太陽(たいよう)

概要

カテゴリー天文
スペルSun
その他の呼び名アノール(Anor)、アナール(Anar)、ヴァーサ(Vása)、太陽の船(Ship of the Sun)

解説

クウェンヤではヴァンヤールがつけたアナール*1ノルドールがつけたヴァーサ*2と呼ばれ、アナールのシンダール語形であるアノールの名でよく知られる。

二つの木モルゴスウンゴリアントに害された後、金の木ラウレリンが最後に生じさせた黄金の果実から作られた。
ヤヴァンナがその果実を摘み取り、マンウェが聖め、アウレとその一族が作った入れ物に収められた太陽の船は、マイエアリエンによって導かれることになった。このことはナルシリオンという歌に歌われている。
二つの木のうち、ラウレリンの方がテルペリオンより若かったのと同様、太陽はよりも若いとされ、月の後に空に昇った。

初め太陽はヴァルダ(エルベレス)によって、先に昇った月と同じくイルメンの低い領域を東西に往復するよう定められた。月が七度天空を横切って東にいる時、最初の太陽が月と同じく、西のヴァリノールから昇った。だが月を運ぶティリオンは進路や速度が定まらず、太陽を運ぶアリエンに引き寄せられる傾向があったため、ヴァルダは両者の運行を変更し、太陽と月は入れ替わる形で東から昇って西に沈み、西から東への移動は大地の下を通るようにした。
月はその後も運行が定まらない傾向が続いたため、太陽と月の出現以降、アルダでは太陽の運行に基づいて日が定められ、太陽年による暦が用いられるようになった。

太陽が最初に昇った時、ヒルドーリエン人間が目覚めたため、人間は太陽の子とも呼ばれる。エダインが西を目指したのも、一つにはそれが最初に太陽の昇った方角だったことに因る。
太陽はモルゴスと彼の奴隷たちが最も恐れ忌み嫌う光であり(オークトロルが好例)、冥王は陽光を遮る為に黒雲や噴煙を用いた。

だが同時に太陽の光はウンゴリアントの毒によって損なわれた二本の木から生じた不完全な光でもあり、それに照らされる中つ国にあってはいかなるものも生者必滅のならいを免れえず、速やかに過ぎ去る時の中にあって、上古より続く多くのものは衰え失われていくことにもなった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • アルダの東の果てには太陽の国という場所がある。 -- ホビット 2008-08-15 (金) 13:35:42
    • 太陽の国……日出づる国の天子……豊葦原の中つ国…… -- 2008-11-18 (火) 09:06:55
      • 豊葦原の中つ国=日本。ちなみにヌメノール人の船乗りで、この国の門(朝の門)を望み見た者がいたようです。 -- ホビット 2008-12-07 (日) 13:59:05
      • 大陸の形がアマンと対になって南北に長いのを見ると、むしろアメリカ大陸ですかね。朝の門は、西にある夜の扉と対になって太陽が通行するもののようですね。 -- 2012-03-16 (金) 16:14:46
  • 今日はエアレンディルが太陽面を通過します。次に見れるのは105年後だと言うから、まさに世紀の天文ショーです。 -- 2012-06-06 (水) 08:16:22
  • もう聖書の世界だなw -- 2013-10-22 (火) 15:07:09
  • 太陽の光を浴びると気持ちが落ち着く、活力が沸いて来るのは、エル、ヴァラの被造物の証し。 反対にモルゴスに捻じ曲げられた者は、命を失うか、忌み嫌い、ファビょらせる。 中つ国に太陽が昇るきっかけは、モルゴスのおかげとは皮肉な話。 -- 2015-12-16 (水) 15:17:45
    • しかし、太陽の光を浴び続けると健康に悪いし、シミの原因になる。 ウンゴリアントの毒が混じっているからか? -- 2017-07-15 (土) 19:36:42
    • モルゴスの被造物は白地に赤の点に放物線を描いた物を見ただけで、冷静では、いられませんからね。 魔除けにはちょうどいいかも。 -- 2017-08-16 (水) 01:01:21
      • なら、オークの戦闘する時は、それを旗に掲げるべきだね☀ -- 2017-09-25 (月) 05:55:31
      • かえって、発狂して手が付けられなくなったりして。 やつらにとって戦犯旗みたいなモノだし。 -- 2017-12-29 (金) 14:06:38
    • 今朝、初日の出を見てきたけど、立ち上る旭日を見ると清々しさ、神々しさを感じた🌅 -- 2018-01-01 (月) 13:55:05
      • 何を今更 -- 2018-01-04 (木) 11:53:01
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 「金色の火(the Fire-golden)」の意。
*2 「焼き尽くすもの(the Consumer)」の意。この名は「目覚めさせ、燃え尽きさせる火の核(the Heart of Fire, that awakens and consumes)」と捉えられた。人間の目覚めと、エルフの衰退を象徴する印だったからである。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-04 (木) 11:53:02 (112d)