死者(ししゃ)軍勢(ぐんぜい)

概要

カテゴリー種族
スペルDead (Men)
異訳死者(たち)、死せる人間たち
その他の呼び名誓言破りし者ら(Oathbreakers)
亡霊軍、亡霊たちの軍勢(大軍)、幽霊部隊(Shadow Host)
灰色の軍勢、灰色の大軍(Grey Host)
眠れぬ死者たち(Sleepless Dead)
馬鍬砦の死者たち(Dead Men of Dunharrow)
幻の人間たち(Shadow-men)
山々の人間(Men of the Mountains)
種族人間の亡霊

解説

死者の王(King of the Dead)*1に率いられた、死者の道に巣食う亡霊の軍勢。
指輪戦争ではエレヒにてアラゴルン二世によって召集され、ペラルギア方面にいたモルドールの同盟軍を駆逐し、ペレンノール野の合戦の勝利に大きな役目を果たした。

「死者たちがついて来る。」レゴラスがいいました。「わたしには人間たちの影が見える。それからちぎれ雲のような色うすい旗が、そして霧の立ちこめる冬の夜の木立ちのような槍が。死者たちがついて来る。」*2

誓言破りし者ら

生前の彼らは、白の山脈付近に住む山々の人間と呼ばれる未開の民族であった(『追補編』によると褐色人と近縁の民であったという)。
第二紀暗黒時代に彼らはサウロンを崇拝していたが、サウロンがヌーメノールへ捕虜として連れ去られ、さらにその後イシルドゥアによってゴンドールが建国されると、山々の王(King of the Mountains)はエレヒでイシルドゥアに忠誠を誓う。
ところがモルドールに戻ったサウロンと戦うため、イシルドゥアが彼らを召集すると、彼らはかつて崇拝していたサウロンと戦うことを拒否。これにイシルドゥアは怒り、彼らの王に向かい、

『汝は最後の王たるべし。して西方が汝の黒き主人より強きことの判明せし時は、われこの呪いを汝と汝の民とにかけん。汝らの誓言の果たされんまで、永遠の眠りにつくことなからんと。そのゆえは、この戦いの年月数えがたく続きて、終局以前に今一度呼び出さるべきためぞ。』*3

と呪いをかけた。
山々の人間はイシルドゥアの怒りの前に逃げ出したが、サウロンに与することもせず、山中に隠れ住んで忘れられた民となった。しかし彼らはを得ることができず、亡霊となってこの世に留まることを強いられ続けた。

誓言の成就

「しかしアラゴルンはここで立ち止まると、大音声で呼ばわった。『いざや来たれ! 黒の石にかけ、われはなんじらを召し出すぞ!』すると突然それまで一番後ろで動きかねていた幽霊部隊が灰色の潮のように押し寄せて、その前にあるものは何もかも一掃してしまった。わたしはかすかな鬨の声を聞いた。かすかに角笛の吹き鳴らされる音も無数の遠い声のざわめきも聞いた。あたかも遠い昔の暗黒時代の今は忘れられた合戦のこだまのようだった。薄青い剣が抜かれた。だがその刃が昔と変わらず敵に切りつけようとしたかどうか、それはわたしにはわからない。なぜなら死者たちはもはや恐怖以外のどんな武器も必要としなかったのだから。何者もかれらに抵抗しようとはしなかったから。」*4

指輪戦争のおり、ゴンドール沿岸に迫る脅威を早急に除く必要に駆られたアラゴルン二世は、エルロンドの助言時は来たれり。火急の際は、死者の道を忘るなかれ。*5を受け、灰色の一行を率いて死者の道に入る。すると死者たちは誓言を果たすため自らエレヒの丘の周りに集結し、丘でアラゴルンがアルウェンの旗印を掲げ見せてイシルドゥアの世継であることを示すと、死者たちは彼の意向に従った。

アラゴルンに率いられた死者の軍勢は灰色の一行と共にペラルギアまで遠征し、同地を襲撃していた海賊に著しい恐怖を与えることで、彼らを潰走させた。誓言を果たした死者たちは、その場でアラゴルンによって呪いから解放され、この世を去った。

「『今ぞイシルドゥアの世継の言葉を聞け! なんじらの誓言は成就せられたり。戻りて二度とかの谷間の地を騒がすことなかれ! 行きて永遠の眠りにつくべし!』とね。
「するとすぐに死者たちの王が亡霊たちの前にくっきりと姿を現わし、持っている槍を折って捨てた。それからかれは低く一礼して去っていった。するとたちまち灰色の大軍は一人残らず突風に追い払われた靄のように撤退して消え失せた。わたしはまるで夢から覚めたような気がしたものだ。」*6

こうして海賊の艦隊を捕獲した灰色の一行は、ミナス・ティリス救援のため船でアンドゥインを遡ってペレンノール野の合戦に駆けつけることができた。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

