• 『The History of Middle-Earth』の第8巻についてはThe War of the Ringを参照してください。
  • ボードゲームについてはWar of the Ringを参照してください。

指輪戦争(ゆびわせんそう)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルWar of the Ring
その他の呼び名

解説

指輪物語』劇中で語られる、第三紀末の大いなる年(3018~3019年)に一つの指輪を巡って繰り広げられた一連の戦争を指す。
サウロンによるオスギリアス及び森の王国への攻撃に始まり、ホビット庄水の辺村の合戦に終わると考えられている。

参戦国、勢力

自由の民
ゴンドールローハン北方の野伏谷間の国山の下の王国森の王国ロスローリエンファンゴルンホビット庄
サウロンとその属国
モルドールドル・グルドゥアリューンハラドハンドウンバール
サルマンとその同盟者
アイゼンガルド褐色人

主な戦いの一覧

オスギリアスの攻防戦
3018年6月20日。ゴンドール軍が守備していたオスギリアスに、モルドール軍が攻撃を仕掛けた。
ナズグールに指揮されたモルドール軍が兵力の上でも圧倒的優勢であり、ボロミアおよびファラミアに指揮されたゴンドールの駐屯部隊は全滅した。辛うじてゴンドール方は唯一残っていた橋を落とし、大河アンドゥインの西岸までが敵の手に落ちるのは防いだ。だがサウロンの目的はナズグールの秘密裏の渡河、およびゴンドールの守備力を試すことであり、いずれの目的も達成された。
白の会議を攪乱するため、下記の森の王国への攻撃と同時に行われた。
森の王国への襲撃
3018年6月20日。夜間にオークの部隊がスランドゥイル森の王国を襲撃した。
オークは多勢であったが霧ふり山脈から遠征してきた者達で森林戦に慣れておらず、闇の森エルフに撃退された。だがオークの襲撃は、囚われていたゴクリの救出を目的としたもので、ゴクリは戦闘の混乱にまぎれて脱走に成功した。
白の会議を攪乱するため、上記のオスギリアスへの攻撃と同時に行われた。
アイゼンの浅瀬の合戦
アイゼンの浅瀬を巡るアイゼンガルドローハンの戦い。詳細は当該項目を参照。
  • 第一の合戦
    3019年2月25日。サルマンはローハンを侵略するため半オークおよび褐色人からなる軍勢を送り出し、それを浅瀬で食い止めようとするセオドレドらの指揮するローハンの騎馬軍団との間で行われた。この戦いでセオドレドは討死した。
  • 第二の合戦
    3019年3月2日。アイゼンガルドの大軍勢が、浅瀬で持ちこたえていたエルフヘルムグリムボルドらを攻撃し、敗走させた。
角笛城の合戦
3019年3月3日。ヘルム峡谷におけるアイゼンガルドローハンの戦い。詳細は当該項目を参照。
アイゼンの浅瀬を越えて進軍してきたサルマンオーク半オークおよび褐色人の軍勢に対し、セオデンの率いるローハン軍が角笛城に拠って抵抗した。アイゼンガルド方は一時はによって峡谷の防壁を吹き飛ばして攻め入るなど善戦したが、夜明けとともにガンダルフに連れられたエルケンブランドらの援軍が到達し、一転してローハン方の勝利に終わった。褐色人は降伏し、逃走したオークはフオルンの森によって殲滅された。
アイゼンガルドの陥落
3019年3月2日および3日。木の鬚を筆頭としたエントおよびフオルンの大群が、ローハン侵攻に軍勢を送り出して空になっていたアイゼンガルドを攻撃し、これを破壊した。
アイゼンガルドはエントの引き入れた水によって水没したが、サルマンの籠るオルサンクの塔だけはエントでも破壊することができなかった。
大河の攻防
3019年3月10日から13日にかけて。再びモルドールより大軍が送り出され、ゴンドール軍が駐屯していたオスギリアス西岸、およびカイア・アンドロスを奪い大河アンドゥインの通行権を奪取した。イシリアンで抵抗を続けていたファラミア彼の野伏は撤退を余儀なくされた。
その後大河の通行権を取り戻すべく、デネソールの命により再度ファラミアが派遣されたが再び敗れ、退却時にファラミアは瀕死の重傷を負った。
ペレンノール野の合戦
3019年3月13日から15日にかけて。大河の通行権を得たモルドール軍およびその同盟軍がペレンノールへ侵入し、ミナス・ティリスを包囲攻撃した。詳細は当該項目を参照。
