暗闇(くらやみ)のエルフ

概要

カテゴリー種族
スペルDark Elves, Elves of the Darkness
その他の呼び名モリクウェンディ(Moriquendi)、荒れ地のエルフ(Wild Elves)*1

解説

エルフを分類する言葉のひとつで、クウェンヤではモリクウェンディという。反対語は光のエルフ(カラクウェンディ)
二つの木の光を見なかった」という意味で暗闇のエルフと言われるようになったものであり、肌が黒いわけでも邪悪というわけでもない。だがアマンヴァラールの教えを受けなかったため、その知識と技量は上のエルフ(光のエルフ)に劣る。第三紀中つ国に残っていたエルフのほとんどは暗闇のエルフである。

暗闇のエルフはアヴァリ大いなる旅に出ることを拒んだエルフ)と、ウーマンヤール(大いなる旅の途中で脱落したエルフで、主にテレリ)に大別される。ウーマンヤールの中でもシンダールは「灰色エルフ」と言われて、光のエルフとも暗闇のエルフとも区別されることもある。詳細はエルフの氏族の項も参照のこと。

その他の用法

エオルは「暗闇エルフ」(Dark Elf)とも呼ばれた。彼はシンダール(灰色エルフ)だが、ナン・エルモスの深く暗い森を好み、そこに住んでいたからである。

カランシアシンゴルのことを「洞窟の暗闇エルフ」(Dark Elf in his caves)と呼ぶ場面*2も存在する。シンゴルは二つの木を見た光のエルフなので、この場合は明らかに嘲りの意図が込められている。

参考

史的には北欧系のデック(=ダーク)アールヴ(=アルフ、エルフ)にさかのぼる。世界を創った後に残ったウジから創られたとされ、ドヴェルグ(=ドワーフ)とほぼイコールに見なされている。和訳された北欧神話ではまとめて「こびと」となっている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ソードワールドのダークエルフとは何の関係もないが、ロードス島戦記の愛読者は皆ショックを受ける。 -- はげ夫
  • ダークエルフが「肌が黒い」「邪悪」というイメージになったのは、D&Dが元?
    • D&Dには「ダークエルフ」という種族は、特には存在していません。シャドウエルフというのならいますが。地下生活を長くしている内に光に弱くなったり、エルフなのに暗闇の中で暮らすなんて、邪悪な奴らに違いないと誤解されたりとかわいそうな人々です。肌が黒いどころかアルピノばかりでしょう。細かい設定は世界によって違いますが、こんな感じ。AD&Dにはドロウ(ダークエルフ)という邪悪な種族がいますけど。やはり日本ではロードスが起源でしょうね。長文失敬。 -- 言代主
      • 少なくとも、ロードスなんぞよりもT&Tの方がずっと古い。起源はしらん。 -- ピコ 2007-11-22 (木) 01:57:47
      • よくよく考えてみると北欧神話じゃドワーフ=黒小人(ブラックエルフ)なんだよねえ・・・するとT&Tにドワーフとダークエルフの両方が出てくるのもおかしいと言えばおかしいんだが。 -- 2007-11-25 (日) 00:20:51
      • 邪悪だなんて、むしろ狂気に走った光のエルフの被害者なのに・・・(´;ω;`) -- 2013-02-16 (土) 13:30:48
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』「ナルン・イ・ヒーン・フーリン」でミームが用いた名。ただしこの語に灰色エルフは含まない
*2 シルマリルの物語』「第十三章 ノルドール族の中つ国帰還のこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-28 (土) 23:56:10 (996d)