(しょう)ドワーフ

概要

カテゴリー種族
スペルPetty-dwarf*1
その他の呼び名ノイギス・ニビン(Noegyth Nibin)、ニビン=ノグリム(Nibin-Nogrim)、ニビン=ノイグ(Nibin-Noeg)

解説

シンダール語ノイギス・ニビンの訳。『終わらざりし物語』では、シンダール語の別の呼び名としてニビン=ノグリム、ニビン=ノイグが言及されている。
星々の時代に「東の大きな都市」から追放されたドワーフ族の末裔。西へ放浪してベレリアンドに入ったが、身長も技術も退化していき、隠れ潜んで暮らすようになった。

小ドワーフは自分の一族以外は愛さず、オークを憎むのに劣らずエルフを、わけても自分たちの家と土地を奪ったという理由でノルドールを憎んでいた。
かつてシンダールからは動物の一種だと思われており、狩り立てられて殺されることもあった*2ノグロドベレグオストドワーフがやって来てエルフと交流を持つようになると、その素性も知られたが、同時に相手にもされなくなった。

後にナルゴスロンドが築かれる洞窟はもともと小ドワーフが開拓し住んでいたものだが、そこを追われた後はアモン・ルーズを最後の住居としていた。だが数を減らしてゆき、ミームイブンキームの親子を最後に第一紀で絶滅した。

そしてミームは、ドワーフの年齢からいってももう老齢であった。年を取り、忘れられた存在であった。かれらの館では、鍛冶工たちは怠惰で斧は錆び、かれらの名前は、ドリアスとナルゴスロンドの古い物語の中に記憶されているに過ぎなかった。*3

文化

ヌルッキズディーン (Nulukkizdîn)
後にナルゴスロンドとなる洞窟を指す小ドワーフの言葉だが、意味は不明。フィンロドがここを自らの居館に定めて開拓を始めると、先にここに住んでいた小ドワーフは追い散らされた。
シャルブフンド (Sharbhund)
小ドワーフの言葉でアモン・ルーズのことを指すが、意味は不明。頂上付近に小ドワーフの岩屋が穿たれていたが、ミームは自らの身代にここをガウアワイスに明け渡した(バル=エン=ダンウェズ)。
大地のパン (earth-bread)
小ドワーフが食糧にしている荒れ地の根くず。小ドワーフの言葉による呼び名もあるようだが、ミームは明かさなかった。

Iron Crown Enterprisesによる設定

外見

ホビットと同じ位の背丈しかないが、頭はそれよりも大きく不格好。姿勢は曲がり、手足は節くれだって捻じれている。わずかばかりの鬚は土や埃、食物の根くずがこびり付いて汚れている。

歴史

トールキンの資料では語られていない、彼らの起源やその後について語られている。

星々の時代モルゴスが解放されるよりも昔、トゥムンザハールのドワーフたちは内紛に陥った。その発端となったのは、剛拳のブロール(Bror Grimfist)だった。彼の祖父フロールン(Frorn)は、多くの恐るべき獣を狩った者として名声を得ていた。その戦鎚モルセレグ(Morsereg)は偉大なる戦士の証として、息子のズリム(Zrim)に受け継がれた。ブロールはこれを大いに欲したが、その所有権は叔父の死後、賢者である兄ブローリン(Brorin)に移った。ブロールはブローリンが鎚を受け継ぐ器に相応しくないと、再三に渡って自分に譲るように要求したが、兄は頑なにそれを拒んだ。ブローニンは恨み言を呟き続ける弟を平手打ちにし、頭から流血させた。それを見たブロールは激昂し、兄を殴り殺してしまった。

怒りと悲嘆にくれながら、ブロールはノグロドから追放された。妹の子オルン(Orn)、ゾルン(Zorn)、フォーリ(Foli)が彼に付き従った。彼の同志であったキーム(Khim)、ズロール(Zror)、イビール(Ibir)も共に去った。彼らのうちでもっとも哀れなのが、末の姪シースト(Thist)であった。彼らは何か月もの間、住処を求めて荒れ地を彷徨った。そしてある冬の日、が西方の地平線から射した日に、リングウィル川とナログ川の合流する地に仮住まいを築いた。それから間もなく、シーストは洞窟の入り口を発見した。内部は大理石や宝石などの壁や柱が複雑に入り組んでおり、住居とするのに最適な壮大な空間が広がっていた。彼らはそこで放浪をやめ、ヌルッキズディーンの掘削を始めた。