15日未明に魔王によって大門が破られるなどゴンドール方が劣勢だったが、同日夜明けにローハンの援軍が到着して魔王は斃され、さらにアラゴルン二世に率いられた援軍も到着し、モルドール軍は打ち破られた。この戦いで自由の民側はセオデンデネソールをはじめ多くの者が命を落とした。
ロスロリアンの攻防
3019年3月11日および15日および22日。ロスロリアンドル・グルドゥアより三度攻撃を受けたが、いずれの攻撃も撃退した。
闇の森樹下の合戦
3019年3月15日。森の王国ドル・グルドゥアより攻撃を受けたが、これを撃退した。詳細は当該項目を参照。
谷間の国の合戦
3019年3月17日から27日にかけて。長い間谷間の国の東部を脅かしていた、モルドールの同盟軍の東夷カルネンを渡河し、攻撃してくる。詳細は当該項目を参照。
谷間の国の王ブランド山の下の王ダイン二世に救援を求め、同盟を結んで抵抗した。この戦いでエレボールの麓が戦場となり、ブランドおよびダイン二世が討死してエレボールの麓は席巻される。だが谷間の国の人間と、エレボールのドワーフの生き残りは、エレボール内に籠城して抵抗した。その後、サウロン敗北の知らせが届くと東夷は動揺し、エレボール内の軍勢は打って出て、敵を駆逐した。
黒門の戦い
3019年3月24日から25日。アラゴルン二世ら率いる西軍モルドールの最後の戦い。詳細は当該項目を参照。
西軍ミナス・ティリスより出陣して北上し、途中モルグル谷の橋を破壊して黒門へ到達した。そこで両軍は使者を立てて交渉したものの決裂。西軍燃えかすの山に陣取り、圧倒的多数のモルドール軍と戦った。戦いの最中指輪所持者の任務が達成され、サウロンは滅び、モルドールとその同盟者は総崩れとなって西軍の勝利に終わった。
ドル・グルドゥアの破壊
3019年3月28日。ケレボルン率いるロスローリエンの軍勢がドル・グルドゥアを陥落させ、ガラドリエルが要塞を破壊した。
水の辺村の合戦
3019年11月2日から3日。指輪戦争の中で、ホビット庄で行われた唯一の戦い。旅人たちの指揮の下、ホビット庄に浸透していたシャーキーことサルマンが送り込んだごろつき?がホビット庄民によって駆逐される。詳細は当該項目を参照。
フロドを殺そうとしたサルマンは、フロドに赦されて追放されるだけに終わろうとしたが、激昂したグリマに刺殺され、そのグリマもホビットによって射殺される。
この戦いをもって指輪戦争は終結した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • かなり大掛かりな戦争だと思う。指輪の世界は人口が少ないと思われるが、人口に対しての兵の数は半端じゃないと思う。特にオークなんか、種族全体で戦争に参加してるだろうし -- ひあごん
    • 南方国、東方国からエリアドール一帯に攻撃をかける。おそらくドル・グルデュアと北方のグンダバードからの軍がエレボールを攻撃。 -- 2010-12-07 (火) 00:00:24
    • 南方国、東夷軍をミナス・ティリス攻撃に投入したが敗北。この時点でモルドール内にさらに多数のオーク軍がいた。ハラド人と東夷をミナス=ティリス攻略の捨石とし、勝ったら主力のオーク軍を北上させロスロリエンを攻撃する予定だったのだろうか -- 2010-12-07 (火) 00:08:48
  • この戦争で人間は何度も危機に瀕していた。オークはどこからとも無く沸いてきていた -- うるふぁんぐ
    • オークってエルフを堕落させてできた生き物なんですよね?・・・てことは西方に去るエルフを少々拉致ったりして・・・w
      • どう考えてもエルフだけでは数が足りないので、別の殖やす方法もあるのでは?
  • オーク自体にも繁殖能力はあります。っていうかサウロン自身は品種改良はできても、エルフを捕らえてオークに捻じ曲げる事は出来ないかと。
    • 繁殖能力があるということはオークにも♂♀あるのでしょうか・・・♀のオーク・・・う゛ーん゛ -- 流衣
      • つドワーフ
