王の帰還/ストーリー

本項目では、『指輪物語 第三部 王の帰還』のストーリーについて記述している。

王の帰還 上

一 ミナス・ティリス (Minas Tirith)

エレド・ニムライス(白の山脈)ゴンドールの烽火が東から西へと伝わる中、ガンダルフピピンを乗せた飛蔭ローハンから東へ東へひた走り、ゴンドールに到達して、首都のミナス・ティリスに到着した。そしてゴンドールを統治する執政デネソールに謁見する。ピピンはボロミアの最後の戦いのことを、ボロミアの父であるデネソールに話し、自分を助けるため死力を尽くしたボロミアに報いるためにとデネソールに忠誠を誓い、ゴンドールの兵士となった。
ピピンはゴンドールの兵ベレゴンドに出会い、共にさまざまな話をする。

ニ 灰色の一行 罷り通る (The Passing of the Grey Company)

アイゼンガルドから戻ろうとしていたアラゴルンレゴラスギムリメリー、そしてセオデンエオメルの一行は、野伏のハルバラドや、エルロンドの息子であるエルラダンエルロヒアといった灰色の一行と合流。ハルバラドらはアラゴルンに加勢するため馬を走らせてきたのだった。
やがて一行は角笛城に戻ってくる。メリーはセオデンに敬愛の念を抱いて彼に忠誠を誓い、彼の小姓となる。一方アラゴルンは、パランティアを覗いてサウロンに挑戦。またパランティアの遠方を見る力によって、ゴンドール南方から脅威が迫っていることを知った。そこでアラゴルンはメリー、セオデン、エオメルと別れ、灰色の一行を引き連れて、急ぎエドラスを経由し馬鍬砦へとやってきた。
馬鍬砦には、避難民を指揮していたエオメルの妹エオウィンがいたが、アラゴルンが死者の道を通ってエレド・ニムライスを南へ抜けようとしていることを知ると止めようとし、それができないと知ると自分も連れて行って欲しいと頼む。
だがアラゴルンは断り、灰色の一行を率いて死者の道を通過、エレド・ニムライスの地下を抜けて南側の黒根谷に出る。そしてエレヒにて死者の軍勢を召集、それから一行はひたすら東進する。

三 ローハンの召集 (The Muster of Rohan)

セオデンエオメルメリーローハンの乗手たちは兵の召集のため馬鍬砦に到着。そこでエオウィンより、アラゴルンら灰色の一行が死者の道へ向けて出発していったことを聞く。
セオデンはゴンドール救援のため兵を進めることにするが、メリーは戦場に連れて行かずエドラスに残るように命じて、彼を失望させる。だがデルンヘルムと名乗る乗手が、密かに彼を自分の馬に乗せて共に連れて行ってくれることになった。
こうして一行は、ゴンドールへと進軍する。

四 ゴンドールの包囲 (The Siege of Gondor)

ファラミアが、翼ある獣に襲われながらもミナス・ティリスに戻ってきて、ガンダルフにより救出された。
その後ファラミアはデネソール、ガンダルフ、ピピンの前で、フロドたちに出会って別れたことの顛末を話す。その翌日ファラミアは、オスギリアス防衛のためまた出撃していった。
だがオスギリアスは制圧され、モルドールの兵はアンドゥインを渡河して次々とペレンノール野になだれ込んできた。ファラミアは負傷してしてミナス・ティリスに担ぎ込まれる。こうしてミナス・ティリス周辺のペレンノール野は敵で埋め尽くされ、モルドール軍による包囲攻撃が始まった。
デネソールは重傷を負ったファラミアの側を離れようとしなかったため、ガンダルフ(ミスランディア)イムラヒルが防戦の指揮を執る。だがミナス・ティリスの城門も破られ、モルドール侵攻軍の指揮官である魔王がミナス・ティリスに入場しようとし、眼前にガンダルフが立ちはだかった。その時、ローハン軍がやって来たことを知らせる角笛が鳴り響いた。

五 ローハン軍の長征 (The Ride of the Rohirrim)

ゴンドールへ向かっていたローハン軍は、ゴンドールへ向かう街道に敵軍が待ち伏せしているという報告を受けていた。そこに、ドルアダンの森に住むウォーゼ(野人)が道案内を申し出てきて、今は野人以外の人々には忘れられた石車谷の道を進んでいき、敵に見つからずにランマス・エホールまで到達。この堤防の割れ目からペレンノール野へと突入する。

六 ペレンノール野の合戦 (The Battle of the Pelennor Fields)

ロヒアリムの到来を知らせる角笛を聞き、魔王ミナス・ティリスの城門から姿を消した。
一方ロヒアリムはペレンノール野の北部を席巻し、セオデンハラドリムを討ち取る。だがセオデンの馬は、どこからか飛んできた矢を受けて倒れ、セオデンも落馬。そして恐るべき獣に乗った魔王が空から襲ってきて、セオデンを襲おうとする。
その前に立ちはだかったのは、メリーをここまで運んできたデルンヘルムだった。デルンヘルムは、自分がエオウィンであることを明かし、魔王と戦う。その時、勇気を振り絞ったメリーが塚山出土の剣で魔王を刺した。魔王が怯んだところ、エオウィンは自分の剣を魔王の頭部に突き立てて魔王を滅ぼすが、自分も倒れた。
だがセオデンは瀕死であり、エオメルに王位を譲ると身罷った。エオメルは、エオウィンが倒れているところを見ると激高し、配下を連れて敵軍の中に突入し大打撃を与えるが、ムマキルによって進撃を阻まれ、エオメルの軍勢は敵の中に孤立してしまう。
その時ハルロンド海賊の船がやってきて、新手の敵の出現にゴンドールの軍勢は恐慌状態に陥り、逆にモルドールの軍勢は歓声を上げた。だが海賊の船から降り立ったのはアラゴルン灰色の一行と、ゴンドール南方領国からやって来た援軍だった。
こうして逆に包囲されたモルドールの軍勢は殲滅され、ペレンノール野の合戦でゴンドールとローハンの軍勢は勝利を収めた。

