十字路(じゅうじろ)

概要

カテゴリー地名
スペルCross-roads

解説

イシリアンにある、モランノン(黒門)からハラドまで南北に通る道(ハラド街道)と、オスギリアスからミナス・イシル(ミナス・モルグル)に通じる東西の道が交差する場所。十字路の周囲は巨大な古い樹々の木立ちが環状に取り囲んでいる。

ここにはゴンドール人が作った王の坐像が置かれていたが、指輪戦争時にはモルドールの軍勢によってひどく損ねられていた。

束の間の赤々とした光が巨大な坐像の上に落ちました。アルゴナスの大きな石の王たちと同じように静かにいかめしい姿です。歳月が蝕み、凶暴な手が傷つけていました。頭部がなくなっていて、その代わりにそれを嘲り真似て、粗く切り出した丸い石が乗せてありました。そしてそこには野蛮な者たちの手で、額の真ん中に大きな赤い目が一つにたりと笑った顔と見せたものがぞんざいに描かれていました。坐像の膝に、巨大な椅子に、また台座に余すところなく、モルドールの蛆虫どもが用いるけがらわしい記号をまじえた落書きがありました。
突然フロドは、水平に射し込む光線に照らされて古びた王の頭部があるのを見ました。それは路傍に転がっていました。「ご覧、サム!」かれは驚きの余り声をあげ、思わず口を利いてしまいました。「ご覧! 王様はまた冠をつけてられる!」
目はうつろで、彫刻した顎鬚はこわされていましたが、秀でたいかめしい額のまわりには銀と金の花冠がありました。小さな白い星々のような花をつけた蔓草があたかも倒れた王に敬意を表するように、額に巻きついていました。そして石の髪の割れ目には黄色い弁慶草が光っていました。*1

後に黒門の戦いへと赴く西軍が十字路を占領した際、彼らは土地勘のある弓手からなる強力な守備隊をここに置いて、東のモルグル峠や南から来る敵に備えさせた。
それとともに王の坐像も修復された。落書きは洗浄されて、オークの作った頭は落とされて砕かれ、本来の頭部が花冠を付けたまま元のように据え置かれた。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

エクステンデッド・エディションで、セリフはないが原作通り、破壊されて地面に落ちていたゴンドールの像の頭部に、冠のように花がかかっているのをフロド・バギンズが目撃している。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における十字路の像『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における十字路の、復元された像

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ここに街やら作れば、あの当時なら交易等で栄えそうなはずだが? -- 2016-12-18 (日) 14:25:55
    • 戦略上は重要ですが、交易的にはさして重要な地点ではないですよ。街道は黒門あたりで途切れていて、十字路より北には物品を運ぶ目的地が無いんですから。十字路で立ち止まるまでもなくオスギリアスかミナス・モルグル方向へ行けば済みます。 -- 2016-12-18 (日) 16:07:50
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 二つの塔 下』「七 十字路まで」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-04 (木) 11:41:03 (264d)