庄察(しょうさつ)

概要

カテゴリー役職・組織・団体
スペルShirriff*1
その他の呼び名

解説

ホビット庄における警察官のような役職。制服はなく、帽子に羽根を付けて目印としていた。庄内の勤務に就く者と、庄境の勤務に就く張りこみ(Bounder)の二種類がある。
前者の庄内勤務者は、各四が一の庄に三人、合計一二人しかおらず、実質は単なる家畜番だった。
後者の張りこみは、よそ者がホビット庄にやってきて面倒を起こすのを防ぐしめはり(beat the bounds)が仕事で、状況によって人数は調整されていた。指輪戦争が近づいていた第三紀末には、よそ者が来たという報告などが多く上がっていたため、張りこみの人数はかなり増強されていた。

第三紀3018年には、ホビット庄にやって来たサルマン配下のごろつき達により、庄察長(First Shirriff)である庄長小足家のウィルが投獄された。すると翌3019年の新年早々に、ごろつき達の力を背景にロソ・サックビル=バギンズが庄察頭(Chief Shirriff)または単にお頭(Chief)を自称し、庄察を支配の道具として利用し始めた。庄察は数百人規模に拡大し、各地に庄察署(Shirriff-house)が建てられ、庄察隊が駐在するようになった*2。この庄察隊の任務は、お頭が決めた様々な規則の違反者を取り締まることだった。
庄察隊のホビットのほとんどは業務に消極的だったが、中には庄察の権力を笠に着たり、お頭やごろつき達に取り入るために彼らの密偵となる者もいた。また旅人たちによって水の辺村の住民が蜂起すると、彼らを「護送」していた庄察隊の多くが叛乱に加わったが、一部は逃亡した。

サルマンとごろつき達が倒された後、庄長ウィルの代行である助役となったフロド・バギンズは、庄察を本来の規模と体制に戻した(助役の権限を行使したのはこの時のみ)。各地の庄察署は解体され、庄察署を建てるのに使われていた煉瓦は、荒らされたホビット庄の復興の建築資材に流用された。

コメント

コメントはありません。 Comments/庄察?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 英語のsheriffに由来する
*2 例えば小穴家のこまどり蛙村の東四が一の庄第一中隊(First Eastfarthing Troop)に所属していた

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-02 (土) 00:30:48 (1026d)