(ほろ)びの(やま)

概要

カテゴリー地名
スペルMount Doom
その他の呼び名()(やま)(Mountain of Fire, Fire-mountain, Fiery Mountain)
オロドルイン(Orodruin)
アモン・アマルス(Amon Amarth)

解説

モルドールに聳える火山で、サウロンの王国の心臓部。一つの指輪が造られた場所であり、フロド・バギンズ一つの指輪を破壊するために向かった目的地。
かつてはシンダール語で「燃えさかる炎の山」(Mountain of Blazing Fire)の意であるオロドルインと呼ばれていた。だが、ヌーメノールの没落を逃れたサウロンがモルドールで勢力を再建した時、この山が再び噴火する。サウロンが戻ってきたこと知った人々は、この山をシンダール語でアモン・アマルス共通語滅びの山と呼ぶようになった。

この尾根のずっと向こう、しかしほとんど真っ直前方に当たって、小さな火の点在する広大な湖のような暗闇のさきに、真っ赤に燃えるものがありました。そしてそこから渦巻く煙が途方もなく太い条となって幾条も立ち昇って、煙のもとの方は黒ずんだ赤色で、上の方は黒く、この呪われた地一帯をおおう波立つ天蓋に吸い込まれていました。
サムが眺めたのは、オロドルイン、すなわち火の山でした。この円錐灰岩のずっと下方の火炉は時折熱くなって、巨大なうねりとなり、ドッドッと脈打って、その山腹にいくつもある深い裂け目から、溶岩の川を溢れ出さすのでした。*1

地理

それは灰と燃えかすと焼けた石の巨大な塊であり、そこから切り立った山腹の円錐形の火山が雲の中に聳えていました。 …
でこぼこしてまとまりのない肩部を見せた巨大な基体は、平地から多分三千フィートぐらいの高さかと思われます。そしてさらにその上をぎざぎざの噴火口のついたとてつもなく大きな乾燥かまどか煙突のように、中心となる高い火山錐が、基体の半分ほどの高さに聳え立っていました。*2

山の基部はゴルゴロスの平地からおよそ3000ft(約915m)の高さがあり、更にその半分ほどの高さ(1500ft, 約457m)の切り立った円錐形の中心部が突き出ている。全高は4500ft(約1370m)ほどと思われるが、平地に聳える単独峰なので、実際よりも高く見える。
突き出た円錐部の東側の麓にサンマス・ナウアがあり、その中に一つの指輪を破壊することができる火の裂け目滅びの罅裂がある。

この山の東の方向にバラド=ドゥーアがあり、バラド=ドゥーアの西門とサンマス・ナウアはサウロンの道路で結ばれている。また山腹の裂け目から溢れ出る溶岩流の一部は大きな溝を通ってバラド=ドゥーアへ向かって流れている。

歴史

この山は地中の火が噴出する場所であり、そのため第二紀1000年にサウロンはこの山のあるモルドールを根拠地に定め、その火を妖術や鍛造に利用した。1600年、サウロンはサンマス・ナウア一つの指輪を完成させる。
サウロンがヌーメノールに連行されていた3262年から3319年までの間、この山は休止状態にあったようだが、彼がモルドールに帰還して戦力を再建すると再び噴火する。
最後の同盟の戦いでは3441年に滅びの山の山腹で最後の戦いが行われた。サウロンはギル=ガラドエレンディルの二人の上級王と相打ちになって斃され、イシルドゥア一つの指輪を奪い取った。エルロンドキーアダンは指輪を直ちにこの山の火中に投ずることを勧めたが、イシルドゥアは聞き入れなかった。

第三紀初頭にはゴンドールがモルドールを監視下に置いたが、そびえ立つこの山の不気味さのためにゴルゴロスは灰土のまま捨て置かれた。
サウロンは2942年にモルドールに帰還し、2951年に公然と名乗りを上げて再び戦力を集結させる。2954年、滅びの山は再び噴火して、イシリアンに留まっていた最後の住人は逃れた。
指輪戦争ではサウロンはこの山の噴煙を東風に乗せて送り出し、ゴンドールローハンをはじめとした西方諸国を暗闇で覆った(曙光のない朝)。だがこの噴煙はペレンノール野の合戦の最中、日の出と共に訪れた西風によって吹き払われた。