死者の王は、ポール・ノレル(Paul Norell)が演じている(吹き替えは納谷六朗?)。

死者の軍勢は原作とは異なり死者の道で召集される。アラゴルンは鍛え直されたアンドゥリルを用いることで、自分が死者たちに命じる権利のあるイシルドゥアの世継であることを示し、敵対的だった死者を調伏する展開となっている。
さらに死者の軍勢は海賊船に乗ってペレンノールにまでやってきて、ミナス・ティリスを攻撃していたモルドール軍を直接攻撃して壊滅させた(原作ではかれらは無力ではかないものだよ。というレゴラスの台詞にもあるように、甚だしい恐怖を与える他は物質的な力を持たない存在として描写されているが、映画では直接オークムマキルなどを攻撃して打ち倒す存在となっている)。

エクステンデッド・エディションでは死者の道を出た直後、海賊を襲って船を奪うシーンもある。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における死者の軍勢

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるエレヒでの死者の軍勢の召集 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における灰色の一行と死者の軍勢 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における灰色の一行と死者の軍勢

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • イシルドゥアの呪いは、自身がモルドールに勝つこと、そしてサウロンが復活することまで視野に入っている気がするが、それが巡り巡ってアラゴルンを助けることになるというのは、やっぱり一族に備わった予見の力が働いたのか。 -- 2015-09-02 (水) 16:49:17
    • モルゴス→サウロンの流れで、サウロン倒してもまた別の悪が台頭するんだろうなあ……と思っていただけで、サウロン自身が復活するとはイシルデュアは想定していなかったのでは。その可能性が頭の隅にあれば指輪を我が物とはしなかったでしょう。 -- 2015-11-24 (火) 14:58:45
  • 映画の「Go.Be at peace.」のシーンは、白昼に幽霊が出ていて妙な感じがしたよ。 -- 2015-09-03 (木) 21:00:11
  • 言葉の魔力が生きているような世界で、誓いを破ったら呪いを被るのは至極当然と思うが。誓いというのは、条件付きの自己呪詛(破ったら、雷に撃たれても/業病に冒されても/地獄に落ちてもよい等)なので、イシルドゥアに格別の力が備わっていたからというよりは、誓言というものにそれだけの力がある時代だったと言うべきではないか。 -- 2015-10-31 (土) 18:51:09
  • 関係ないかもしれないけど、死者の道を出て海賊船が川を上っているのを見てアラゴルンが泣いていたのは何故? -- 2015-11-20 (金) 23:06:13
    • もうあの敵を防ぐ術はなくなった・・と絶望していたからでは。 -- 2015-11-20 (金) 23:39:06
  • 映画では物理的に切りかかってると言ってもオークが全然抵抗しなかった辺りしっかり恐怖の力なんだろうな。明らかに触られただけで倒れてるのもいたし。 -- 2016-06-10 (金) 03:32:05
  • 物理攻撃は不可能だから、余りの怖気で昏倒する感じだろうか -- 2017-01-16 (月) 16:59:17
    • 余りの恐怖でショック死では -- 2017-01-16 (月) 17:44:45
    • 急激な寒冷化で士気がry -- 2017-01-16 (月) 18:27:45
    • 実際に攻撃は当たらないにしても、武器を振るって襲いかかる動作だけでも敵の恐怖は倍増するだろうから、ただ棒立ちだった訳じゃないと思う。 -- 2017-05-06 (土) 07:27:57
  • オンラインの死者たち、大人しく突っ立ってるけど、話しかけられるのかな?後、フォルムが鮮明で映画のようにボロボロでも無いから死人というよりSF的なホログラムに見える -- 2017-01-16 (月) 18:32:06
  • 馬まで亡霊化するとかちょっとかわいそうだな… -- 2017-01-16 (月) 20:23:01
  • 映画版で、彼らを解放しない方が戦いが有利になるとわかっていても約束を果たしたシーンは、「事情の如何を問わず約束を守る」というアラゴルンの王の器を示した名シーンだと思ってます。あからさまに嫌そうな顔をしてたのは、まあとりあえず無視するとして。 -- 2017-01-23 (月) 21:11:37
  • 幽霊なんて一人出ただけでも充分怖いのに、それが何千体も一斉に現れればそりゃ戦列を維持したままでいられるわけないよな -- 2017-05-06 (土) 07:32:05
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 死人(しびと)たちの王」、「死者たちの王」の訳もあり。
*2 指輪物語 王の帰還』「灰色の一行、罷り通る」
*3 同上
*4 同上『最終戦略会議」 レゴラスによる回想。
*5 同上「灰色の一行、罷り通る」
*6 同上「最終戦略会議」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-18 (金) 18:45:38 (246d)