  • ビヨルン一党は参戦しなかったんだろうか?したとすればロリアンと森の王国の軍勢と共にドル・グルドゥアを攻撃してそう。で、ドル・グルドゥア破壊に熊に変身した時の彼らの力が使われる。 -- ホビット 2008-12-29 (月) 13:13:45
    • 谷間の国と山の下の王国の連合軍に参加したと思いたい。 -- 2010-03-12 (金) 16:56:20
    • ビヨルンの子孫には悪い人もいたそうなので、あまり当てにできなかったのかも -- 2010-12-07 (火) 00:10:08
  • ドワーフの様にオークは♀と♂の区別が付きにくいのでは... -- sauron 2010-03-13 (土) 20:39:41
  • この戦いの凄いところは、フロドとサムの動き関係なしにもサウロンを敗北寸前までもっていってるとこ。本来の話では、モルドールには勝てっこない→一つの指輪を破壊するしかないって流れだったはず。でも角笛城・ペレンノールと勝ち続け、ついには黒門まで攻め上っている。 -- 2014-06-18 (水) 00:01:47
    • あのー、黒門まで攻め上ってるとはいえ、あれは陽動作戦に過ぎず、フロドとサムが指輪の破棄を成功させていなければ自由の民が負けていたんですが。-- 2014-06-18 (水) 02:06:35
    • ペレンノールで勝ったものの西軍の残存兵力は陽動に7000、ゴンドールの守りに3000くらいだったか。対してモルドールは未だ数万単位の兵を擁している。結局一時的に凌げただけであってジリ貧だよな。黒門出立前にイムラヒルだったかが、こんな戦力じゃとてもじゃないけど勝てねーよみたいなこと言ってたし。 -- 2014-06-18 (水) 02:17:25
    • そもそも西軍が黒門まで辿りつけた事自体、サウロンが彼らを罠にかけるためにわざと北上を見逃したからですしね。サウロンがその気になれば西軍は黒門に辿りつくことすら難しかったでしょうし、もし万に一つの幸運で黒門を陥とせたとしてもモルドールにはバラド・ドゥアをはじめまだまだ無数の拠点があるわけですから、サウロンを倒すのは夢のまた夢だったでしょう。 -- 2014-06-18 (水) 13:16:13
      • まだ10倍以上は兵がいたはずだから、モルドール軍は10万は多分いるだろうね。モルドール側はその気になればもう一度ペレンノール野の戦いを出来そうだ。 -- 2014-06-18 (水) 22:42:47
      • サウロンはモルド-ルからフロドはサウロンの指輪を火の中に捨てろってサムはフロドのために -- 2015-02-14 (土) 21:14:00
      • 罠にかける、といった能動的な動機ではなく、相手が何を狙っているのか計りかねていたのではないでしょうかね。普通に考えればどうやったって勝ち目がないにもかかわらず進撃をしてくる意図を掴みかねていた。そうやってサウロンの目を引き付けておくこと自体が狙いとは思いもしなかったでしょうね。そのためだけにわが身を捨てるとは -- 2015-02-14 (土) 21:54:32
    • 映画ではガンダルフが「モルドールにはまだ一万のオークがおる」とか言ってたけど、あれはおかしいってことですか? -- 2014-06-20 (金) 12:33:35
      • あれは正確にカウントしたわけではなくて、もののたとえでしょう。 -- 2014-06-21 (土) 02:19:56
    • サウロンが滅んだ後、多数居たサウロン軍の配下はどうなったのでしょうか。統率者を失い離散して、その後駆逐されたのでしょうか(それにしても不利な気がしますが)。 -- 2015-03-24 (火) 09:29:14
  • 仮に自由の民が冥王軍に滅ぼされたとしたら、やっぱり東夷やハラドもそのうちサウロンに攻め込まれるんですかね。一応人間ですので。 -- 2014-06-18 (水) 21:58:32
    • いえ、サウロンは元主のモルゴスとは違い、人間の生存権を認めています。自分に歯向かわず大人しく服従している限り、特に手出しはしないでしょう。 -- 2014-06-18 (水) 22:39:20
      • 穏健派……なのか?サウロンなりの妥協点かね -- 2014-06-19 (木) 01:39:22
