旧版

概要

カテゴリー書籍・資料等

解説

指輪物語

1972~1975年にかけてハードカバー版が、1977年に文庫版が出版された、最初の日本語版『指輪物語』。全6巻で、『旅の仲間』『二つの塔』『王の帰還』がそれぞれ2冊の上下巻になっている。
ハードカバー版は赤皮風の表紙になっていた。文庫版は最初トールキン直筆のイラストが表紙に使われていたが、ラルフ・バクシによる『ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語』公開にあわせて、映画ポスターのイラストに変更された。
追補編はハードカバー版、文庫版共に『王の帰還』巻末に収録されているが、D項は一部のみが収録され、E項、F項は省略されている。

固有名詞が膨大なこの作品では致し方ないことだが、旧版では一部の固有名詞の片仮名表記が統一されていない。この点やそのほかの誤訳などが新版で修正された。代表的な訳の修正については新版の項目を参照。

旧版文庫版の表紙は後期では、ラルフ・バクシ版の映画『ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語』のポスターと同じ表紙イラストが使われている。

シルマリルの物語

1981年から1982年にかけて出版された、最初の日本語版『シルマリルの物語』。上下巻に分けて発売されていた。新版では一冊に纏められている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 古本屋をめぐって白い表紙の旧版文庫本をそろえました -- 2015-11-27 (金) 21:15:48
  • ハードカバー版では文庫版と訳文が違っているところがあります。いちばん目立ったのがガラドリエルの「わらわは試験に通りましたね」 -- 2017-10-07 (土) 11:48:38
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-07 (土) 11:48:38 (351d)