないウサギもすごい。 -- 2015-04-06 (月) 17:15:59
  • 映画でサルマンが会議を仕切ってあれこれ主張していたけど、ガンダルフと奥方がまるで無視していたのに注目。吹き替え版だとコントに見える。 -- 2015-04-06 (月) 18:08:55
    • そう思うとちょっと可哀想…だからサルマンすねちゃったのかも…というかサルマンって本当活躍しない白のメンバーでしたねー竜は怖いわ、冥王には従うわで -- 2016-08-15 (月) 18:09:29
      • 監督や脚本がいろいろと変えちゃったからねぇ。本当はサウロンをドル・グルドゥアから追い出す際に最も活躍したのはガラ様でなくてサルマンなんだよ。見せかけの逃走とはいえね。 -- 2016-08-15 (月) 18:13:57
      • PJ最低 -- 2016-08-15 (月) 19:34:39
  • なぜ白の会議のメンバーにドワーフや人間が入らなかったのだろうか? エルフや魔法使いだけで中つ国を守りきれるわけではなかろうに -- 2016-08-17 (水) 00:25:36
    • ドワーフや人間が入りたがらなかったんでないか?世代交代があるし、エルフと比べると行動原理が俗だから(※エルフが俗じゃないとは言ってない。)、世界の平和なんて大層な動機のために動こうとする者なんてそういないだろう。 -- 2016-08-17 (水) 01:13:28
      • 肝心のサルマンが寝返るわけだが、エルフだって裏切らないとは限らないし、奥方が指輪の誘惑に必ず勝てたかどうかも怪しいのに。 -- 2016-08-17 (水) 03:43:47
    • その二種族が参加したところで、魔法使が手こずるような相手にはせいぜい捨て駒位にしかならないんじゃないか?要は、只でさえ短い命を無駄に散らすだけだから大人しく守られてろってことかと。 -- 2016-08-17 (水) 02:40:03
      • 指輪の誘惑に負けたのは誰か、指輪を滅ぼしたのは誰か、ちょっと考えてみようか。 -- 2016-08-17 (水) 03:47:25
      • ↑傲慢で他の種族を見下してるエルフの頭で、弱い人間やホビットなんかが指輪を滅ぼす可能性を思い付く訳が無いだろう?w -- 2016-08-17 (水) 10:37:06
    • 1.疎遠だった。2.アルノールは滅亡済みで残党が辛うじて生き残っているだけ、ゴンドールはまだ健在だが国土防衛以上の役割を果たす余裕はない。そしてイシルドゥアの一軒から人間の指導者が指輪の誘惑に勝てるとも思えない。3.ドワーフはバルログ復活の件で(特にケレボルンからの)信頼度は低い。4.一大勢力だったにも関わらずスランドゥイルに声がかかっていないあたりそもそもノルドールとキアダン、イスタリだけの会議にとどめることしか考えなかった。5.会議を結成した時点では死人占い師の正体は不明、サウロンと判明した後もその力はまだ不完全で自分たちだけで対処できると勘違い。パッと思いついたのはこんな感じですかね。 -- 2016-08-17 (水) 10:57:50
      • サウロンと対峙する勢力は一枚岩ではなかったからな、もしサウロンの力が衰えてなかったらどうなっていたやら。 -- 2016-08-18 (木) 01:18:53
    • サウロンとの戦いでは、数百年~数千年のスパンで物事を展望して対策を立てないといけませんから、人間やドワーフが常任の立場で会議に参加するのは明らかに不可能でしょう。 -- 2016-08-17 (水) 18:54:54
      • ゴンドールは長年様々な脅威と対峙してきたわけで、ドワーフだって竜やオークといった闇の勢力と長年戦っている、有限の命をもつ者達も中つ国の歴史に多大な影響を及ぼしている筈なんだが。 -- 2016-08-17 (水) 23:35:35
      • 意見すれば尽くはね除ける。真面目に聞く気も無い癖に議論なんか吹っ掛けてくんなよ・・・ -- 2016-08-18 (木) 00:40:13
      • 結局、エルフは指導者クラスに至るまで馬鹿揃いって言いたいんだろ? -- 2016-08-18 (木) 00:44:29
      • ↑↑いやだから定命の種族が闇の勢力と戦ったり、歴史を作ったりすることと会議に参加することは別問題じゃん? -- 2016-08-18 (木) 01:14:02
      • 自分の意見に同意してくれないとキレるってどうよ w  -- 2016-08-18 (木) 01:14:39
      • ↑↑↑↑↑ゴンドールもドワーフも、その時々で向かってきた脅威に対処しただけであって、背後にいるサウロンの存在を意識して大局的視座に立って対抗したわけではありません。たとえばゴンドールが「一つの敵意」に気付いたのはようやく1900年頃になってからですし、ボロミアやデネソールのようなドゥネダインの指導者ですら大局を見るのが困難であるという姿は描写されています。ドワーフにいたってはサウロンの脅威を認識したのは大いなる年が近づいた頃になってからという節すらあります。
        もちろん、意識していなくともそうしたかれらの活動が中つ国の歴史に多大な影響を及ぼしたのは事実です。逆に言えば、白の会議に参加することだけが「歴史で大きな役割を果たすこと」ではありません。人間とドワーフが常任の立場で参加していないからといって、それをひいき目か何かのように感じておられるとしたら、そんな必要は全く無いですよ、と申し上げましょう。 -- 2016-08-18 (木) 04:35:56
      • なぜ贔屓目の話につながるのか意味不明、大いなる強敵に立ち向かうのなら味方は多い方が良いし、意思疎通もしやすい方が良いだろうと思うのだが、どうして大局的視座とかわざわざ小難しくなるのか。 -- 2016-08-18 (木) 08:15:38
    • ではここで発想の転換として、白の会議にオークが参加しなかった理由をだな -- 2016-08-18 (木) 00:52:57
      • 緑色だから -- 2016-08-18 (木) 01:28:24
      • 人間にはサウロン側の存在が居たが、オークに中つ国側の存在が居なかったから。 -- 2016-08-18 (木) 22:45:23
      • パンの味を忘れたから -- 2016-08-18 (木) 23:42:31
      • 参加を促すお手紙は書いて送ったんだけど、オークさんが読まずに食べちゃったんだよ -- 2016-08-19 (金) 00:12:37
      • 会議の期間中に出される料理品目に肉料理が無かったから -- 2016-08-19 (金) 00:51:23
      • トッポが最後までチョコたっぷりだから -- 2018-03-07 (水) 23:33:51
  • スランドゥイルが参加していないのはなぜ。明らかに中つ国のエルフの一大勢力の長なのに。それともエルフ諸侯に含まれるのかな。 -- 2018-03-07 (水) 21:44:10
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 「賢人たち」の訳語は『追補編』の第三紀の年表1100年の項。「賢人会議」の訳語は同じく2060年の項
*2 第三紀の年表1100年の項、「賢人たち(すなわちイスタリエルダールの長)」、原文は'The Wise (the Istari and chief Eldar)'。『指輪物語』原書の索引では'The Wise'は'the Wizards and the Rulers of the Elves'(魔法使いエルフの支配者たち)と説明されている。
*3 原文はa great council of the white wizards, masters of lore and good magic 「りっぱな魔法使いたち(white wizards)」とは、死人占い師を指す「きたない魔法使い(black sorcerer)」と対になる表現と思われる。
*4 終わらざりし物語』「指輪狩り」での記述。
*5 ただしこの攻撃はサウロンに事前に予知されており、サウロンの逃走は見せかけのものに過ぎなかった。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-07 (水) 23:33:51 (109d)