新版

概要

カテゴリー書籍・資料等

解説

新版 指輪物語

1992年に出版された版の指輪物語。現在出版されているのはこちらである。文庫版・愛蔵版・カラー愛蔵版の三種類がある。
文庫版は全9巻(『旅の仲間』4巻、『二つの塔』3巻、『王の帰還』2巻)、愛蔵版は全7巻(各部上下巻の2巻ずつに追補編1巻)、カラー愛蔵版は全3巻(各部1巻ずつ)。文庫版では追補編が省略されていたが、後に出版されたことにより文庫版は全10巻となった。カラー愛蔵版の追補編は『王の帰還』巻末に収録されている。

元々はイギリスからトールキン生誕100周年にあわせて出版されたもので、表紙画がアラン・リーのイラストになった。また文庫版・愛蔵版では寺島龍一氏の挿絵はそのままだが、カラー愛蔵版では寺島龍一氏の挿絵に代わり、アラン・リーのカラーイラストが挿絵として収録された。
また旧版にあった誤訳や固有名詞の不統一を修正し、固有名詞の発音を原語、エルフ語に近付けるため片仮名表記を改める試みがなされている。そのため田中明子氏の名前が、翻訳者として瀬田貞二氏と一緒に並んでいる。

修正された訳の例

旧版新版
粥村ブリー村
嬉し野あやめ野
サルーマンサルマン
イセンガルドアイゼンガルド
エレッサル、エレサールエレスサール
デュネダインドゥネダイン
メロンメルロン
アンデュリルアンドゥリル
辺境国マーク

新版 シルマリルの物語

シルマリルの物語』も、2003年に新版が日本で出版された。こちらは上下別巻だったものが一冊に纏められた。また新版では原書のSecond Editionを底本にしており、冒頭にトールキンの手紙が入っているほか、クリストファー・トールキンによる修正が入っている。
また日本語版では、エルフ語の片仮名表記も改められた。特に旧版において「フェアノオル」「メルコオル」など長音記号を使わなかった表記が、新版では「フェアノール」「メルコール」などと、長音記号を使うように修正されている。また新版『指輪物語』に登場している単語の一部も表記が改められている。

新版『指輪物語』より変更された訳の例

旧版新版
ドゥネダインドゥーネダイン
ヌメノールヌーメノール
ナズグルナズグール
節士忠実なる者

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • カラー愛蔵版は、空の下なるエルフの王に、愛蔵版は、岩の館(やかた)のドワーフの君に、文庫版は、死すべき運命(さだめ)の人の子に・・・・ -- A3
  • 今回の映画化を機に原作を購入した人も多いが、上記理由で文庫版9冊+愛蔵版1冊と購入した人が、私の周りだけでも2人いる。2003年春以降なら「文庫版10冊で済む可能性があった」ことを指摘してあげたら、随分口惜しがっていた・・・でも、折角なら愛蔵版で揃えた方が・・・ -- A3
  • 文庫版の厚みがあまりにも不揃いで、『旅の仲間 上1』と『二つの塔 上1』の話の区切りがよくない(でも値段は全部同じ)。しかも『二つの塔 下』以降の区切りは愛蔵版と同じで分厚い。できれば愛蔵版と同じ全6巻+追補編で刊行してほしかった。 -- 2010-03-15 (月) 19:45:15
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-26 (水) 19:17:37 (1642d)