      • とはいえそれも指輪戦争当時のことで、対抗勢力をすべて倒し、西方からの介入もなければ、やがてはモルゴスと同じ狂気に陥ったと思われます。アルダは彼の思い通りにはなりませんから、彼は統治の失敗を配下の無能のせいにして憎悪するようになるでしょう。あるいは「改良」を繰り返して、最後にはオログ=ハイのように彼の意思を代行して動くだけの機械のような住人ばかりになってしまうか。 -- 2014-06-19 (木) 11:34:02
      • んーどうだろう。アルダを思い通りにできず、狂気に陥っていったのがモルゴスだけど、サウロン自身はアルダを思い通りにしたいとまでは思ってないのでは。というか、彼にはそこまでの力はないし、彼自身もそれが出来ないことはわかっているはず。創世の音楽については元主よりもよく知っているようだし。 -- 2014-06-19 (木) 11:44:07
      • ただサウロンもモルゴスの影響下にあるわけで、いつか戻ってくる(と信じている)主のためにアルダをひっくり返すような下準備を怠らない気もしますな。サウロンがモルゴスをどう思ってるかにもよるでしょうが。 -- 2014-06-19 (木) 12:35:17
      • 一つの指輪手に入れたガンダルフおじーちゃんが冥王になったら、サウロンよりも悪質で酷いものになるよ!って教授がお手紙に書いてたらしいから、サウロンは(治世に失敗したとしても)モルゴスほど酷くはならないんじゃない?モルゴスの治世を一番ひどいものと考えるなら、の話だけど。 -- 2014-06-19 (木) 13:01:48
      • ↑↑↑サウロンの意図は「アルダの組織化に失敗したヴァラールやメルコールに代わって、自分が(自由の民を動員して)それを成し遂げること」だと思われます。主人より音楽について知っている、というのは、自分の歌にのみ固執したメルコールに対して、サウロンは一応は歌のグランドプランに注意を払ってそれを実現しようという意志があることと、そのためには自由の民の存在が不可欠であることを認識している、という意味かと。
        ただ問題なのは、そのグランドプランはあくまでサウロンなりに理解した独善的・機械秩序的なものであるという目的の曲解と、自由の民を自分に隷属させてそれを実行しよう手段の悪質さがあるので、結末は酷いものになるだろうということです。失敗して自暴自棄になってモルゴスと同じ狂気に陥るか、それとも理想とは程遠い世界を成功だと思い込むか……。 -- 2014-06-19 (木) 15:05:32
      • 個人的には後者の方が有り得そうに思えますね。秘密警察のようなものが跋扈し、アルダの住民達が相互に監視し合うような、自由な意志が許されないディストピア的社会を作り上げて、一人満足してそうな気がします。狂気にかられて虚無主義に走り、破壊行動に移るサウロンというのは某所を見てもちょっと想像し難いです。モルゴスとはだいぶ性質が違うようにも見えますし。 -- 2014-06-19 (木) 16:42:50
  • ホビット三部作を見たあとだと、またエレボールが戦いに巻き込まれるのが悲しいな。 -- 2014-12-28 (日) 23:17:48
  • 各国の指導者が軒並み死亡してる件 -- 2015-03-23 (月) 19:38:55
    • そもそも中つ国の歴史では、戦争になるとほぼ確実に大将同士の直接対決が発生しているんですよね。そりゃどちらかは死ぬ… -- 2015-03-24 (火) 01:43:23
    • デネソール(ゴンドール)、セオデン(ローハン)、サウロン(モルドール)、サルマン(アイゼンガルド)、ブランド(谷間の国)、ダイン(エレボール)。敵味方かかわらずこれほどのリーダーが死んでますからね。エレスサール王も中つ国の秩序を回復するのはさぞ骨が折れたことでしょう・・ -- 2015-03-24 (火) 07:27:47
  • 指輪物語で発生した合戦は基本昔からオークの数が多すぎるよな。 -- 2016-01-03 (日) 21:37:09
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-09 (土) 11:20:30 (260d)