最後(さいご)同盟(どうめい)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルLast Alliance
その他の呼び名

解説

第二紀末期の3430年、エレンディルギル=ガラドとの間に結ばれた、サウロンを敵とする人間エルフの同盟。
「最後の」と呼ばれたのは、その後中つ国エルフが次第にアマンに去って数が少なくなっていき、このような大規模な同盟関係を結ぶことができなくなったからである。
最後の同盟の戦いでは、エルフだけを除きあらゆる種族のものが、鳥や獣に至るまでエレンディルおよびギル=ガラドと、サウロン双方の陣営にいくらかずつ見られたという。エルフだけは皆ギル=ガラドに従った。ドワーフはほとんどどちらの側にもつかなかったが、モリアの一族はサウロンを敵として戦った。

そこでエルロンドはしばらく黙りこんで、嘆息しました。「かれらの旗の目もあやな荘厳は今でもありありとわたしの脳裡にある。」と、かれはいいました。「それはわたしに上古の栄光とベレリアンドの軍勢を想い起こさせた。それほど多くの偉大な王侯、名将たちが集まっていた。」*1

参戦国、勢力(判明しているもののみ)

サウロン軍
サウロンオーク人間黒きヌーメノール人東夷ハラドリム
中立
白の山脈山の民ゴンドール側だったが参戦せず)

年表

3429年
サウロン軍がゴンドールを攻撃。ミナス・イシルが陥落し、白の木が焼かれる。遁れたイシルドゥアは船でアルノールエレンディルの許へ向かう。
アナーリオンオスギリアスを防衛し、一時はサウロンをエフェル・ドゥーアスまで押し戻すも、ゴンドールは劣勢。
3430年
エレンディルギル=ガラドが同盟を締結。
3431年
東へ向けて進軍する人間エルフの同盟軍が裂け谷に一時駐屯。その軍勢はかつて怒りの戦いヴァラールの軍勢がサンゴロドリムに出撃して以来の、美しく立派な大軍であったという。
3434年
同盟軍がイムラドリスの山道赤角山道などの峠道を通って霧ふり山脈を越える。
ダゴルラドの戦い。同盟軍がサウロン軍を撃破。アムディーア戦死。
モルドールへの攻撃でオロフェア戦死。
七年間に渡るバラド=ドゥーアの包囲戦始まる。
3440年
バラド=ドゥーアからの投石により、アナーリオン戦死。
3441年(第二紀最後の年)
包囲に堪り兼ねたサウロンがバラド=ドゥーアから姿を現し、オロドルインの山腹でエレンディルギル=ガラドと戦う。エレンディルとギル=ガラドは斃れるも、サウロンも敗れる。イシルドゥアは折れたナルシルの刃でサウロンの指を切り取り、一つの指輪を手にする。居合わせたエルロンドキーアダンがオロドルインの火に投ずるよう忠告するも、イシルドゥアは聞き入れず。

戦後間もない第三紀2年(第二紀に換算すると3443年)に、アルノールへ向かっていたイシルドゥアの一行はあやめ野でサウロン軍の残党のオークに攻撃される。これによりエレンドゥアアラタンキアヨンが戦死し、イシルドゥア一つの指輪を使って脱出したところを指輪に裏切られてオークに射殺された。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、最後の同盟の戦いの回想 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、最後の同盟の戦いの回想

