指輪所持者(ゆびわしょじしゃ)

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルRing-bearer
異訳指輪の持ち主、指輪の運び手、指輪の担い手
その他の呼び名コルマコリンドール(Cormacolindor)*1

解説

一つの指輪の重荷を引き受けた者の尊称。狭義ではフロド・バギンズを、広義ではビルボ・バギンズフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーの三人を指す。(一つの指輪を手にしたことのあるイシルドゥアデアゴルスメアゴルは除外される)

一つの指輪が破壊された後の第三紀3021年(第三紀最後の年)9月29日、指輪所持者のビルボとフロドは三つの指輪の守護者と共に灰色港からアマンへ船出し、この日をもって第三紀は終わった。
髪吉家の伝承によると、第四紀61年に最後の指輪所持者であるサムワイズも灰色港に赴き、アマンへ去ったという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ビルボには、これとは別に指輪発見者(The Ring-Finder)という呼び方もあるようだが、これは尊称かどうかは疑問。 -- A3
  • 指輪の王が滅び、第三紀が終わると共に指輪所持者たちも海を渡って中つ国を去ることになりました。一度指輪の力の恩恵を受けた者は指輪を失った世界の孤独に耐えられなかったのでしょうか?
    「私は傷ついている。傷ついて、二度と癒えることはないのだよ。」
    -- トミー
    • サムの場合は「孤独」には当てはまらないと思います。やはり世を去る前にフロドと再会したかったからではないでしょうか。 --   2010-04-25 (日) 11:41:22
  • 一つの指輪を一度に身に帯びたものが寿命によって死んだ例は観察されていない。イシルドゥア、デアゴル、スメアゴルは非業の死を遂げ、その他の指輪所持者はアマンへ旅立った。要するにこれはマイアのサウロンの手になるものなので、これを所持したものは中つ国で寿命によっては死ねないのだろう。指輪所持者のアマンへの旅はこの問題の解決のためと思われる。 -- 指輪の魔力 2008-04-22 (火) 01:39:28
    • 指輪を手放したビルボが急激に老け込んだから、寿命で死ねないとは言い切れないと思います。イシルドゥア・デアゴル・スメアゴルは、その場に指輪があり、指輪の闇が直接的に手を下した死に方です。指輪が無くなった後に元所持者が皆非業の死を遂げるとは考えにくいです。サムも平和に年を重ねていきましたし。 -- 2008-04-29 (火) 17:43:05
      • 指輪に触れた時点で「中つ国内での不死の呪い」がかけられる、と考えると納得いくかもしれません。ビルボは老け込みましたが、死んでしまったわけではありませんし。スメアゴルも手放したあとも死ななかった。中つ国内での、という限定はサウロンの力不足か、呪いの限界か。 -- 2009-03-25 (水) 17:28:11
    • サウロンごときに生死を司ることは出来ない気がする。せいぜい「薄く引き延ばす」だけ。 -- 2009-04-01 (水) 12:51:40
      • ヴァラールが人間の「死」を取りあげる権限を持たなかったのは、不可能だからというよりも、それが悪だからだと考えるべきではないかと思います。事実、サウロンや、彼の配下の妖術師達ですら、死者の霊魂を捕らえて使役したり、逆に生者に偽りの不死を与えて幽鬼にしたりと、忌むべき行為とはいえ生命の(ある程度の)操作は十分に可能なようですから。 -- 2013-03-17 (日) 01:58:47
    • 寿命で死んだ例が未確認というだけでは、寿命で死ねないという事にはなりません。 --   2010-04-25 (日) 11:35:11
    • 指輪所持者がアマンへ“去らねばならない”理由は、力の指輪の本質である「防腐処理(エンバーミング)」に関わっているのではないでしょうか。それは、寿命が云々というよりむしろ、悪に損なわれた世界である中つ国では実現することができない善なる「願望」に関わることなのではないかと。指輪所持者が去ることは、エルフ達やガンダルフ(彼の本名はオローリンで、善なる願望の実現=「準創造」を手助けするマイアです)が共に去ることと無関係ではないはず。『ニグルの木の葉』で扱われていたのと同様の命題が、指輪所持者の渡西にも通底しているように思えます。 -- 2013-03-17 (日) 02:05:44
  • 指輪拾っ太郎 -- 2012-02-05 (日) 04:01:20
    • 原語ではなんなんでしょう -- 2014-03-01 (土) 18:04:56
      • Ring-winner -- 2014-03-01 (土) 18:08:07
  • 原作にはそんなことは書かれていないけれど、一つの指輪の最後の痕跡である指輪所持者も去らせて中つ国から完全に古い世の力を無くしたかったのかなと思った。 -- 2016-04-08 (金) 01:58:27
  • キリス・ウンゴルでサムが指輪を外した後言っていた「今指輪をはめたらたちまち冥王の知るところとなるだろう」という言葉はなんなんでしょうか?さっきはめてたのは大丈夫なのか?と思ったのですが -- 2018-01-26 (金) 00:42:20
    • それまではキリス・ウンゴルの峠を越す前つまりモルドールの国境外でしたが、今やサムは峠を越えてモルドール領内に入ってしまいました。「モルドールの中で」指輪をはめればたちまちサウロンに気づかれてしまう、という意味です。(モルドールに入ったことで指輪が力を増し、もう一度サムが指輪をはめたらその所有権を主張せずにはおられないほど指輪の誘惑が強まっている、という事情もあります。そうなれば滅びの山のフロドがそうであったようにサウロンはたちまちその存在に気づくでしょう) -- 2018-01-26 (金) 01:08:43
      • そういうことでしたかありがとうございます、自分の読解力の無さが恥ずかしいです・・・ -- 2018-01-26 (金) 15:49:15
      • この箇所は手がかりになる記述が分散してますから、とっさに文意を把握できなくても仕方ない気はします。 -- 2018-01-26 (金) 23:48:47
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 クウェンヤで「指輪所持者たち(Ring-bearers)」の意。コルマルレンの野栄誉礼の歌に見える。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-26 (金) 23:48:47 (240d)