ブロールの一族はしばらくの間は栄え、噂を聞きつけた他の追放されたドワーフが洞窟に集まるようになった。だが次第に、彼らの元には星の如き瞳を持つ、弓の扱いに長けた背が高い民の噂がもたらされるようになった。ベレリアンドに進出してきたエルフたちは、小さく醜い彼らを動物の一種と思うだけでなく、こそこそと隠れ潜む姿からオークの仲間かもしれないと警戒心も抱いていた。災いの種を取り除こうと、彼らは手当たり次第に小ドワーフを狩った。ノグロドとベレグオストの正式な使者がエルフの下を訪れると、彼らは過ちに気付いた。だが結局、小ドワーフはヌルッキズディーンを捨てて、より隔絶されたシャルブフンドの地下に隠れた。何者からも干渉されずただひっそりと静かに暮らすことを望んでいた彼らは数を減らし続け、何処とも無く去って行く者も少なくなかった。

ナルゴスロンドの廃墟でフーリンと対峙した時、ミームは自身を”わが同族の最後の者”と名乗った。だが実際は彼が小ドワーフの最期の者というわけではなかった。ミームと共にオークに捕らわれ、その後消息不明となった息子のイブンは、父の手引きによってバル=エン=ダンウェズが襲撃された時、荒野に身を潜めて難を逃れていた。そして、フーリンがナルゴスロンドに来る直前にミームと決別して去っていた。母方の親族を訪ねたイブンは、エリアドールに向かい、カメス・ブリン(Cameth Brin 後のルダウア)で再開した。また、そこから南に旅を続け、後のカルドランにあるラスト・ヴォルン(Rast Vorn)に辿りつき、一族の長となった。

生き残った小ドワーフたちは、氏族が反映する陰で細々と命脈を保ち、決して繁栄しなかった。どちらの一族も、第一紀と同様に貧しく卑しい存在であり続けた。

出典

  • 『Lords of Middle Earth Vol 3』

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ・・・なんで追放されたんだ? -- ホビット 2008-08-15 (金) 17:04:47
  • 彼らが追放された「東の大きなドワーフの都市」というのはカザド=ドゥームでしょうか? -- 2009-06-20 (土) 04:59:05
  • トゥーリンをオークに売った卑劣なドワーフ・・ここからトゥーリンの悲しい物語が始まる:( -- 2013-10-07 (月) 14:15:30
    • でもエルフによるドワーフに対する蔑視や迫害は不快な気分になる、エルフの他の種族に対する尊大な振る舞いにも問題があると思うが。 -- 2013-10-08 (火) 00:36:45
      • ミームなんかトゥーリン達に息子殺されてるしね。トゥーリンを売ったのも当然だわな。庇う理由がない。 -- 2013-10-08 (火) 01:06:19
      • 一目で人間たちを愛し友となったフィンロドですら小ドワーフには全く関心を持ってないからなあ。一族から見捨てられた者は他のコミュニティにおいても黙殺されるあたり古代社会のリアルじゃないかね。 -- 2013-10-08 (火) 08:56:04
  • ダンジョンズ&ドラゴンズでは溝ドワーフって幼児レベルの知能しかない氏族が出てくるが少ドワーフがモチーフだろうか -- 2016-05-07 (土) 10:29:13
    • どっちかというとディズニー的ドワーフ(小人)? -- 2016-05-07 (土) 22:08:35
    • 灰色ドワーフ(デュエルガー)もだろうな -- 2017-01-20 (金) 16:38:52
  • しかし狩りの対象になるというのは、人間型種族なのにあまりに悲しい… -- 2016-10-08 (土) 08:08:39
  • エルフで言うところのアヴァリ的な存在なんだろうか -- 2017-01-22 (日) 10:21:10
    • アヴァリは迫害されるわけでも、同族から蔑まれるわけでもなく暮らしていたから違うかと。 -- 2017-01-22 (日) 18:40:59
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 英語のpettyには卑小など侮蔑的な意味合いも含んでいるので、小ドワーフという日本語訳はやや不適当。
*2 ノグロドベレグオストドワーフに出会うまでベレリアンドエルフはエルフ以外の子らの存在を知らず、自分達以外は鳥獣しかいないと思っていた。『The War of the Jewels』によると、当時の小ドワーフはシンダール語で「二本足の獣」(Two-legged animals)の意味であるLevain tad-dailや、単にTad-dailと呼ばれた。
*3 シルマリルの物語』「トゥーリン・トゥランバールのこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-08 (日) 01:59:19 (316d)