七 デネソールの火葬 (The Pyre of Denethor)

ミナス・ティリスの城門から魔王が去った後、ガンダルフの元にピピンがやって来て、自分が見たことを話す。デネソールファラミアを生きたまま焼こうとしているというのだ。それを聞いたガンダルフは飛蔭にピピンも乗せると、一気にミナス・ティリスを駆け上がっていって、デネソールが向かったラス・ディネンへと向かう。そこでは、先にピピンに事態を知らされファラミアを救おうとしていたベレゴンドが剣を抜き、デネソールの侍僕と向かい合っているところだった。
ガンダルフと話すデネソールは完全に絶望しており、自分と息子の身を自ら焼こうとしているところだった。ファラミアはベレゴンドが救出するが、デネソールはパランティアのひとつを持ったまま、炎の中に身を投げて死んだ。ファラミアは療病院へと連れ込まれた。

八 療病院 (The Houses of Healing)

メリー魔王を刺した後、剣を持っていた腕が動かなくなっていた。彼はセオデンの亡骸と、魔王を倒した後に倒れて運ばれていったエオウィンを追って、ふらふらとミナス・ティリスに入っていった。そんなメリーをピピンが見つけ、彼に呼ばれてガンダルフが迎えに来た。そしてメリーは、ファラミアとエオウィンも治療を受けている療病院へと運ばれていった。
そしてファラミア、エオウィン、メリーの3人は皆療病院のベッドで寝かされていたが、そこにアラゴルンが訪れ、3人を治療してまわる。さらにアラゴルンはエルロンドの息子らと共に大勢の者を治療し、ミナス・ティリスに「王の再来」の噂が流れる。

九 最終戦略会議 (The Last Debate)

レゴラスギムリは、ミナス・ティリス療病院にいるメリーに会いに行った。そしてお互いが角笛城で別れてから何があったのかを話す。レゴラスとギムリは死者の道を抜け、エレヒ死者の軍勢を召集した後、東方へ向かって疾駆する。そしてペラルギアにて、アラゴルンは死者の軍勢を召し出し、ペラルギアを攻撃していた海賊を攻撃させた。海賊は死者の恐怖の前に潰走。その後アラゴルンにより、死者は解放された。それからアラゴルンは、海賊の船を奪う。
海賊の脅威が取り除かれたことで、ゴンドール南方諸方より続々と援軍が駆けつけ、海賊の船に乗り込んでアンドゥインを北上、ペレンノール野に乗り込んだのだった。
彼らがそういった話をしていた頃、アラゴルン、ガンダルフエオメルイムラヒルといった西軍の指導者達は、ミナス・ティリスに近いところに立てられたテントで今後の方針を話し合っていた。そこで彼らは、指輪所持者の使命達成が唯一の希望であること、サウロンの目を指輪所持者とその目的から逸らすため、黒門に陽動攻撃を仕掛けることが決せられる。

十 黒門開く (The Black Gate Opens)

黒門に赴く西軍には、アラゴルンらの他にレゴラスギムリピピンも、それぞれの種族の代表として参加することになった。ミナス・ティリスを出発した西軍一行は、奪回されたオスギリアスを通過、十字路までやってくる。そしてフロドが使ったのと同じ道を使いサウロンの注目を集めるのを避けるため、西軍は十字路より北上する。
だが、モルドールおよび上空を飛ぶナズグルがもたらす恐怖の前に、勇気がくじけてこれ以上勧めなくなる者もいるほどだった。アラゴルンはその者達に、カイア・アンドロスの奪回と防衛を命じて去らせた。そのため一行が黒門前にやって来たときには、その総数は6000にも満たなかった。
それからアラゴルンやガンダルフらは軍師として黒門前に赴いて呼ばわると、サウロンの口と名乗るものが黒門より現れた。そしてフロド鎖かたびらエルフのマントサム短剣などを見せ、これらの品を持っていた間者を返して欲しければサウロンの要求を呑むよう通告する。
だがガンダルフはこの要求を拒否、サウロンの口の従者からフロドの品などを奪い取って引き返す。
こうして交渉は決裂し、黒門などからモルドールの大軍が出撃してきた。アラゴルンは二つの小山に兵を集める。ピピンはその最前列に身を置いていた。戦いが始まり、ピピンは自分が刺したトロルの下敷きになってしまう。その時、がやって来るという叫び声を聞いた。

王の帰還 下

一 キリス・ウンゴルの塔 (The Tower of Cirith Ungol)

二 影の国 (The Land of Shadow)

三 滅びの山 (Mount Doom)

四 コルマルレンの野 (The Field of Cormallen)

五 執政と王 (The Steward and the King)

六 数々の別れ (Many Partings)

七 家路 (Homeward Bound)

八 ホビット庄の掃蕩 (The Scouring of the Shire)

九 灰色港 (The Grey Havens)

コメント

コメントはありません。 Comments/王の帰還/ストーリー?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-02 (水) 22:34:24 (77d)