(わす)れじ(ぐさ)

概要

カテゴリー植物
スペルevermind
その他の呼び名シンベルミネ(simbelmynë)、ウイロス(uilos)、アルフィリン(alfirin)

解説

ローハン語ではシンベルミネエルフ語ではウイロスもしくはアルフィリン。
エドラスの麓にある、ローハン代々の王の塚山のそばに、一年中四季を通じて咲く白い花。

城壁に囲まれた丘の麓で、道はたくさんの高い緑の塚山の影の下を通っていました。それらの塚山はどれも西側が雪の吹きだまりのように白くなっていました。小さな花が無数の星のように芝草の間から咲き出ているためでした。
「ご覧!」と、ガンダルフがいいました。「明るい瞳のように芝に咲く花のなんと美しいことじゃろう!」*1

勿忘草(ワスレナグサ)の事とも思えるが、勿忘草は英語では普通Forget-me-notと書く。また勿忘草の自然種の花は空色で、白は園芸品種の勿忘草の色である。勿忘草の花言葉はそのまま「私を忘れないで」。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるローハンの王の塚山とシンベルミネ

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この花って、もしやエーデルワイス? -- 2011-08-31 (水) 00:28:29
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 二つの塔 上』「六 黄金館の王」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-29 (土) 20:28:54 (906d)