爆破用の火

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルblasting fire
その他の呼び名オルサンクの火(fire of Orthanc)

解説

角笛城の合戦においてアイゼンガルド軍が使用した爆発物。
ヘルム峡谷を塞ぐ奥の防壁にある、渓流が流れる暗渠に仕掛けられ、発破により防壁に裂け目が作られた。角笛城の城門の破壊にも同じ火が用いられたと思われる。
アラゴルン二世はこの火を「サルマンの妖術(Devilry of Saruman)」、オルサンクから持ち込まれた「悪魔の道具(a devilry)」とも形容している。

同様の爆発物はサウロンモルドール軍も用いたと思しい。ピピンミナス・ティリスから、モルドール軍に攻略されるランマス・エホールに突然火の手が上がり、時折赤い閃光と鈍い音が響くのを目撃した。
モランノンの荒廃地では、燃えかすの山のように爆破された土や石が数多く山積みにされていた。

自由の民がこのような爆発物を使用する描写はない。
ガンダルフホビット庄ホビットに花火を披露し、彼らからはそれによって記憶されていたが、彼が火薬の類を用いていたのかは判然としない*1*2

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

オルサンクサルマンが金属製の容器に火薬らしきものを入れて爆弾を製造する。この爆弾は原作同様、角笛城の合戦ウルク=ハイが防壁を爆破するのに使用された。

The Lord of the Rings RolePlaying Game』の設定

東方を旅していた頃のサルマンが、東方に住むドワーフヴィグディスの一族(Folk of Vigdís)の協力を得て開発したとされている。ドワーフはこの兵器を住処を奪おうするを追い払うために用いた。この兵器を登載した彼らの本拠地バラズ=ラギル(Baraz-ragil)は難攻不落の要塞で、ヴィグディスの一族は7氏族の中で唯一、自らの国を守り通し、一度として失わなかった一族となった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 点火用の火を持って走ってくるウルク=ハイ、走り方も松明の形も狙いすぎだったな -- 2018-04-11 (水) 23:49:17
    • レゴラスが点火ランナーを仕留めても周りにいくらでも松明持ってる奴がいるという -- 2018-04-12 (木) 00:20:43
      • 無駄死にじゃねえかwあのウルク -- 2018-04-12 (木) 12:13:46
  • 聖火ランナーに見えた人がいそう -- 2018-04-15 (日) 16:14:26
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ホビットの冒険』ではゴブリン町の洞穴でトーリンの一行ゴブリンに襲われた時にガンダルフが使った魔法は「洞穴に稲光のようなおそろしいひらめきが走り、火薬のようなにおい(a smell like gunpowder)がして、ゴブリンたちのなん人かが、たおれ死にました。」とある。
*2 The Letters of J.R.R.Tolkien』Letter#301(1968年)ではガンダルフの花火は火の指輪の所持者である彼の子供っぽい一面を表していると述べられている。'Fireworks have no special relation to me. They appear in the books (and would have done even if I disliked them) because they are part of the representation of Gandalf, bearer of the Ring of Fire, the Kindler: the most childlike aspect shown to the Hobbits being fireworks.'

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-15 (日) 16:14:26 (10d)