• モルドールの北境をなす灰の山脈(Ashen Mountains)については、エレド・リスイを参照してください。

灰色山脈(はいいろさんみゃく)

概要

カテゴリー地名
スペルGrey Mountains
異訳たそがれ山連山、たそがれ山の山脈
その他の呼び名エレド・ミスリン(Ered Mithrin)

解説

シンダール語エレド・ミスリンの訳。ロヴァニオンの北限をなし、霧ふり山脈からエレボール北方にかけ東西に伸びる山脈。東部の山脈は二股に分かれており、その間にはヒースのかれ野がある。山脈からは闇の森に向かって南東に流れる森の川と、グレイリンを含むアンドゥインの源流が流れ出る。

この山脈は鉱物資源に富み、特に第三紀2210年にトーリン一世エレボールより移住してからは長鬚族ドワーフの本拠地となった。だがこの地はの襲撃を何度か受けており、スカサもそのうちの一匹だったが、スカサはエオセオドフラムに退治された。*1
2589年には冷血竜に襲撃され、当時の長鬚族の王ダイン一世とその次男フロールらは死に、ダインの長男スロールと弟ボーリンらはエレボールへ、三男グロールらはくろがね連山へと、各地に散ることになった。
2770年にはスマウグが灰色山脈の方面からエレボールへ飛来した。

ホビットの冒険』中でのガンダルフの発言によると、この地の麓にはゴブリンやホブゴブリン、オークがいるという。

ハラドの灰色山脈

The Shaping of Middle-earth』に収録されている、灯火の時代から二つの木の時代にかけてのアルダの地図には、中つ国の南東部(ハラドの西岸付近)に同名の山脈があるのが確認できる。その後この山脈がどうなったのかは資料がなく不明*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ここがドワーフの本拠地になっていた頃、エレボールはどうなっていたのかが気になる。放置されていたのか、分家か譜代家臣が治める地方都市だったのか -- 2015-12-12 (土) 10:33:19
    • スロールがもともとエレボールの出身であったことや、彼が直ちにエレボールに戻って勢力を再興できたことから考えるに、放置されていたのではないと思います。ドゥリン王家直轄の離宮のような扱いだったのではないでしょうか。 -- 2015-12-12 (土) 14:05:51
  • モリアでなくてこっちの方を再興すればよかったのに -- 2016-05-12 (木) 11:39:21
  • エレボールに戻った後のドワーフたちは、こっちの龍退治と王国奪還は、しなくて良かったのかな。エレボールを追われて以降、ここに戻らなかったとい言う事は、当時は冷血龍が健在だった? 指輪戦争当時、スマウグの様な脅威の可能性として言及されていなかったと言う事は、「ホビットの冒険」或いは「指輪物語」当時には退治されていた? -- 2016-08-28 (日) 11:15:05
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 スカサの襲撃と死がいつなのかははっきりしないが、フラムの父フルムガールが自らの民エオセオドを北方へと率いてきたのが1977年という年表の記述を考えると、スカサがフラムに退治されたのは2000年前後と思われる。
*2 「中つ国」歴史地図』では第二紀以降も、ウンバールの南部から始まって、ハラドの西海岸に沿うように連なっているとしている。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-28 (日) 11:15:05 (780d)