(はん)エルフ

概要

カテゴリー種族
スペルHalf-elven, Halfelven
その他の呼び名ペレジル(Peredhil)*1

解説

シンダール語ペレジルの訳語。エルフ人間の間に生まれ、そのいずれの種族に属するかの選択をヴァラールより与えられた者達。エアレンディルエルウィングエルロンドエルロスの親子4人を指す。エルロンドの子供達であるエルラダンエルロヒアアルウェンもこれに準じるものとして扱われることがある。
かれら半エルフは、エルフのエルダール三氏族(ヴァンヤールノルドールテレリ)および人間のエダイン三家(ベオルの族ハレスの族ハドルの族)の血を全て引いており、さらにメリアンを通じてマイアールの血をも受け継いでいた。

第二紀以降は、エルロンドとエルロスの中にのみ、第一紀におけるエダインの英雄的な首長たちの血脈が保たれていた。ギル=ガラドの没後は上のエルフの王たちの血筋も、中つ国ではただこの2人の子孫たちによってのみ継承された。

第三紀中つ国が舞台の『ホビットの冒険』『指輪物語』では、もっぱらエルロンドの別称として使われている。

歴史

エアレンディルエルウィングシルマリルの光に助けられてヴァリノール隠しを突破し、アマンに到達して自由の民の窮状をヴァラールに訴えかけた。
アマンの地に足をつけることは、定命の者には許されていないことであった。そのためマンドスは二人の罪を糾弾しようとしたが、ウルモは二人を弁護し、エルフ人間の血を等しく引くかれらは定命の者とは言い切れないと指摘する。そこでマンウェは、二人が中つ国の民のために危険を承知でアマンに上陸したことを重視して、かれらにエルフ人間いずれの種族に属する者として裁かれたいか選択を与えることにした。いずれの種族に属するかという選択は、中つ国に留まっていた二人の息子エルロンドエルロスにも与えられた。

エルフの運命を選べば世界の終末まで世界の圏内に留まり続けることになり、人間の運命を選べばやがて世界の圏外へ旅立つことになる。このため、運命の選択は一方の種族の許に永遠に迎え入れられることを意味すると同時に、もう一方の種族の許には永遠に戻れなくなることを意味していた。

エルウィングはエルフの運命を選び、選択を妻に委ねたエアレンディルもエルフの運命となった。このため二人はアマンに足を踏み入れたまま、同胞の留まる中つ国の地には二度と戻らなかった。
かれらの息子であるエルロンドもエルフの運命を選ぶ。エルロンドは第二紀以後も中つ国に残留したエルダールの間で暮らし、かれらと運命を共にした。
だが、もう一人の息子であるエルロスは人間の運命を選んだ。エルロスは怒りの戦いを生き残ったエダインを率い、エアレンディルの星に導かれてヴァラールからの賜物の地であるヌーメノールに到着し、ヌーメノール人(ドゥーネダイン)の最初の王となった(エルロス・タル=ミンヤトゥア)。エルロスは500歳まで生き、人間として死んだ。エルロスの子孫も皆人間であった。

エルロンドの子供たちには、また違った運命と選択が与えられていた。かれらはエルロンドが中つ国に留まっている限りは、エルフの運命に準じていた。そしてエルロンドがアマンへ去る時に同行すれば、そのままエルフとしてアマンで生き続けることになる。しかし父に同行せず中つ国に留まり続けることを選べば、人間の運命に組み込まれることになっていた。

かくして、エルフアイヌアの血はドゥーネダイン王朝の中に脈々と受け継がれ、その遠い末裔であるアラゴルン二世と、エルロンドの娘アルウェンの結婚によって、後の世の人間達の内にも伝えられていくこととなった。