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ホビットも参加したの? -- 飛び地板 2007-05-30 (水) 19:13:54
    • そのころはまだはるか東方に居たんでない? -- 2008-02-24 (日) 23:43:13
  • かなりの大戦争が頻発していた第一紀を差し置いて中つ国最大規模の戦争って言われてるから、最低15万ぐらいはいたかと。普通の兵法で考えれば少なすぎだけどハイペックエルフがたくさんいたからなあ。ドゥネダインも当時はまだハイスペックだったし。 -- 2008-02-25 (月) 00:06:32
    • ・・・ハイスペックっていうんですか。まぁわかりますが。エルフたちは第一紀にくらべればやや下がるにしても、ドゥーネダインは種族パワーにおいては最高潮に達したころの時期からそう外れてない。しかも節士たちだし。つうかヌメノールの科学(魔法?)技術なら、戦士たちは肉体強化とかしてそう。 -- 粥村在住 2008-02-26 (火) 23:25:21
  • 映画一作目の冒頭のシーンはよくよく見ると、遥か向うまでエルフとドゥネダインの兵士が大地を埋め尽くしてて、10万以上はいる。実際あんな光景だったんだろうなあ。てかあれ以上だったと思う。総兵数は20万前後かと。映画のペレンノールのモルドール軍が20万だから、それをエルフとドゥネダインに置き換えて想像してみると・・・これじゃあサウロンでも負けるわ。 -- 2008-04-03 (木) 00:44:12
  • これはなかなか興味深い言葉だと思う。なぜなら最後の同盟は「一つの指輪をはめた」サウロンを打倒したのだからね。それほどの力を持つ同盟を結べたのが「最後」という訳だろう。でないと、指輪がそれほど恐怖すべきものではなくなってしまう。 -- 冥王 2008-04-21 (月) 22:59:32
    • 日本語だと「最後」という言葉が強く感じて意味を持たせたくなりますけど、英語の「Last」だとどうなんでしょう? -- 2011-05-10 (火) 11:42:37
      • Last は『前回の』の意味もありますから、「最後の同盟」という名詞ではなく、第3紀視点においての「前回同盟」という意味なのかもしれませんね。「最後の同盟」という名詞であるなら、エルフ語の言い換えがありそうなものです。 -- 2013-01-18 (金) 10:07:48
      • Last は直近の、今までに行われてきた中では最後の(=前回の)というニュアンスなので、Lastが使われているこの場合「最後の」と「前回の」は英語圏では同じ意味のようです。 -- 2013-01-30 (水) 23:52:01
    • 加えて、サウロンは完全に力を取り戻していないというハンデつきな状態だったんだよな。サウロンの敗北数が多いからか、サウロンを大した事無いヤツと貶す人を時々見かけるが、よく読めばそんなことは無いと思うんだけどねぇ。 -- 2011-12-01 (木) 11:12:46
  • 俺的には第三紀の角笛城の合戦やペレンノールの戦いみたく、この戦いでも比較的規模の小さな同盟軍が大規模なサウロンの軍勢を撃破したって印象があるなぁ -- 2011-11-30 (水) 22:01:51
    • いや、これほどの大軍は怒りの戦い以来だったみたいだし。ダゴルラドの後、バラド・ドゥア包囲戦の段階でも同盟軍は10万以上の兵力があったようだ。 -- 2012-05-30 (水) 01:42:56
  • ヌメノール人の軍勢が主力だったんだろうけどどれくらいいたんだろうか?エルフ側は恐らく最大の人員数だったであろう緑森・ロリアンの森エルフ連合軍がギル=ガラドに従っていない状態で、リンドンと裂け谷の軍が主力部隊だったのだろうけどそんな何万もいたとは思いづらく。当時大都市だったモリアから来たドワーフ軍の方がまだ人数いそう。 -- 2013-01-21 (月) 01:44:11
    • サウロン不在の間にギル=ガラドが勢力を伸長できるぐらいですから、それなりにいたのでは? エルフの西方行きが本格化したのは第三紀に入ってからだと思いますし、当時エレギオンは滅びたとはいえ灰色港は健在ですし、裂け谷のノルドール残党もそれなりの数は残っていたのだと思います。 -- 2013-01-21 (月) 02:04:46
    • 緑森軍は参加してましたよ。オロフェア王(スランドゥイルのパパ)が参加して戦死してます。 -- 2013-01-21 (月) 19:05:09
      • そのオロフェアがギル=ガラドの指示に従っていなかったことを言っているのでは。 -- 2013-01-21 (月) 19:59:27
    • ギル=ガラドに従ってないってだけで、森エルフやローリナンドからも相当数の兵士は出てるだろう。エルロンドの回顧を読むに。 -- 2017-05-30 (火) 08:31:39
  • オークも同盟側に着いたやつもいるのかな? わざわざエルフ以外はどちらの陣営にもいたって書いてあるくらいだし -- 2015-10-27 (火) 21:49:48
    • それはないw -- 2015-10-28 (水) 19:15:17
    • 11月9日に戦っていればいたかもしれない -- 2016-06-05 (日) 18:25:49
  • lastの訳し方すら議論の対象になるのに、それはないの一言で一蹴するのはもったいない気がするんだけなぁ -- 2015-10-29 (木) 22:41:01
    • モルゴスがいた時はいざ知らず、サウロン配下のオークは隙あれば逃げ出してきままな略奪暮らしとか考えるのがいる(ゴルバクとシャグラトなど)くらいだから、勝ち馬に乗るというか、どさくさまぎれに戈を倒にする輩はきっといたはずで、それを同盟側と呼べなくもない…かな? -- 2015-10-29 (木) 23:03:24
  • 映画を見直してみたらエルフの弓兵が前列の兵士の顔の隙間を縫って真正面に矢を放ってた…普通真上に射つもんじゃないの?(汗) -- 2016-05-25 (水) 22:08:20
    • 真上に撃ったら自分たちに当たるよ。 -- 2016-05-25 (水) 22:25:19
      • 斜めな -- 2016-05-25 (水) 23:51:45
    • まあそれを言ったら、映画「ホビット」ではドワーフの槍隊を飛び越えてしまったおかげで、槍ぶすまの意味がなくなっちゃってるし。 -- 2016-05-26 (木) 12:25:29
      • しかし後ろの弓隊は援護射撃でちゃんと敵の第二陣を食い止めるというww -- 2016-05-26 (木) 21:50:25
    • 指輪三部作を見た後にキングダムオブヘブンを見て、あまりの違いに愕然とした今となっては良い思い出。 -- 2016-05-26 (木) 21:29:33
    • あのシーンは直前に2秒ほどエレンディル軍が矢を曲射しているシーンが映っているため人間の軍勢との対比の意味も兼ねてあえてああいう演出になったのかなと -- 2016-05-28 (土) 23:41:40
  • ドワーフは両方の陣営にちょっとずつは居たと…ダークドワーフも居たんですかね。 -- 2016-05-28 (土) 09:09:37
    • 「ホビットの冒険」には性悪のドワーフたちも居てそういうのはゴブリンと結託することがあるって書かれてたからね。 -- 2016-05-28 (土) 09:37:27
    • ゲームの設定だけど鉄拳族と黒巻毛族はサウロン側についた -- 2016-05-28 (土) 11:03:58
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「エルロンドの会議」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-30 (火) 08:31:39 (331d)