• マゴットの飼い犬のおおかみ(Wolf)についてはおおかみを参照してください。

(おおかみ)

概要

カテゴリー種族動物
スペルwolves
異訳オオカミ
その他の呼び名ドラウグ(draug)

解説

シンダール語ではドラウグ。上古の時代から自由の民と敵対する猛獣。冥王モルゴスサウロン)の手先やその軍勢の中にもよく見られ、指輪戦争においてはアイゼンガルドサルマンの軍勢の中にもいた。状況次第ではオークと共に戦い、狼乗りのような形で連携する場合もあった。
狼の中には判明している限りで以下の種類があるが、これらも作中では単に狼と呼ばれる場合が多い。

巨狼 (Werewolves)
狼の姿をした悪霊。
ワーグ (Wargs)
ロヴァニオンに生息する凶悪な狼。
白狼 (White Wolves)
凶年の冬に北方からエリアドールへ侵入した狼。

狼乗り (wolfriders, wolf-riders)

邦訳『指輪物語』では「騎狼隊」とも訳される。狼に乗った者(主にオーク)のこと。

ホビットの冒険』によると、霧ふり山脈ゴブリン(オーク)が略奪を行う際にはワーグに乗って移動する場合があった。ただしゴブリンがワーグを使役しているのではなく、両者はあくまで利害が一致した上で協力し合う関係だった。

狼乗りは闇の勢力の軍勢によく見られ、古くはニアナイス・アルノイディアドモルゴス軍に狼乗りがいたとされる。
五軍の合戦ではワーグに乗ったゴブリンの狼乗りがゴブリン・ワーグ連合軍の前衛であり、指輪戦争でもサルマンの軍勢の前衛は褐色人の騎兵とオークの狼乗りであった。

オークの狼乗りたちは、緻密な隊列を組んだ秩序だった兵士たちを非常にうまくかわして、たいていは孤立した隊を襲うか逃げる者を駆り立てるかした。しかし必要ともあらば、むこうみずな獰猛さを発揮して、馬の腹をめったぎりにしながら、どんな騎兵隊の中をも突破することができた。*1

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ファンタジー作品で時々見かける「イノシシに乗るオーク」って何が元ネタなんでしょうかね? こっちだと狼乗りなのに。 -- 2017-04-14 (金) 23:51:29
    • オークはしばしば豚面で表現されることがあるのでそのイメージを引きずってるんだと思います。豚が狼に乗ってたらギャグになっちゃいますし。 -- 2017-06-19 (月) 03:21:58
      • 中つ国のオークはゴリラとかヒヒ -- 2017-06-19 (月) 03:32:56
    • 猪に乗るオークは、トールキンみたいなお堅いファンタジーに出てくる出てくる絶対悪(の下僕)じゃなくて日本産ファンタジーに出てくる愛嬌のある亜人ってイメージ。 -- 2018-04-01 (日) 01:11:31
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』「アイゼンの浅瀬の合戦」註五

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-01 (日) 01:11:31 (111d)