その他の混血例

ベレンルーシエンの息子ディオルは、シンゴルの跡継ぎとなったためもあり、半エルフとは呼ばれていない。イムラゾールミスレルラスのように、他にも人間とエルフの血が交わった例はあるが、彼らの子孫も半エルフとは呼ばれていない。
かれらの運命がどのように定められていたのかは不明。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • とはいっても、人間の生を選んだエルロスは、500歳まで(選択した時点からは442年間くらい)生きたのだから、エルフの生(永遠)に比べれば短いかもしれないけど、相当長いような気もする。 -- カイト
  • 人間とエルフ、どっちになるかという選択はどの時点で成されるのでしょうか?成人になる時期とか?決めずにズルズルいくと、どっちつかずの中途半端なままで生きていくということに・・・? -- ボリーの用心棒
  • エルフと人間の混血と言う点では、ディオルも半エルフなんだがなぁ… -- 2008-06-23 (月) 03:28:05
    • あとガラドール、ギルミス。一応エルダリオンも。 -- ホビット 2009-01-01 (木) 12:34:10
      • 誕生時点で両親が何者であったか、という点が半エルフの定義なのでしょう。エアレンディル親子の4人は、誕生時に両親がエルフ×人間、もしくは半エルフ同士であり、それ故に、その子供をエルフとするか人間とするかヴァラールですら判断できなかった、と。ディオルは誕生時点で両親が人間の運命にあったので恐らく人間の運命にあったと推測します。また、エアレンディル一家の運命の選択以後はエルダールが人間と結婚する際は自動的にエルダールの運命を喪失して人間になるよう制度が作られて、半エルフの誕生は、以後なくなったのではないかと。 -- 2009-01-03 (土) 12:20:37
      • 運命を分けるのは、どちらを同胞とするか、という帰属ではないかと思われます。ペレジル四人の例を見ても、またエルロンドの子らの例を見ても、選択の要点になっているのは「どちらの同胞の許に身を置くか(あるいは置けないか)」です。エルフを選んだ者はアマンを永住の地として中つ国にはもはや戻れず、人間を選んだ者はアマンに渡ることは許されませんでした。第四紀の中つ国は完全に人間の世となるため、エルロンドの子らは西へ去るのでなければ必然的に人間の中に身を置く=人間の運命に準ずることとなったのでしょう。
        そう考えると、ディオルやガラドール、ギルミスがどちらであったのかも判然とするように思います。ディオルはトル・ガレンの父母の許を辞してドリアスに赴き「エルヒール」(シンゴルの世継)としてエルフの同族の許に身を置くことを選びました。つまりこれが同時に運命の選択でもあり、彼はエルフの運命となったのだと思います。ガラドールとギルミスは、エルフたる母と共に西方へは渡らず、父方の一族の許に身を置きました。それゆえ二人は人間となり、その子孫たるドル・アムロス大公家もまた人間となったのでしょう。 -- 2015-01-25 (日) 01:12:37
    • 彼が始まりの半エルフなのにいまいち影が薄い(苦笑) -- 2015-01-24 (土) 19:18:54
  • 半エルフだから選択肢が与えられるというよりは、エアレンディルの処遇に困ったヴァラールが選択肢を与えて子孫にそれが継承されているというのが正確なところだと思います。 -- 2008-06-23 (月) 18:02:11
  • D&Dでは〈ハーフ・エルフ〉と言う種族が出てくる。D&Dでの設定ではエルフの寿命は700年から800年で、ハーフ・エルフはその半分しか生きられない -- 2010-07-06 (火) 15:41:17
    • D&Dが作られた当時はシルマリルの物語が刊行されていなかったため、LotRに混血が登場することから「混血は多分こんなふうになる」と適当に設定されたためです。名前こそ同じ半エルフですが、いわゆるトールキンのペレジルの定義とは全く無関係なので注意。 -- 2015-01-26 (月) 01:51:07
  • エルロスもなんで寿命や病気がある人間になったんだろうと思ったけど、エルフの価値観に馴染めなかったんだろうか。不変っていう恩寵も、重荷になってしまっても世界が終わるまで投げ出せないだよなぁ。自分の能力や環境すべて不変って、人間から見るとなかなか大変だ。 -- 2015-01-24 (土) 21:31:37
    • エルフの同族殺害が大きかったのだろう、ただ、エルロンドと運命を異にしたのは彼ら特有の先見の明からか、他に理由もありそうだが。 -- 2015-01-24 (土) 22:49:22
    • 皆がみんなエルフの生を選んだら自分たちに流れる人間の血を否定する様に感じたとか?他にも人間の中に自分たちの血を残すことで未来に何かを託したかったのかもしれない -- 2015-09-26 (土) 03:40:05
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 単数形ペレゼル(Peredhel)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-04 (火) 02:39:03 (498d)