指輪所持者の任務が達成されて一つの指輪滅びの罅裂に投げ込まれると、滅びの山は大噴火を起こして火焔を放出し、巻き起こった嵐の中に没した。

そしてその時遂に彼我の間何里にもわたって、遠雷のような轟きが起こり、それはしだいに高まって、耳を聾するばかりの一大響動となりました。地は震動し、平原は隆起して、ひび割れ、オロドルインは突如揺れ動きました。裂けた絶頂から火が噴き出しました。空に雷鳴が轟き、稲妻が天をこがしました。振りおろされる鞭のように黒い雨が滝つ瀬となって振り下りました。*3

画像

トールキン作画による滅びの山のスケッチ アラン・リー作画による滅びの山

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • サウロンの溶鉱炉
    • サウロンはーつの指輪だったバラドドウアの時間を借ってフロドに火の山へ行かせろ -- 2015-07-23 (木) 13:17:50
  • 映画「王の帰還」ではシーンの都合上、フィルムを裏焼きして使わなければならなかった場面があり、このシーンではフロドの顔の傷が反対側についている。
  • 第三紀の前期って、どんな風だったんだ? -- 飛び地板 2007-05-18 (金) 12:24:57
    • そこらへんにある休火山みたいな感じかな? -- ホビット 2008-11-24 (月) 16:11:55
      • 例えば富士山。まあ外見はだいぶ違ってただろうけど。 -- ホビット 2009-01-01 (木) 19:10:58
      • イタリアのヴェスヴィオ火山のイメージがある。 -- 2009-01-01 (木) 20:11:46
      • 映画では、ニュージーランドの富士山と言われる、ナウルホエ山を使ってます。 雪が被ってる姿は、まさに容貌優美な富士山そのもの。 あの映画の荒々しい姿とは正反対です。 -- 2012-08-31 (金) 18:23:26
      • お隣にあるルアペフ山のほうが滅びの山に相応しい気が。 しかし、あまりにも山体がゴツゴツし過ぎて、しまりがないから、やっぱり、ナウルホエ山しかないか(笑)。 -- 2012-09-01 (土) 19:42:24
      • ルアペフもいろんなところで登場していますね。 -- 2012-09-03 (月) 13:06:31
      • 最近、ナウルホエが本当に噴火しそうな兆しが見えてるらしい -- 2017-01-13 (金) 02:56:01
      • リアル滅びの山になりそう🌋 -- 2017-03-18 (土) 21:42:38
  • やたら高い山の頂上にサマス・ナウアがあるのかと思ったら、割と低いところにあったんですね。おかげでサムも助かった -- 2010-12-08 (水) 01:05:10
  • この山の炎はアルダ誕生時の炎か、ウトゥムノ時代の非常に古い炎だったからとても強い力を持っていたのでしょう。 -- 2015-03-30 (月) 22:15:38
    • 仰る通りだと思います。おそらくアルダの黎明期にメルコールが自分好みの世界にしようとして各所で盛んに燃やし、彼の虚空逃亡後に山々の下に埋められたという太古の火が噴き出している場所だったのでしょうね。メルコールの力の宿った火だからこそ、サウロンが妖術に活用し一つの指輪を鍛えることが可能だったのだと思われます。 -- 2015-03-30 (月) 22:25:14
  • トールキンは どこで活火山を見たのだろう?イタリアにでも旅行したことあるのかな -- 2017-08-24 (木) 20:08:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 王の帰還』「キリス・ウンゴルの塔」 の近くから滅びの山の光を目にしたサムワイズ・ギャムジーの視点
*2 同上「滅びの山」
*3 同上

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-17 (金) 00:19:55 (38d)