(ちから)指輪(ゆびわ)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルRings of Power
異訳魔力の指輪
その他の呼び名偉大な指輪、大いなる指輪(Great Rings)

解説

一つの指輪』『三つの指輪』『七つの指輪』『九つの指輪』の総称。強大な魔力を秘めた指輪。一つの指輪はサウロンによって、三つの指輪はケレブリンボールによって、その他の力の指輪はサウロンの助力を受けたグワイス=イ=ミーアダインによって作られた。

三つの指輪は、空の下なるエルフの王に、
 七つの指輪は、岩の(やかた)ドワーフの君に、
九つは、死すべき運命(さだめ)人の子に、
 一つは、暗き御座(みくら)冥王のため、
影横たわるモルドールの国に。
 一つの指輪は、すべてを統べ、
 一つの指輪は、すべてを見つけ、
 一つの指輪は、すべてを捕らえて、
  くらやみのなかにつなぎとめる。
影横たわるモルドールの国に。*1

九つも、七つも、三つも、それぞれそれにふさわしい宝石がはまっておった。しかし、一つの指輪は違う。それは丸くて飾りがない。まるでそのへんのつまらない指輪と同じだ。しかし、その作り手はその指輪に銘を入れた。練達の士であれば、おそらく今でもそれを目で見、読むことができるだろう。』*2

歴史

「はるかな昔、エレギオンで、エルフの指輪が数多く造られた。魔法の指輪というやつじゃ。むろん、種類はいろいろあった。あるものは非常に強力であったし、あるものはさほどでもなかった。 力の弱い指輪は、技がまだ未熟であった頃の試作品にすぎなかった。それらはエルフの細工師どもにとっては、くだらないものでしかなかった――しかしそれさえ、限られた命しかもたぬ者には、やはり危険だと思われるがの。まして、偉大な指輪、魔力の指輪となれば、その危険は破滅的ともいえるほどなのじゃ。」*3

第一紀が終わり、マンドスの呪いが停止された後も中つ国を去りがたく留まっていたノルドールは、荒廃し移ろいゆく此岸(中つ国)への嘆きと、西方の至福への憧れから、世界を癒し、かつ豊かにする力と技を望んでいた。一方でモルゴスの凋落後も中つ国に隠れ潜んでいたサウロンは、見捨てられた世界を自らの望む形に再建しようとし、そのために自由の民を意のままに動かすことのできる手段を欲していた。
ノルドールの願望を見抜いたサウロンは、意図と正体を隠してかれらに接近。その働きかけによってエレギオンで制作されたのが、試作品として作られた多くの力の弱い指輪と、完成作であった十九個の大いなる力の指輪である。
しかしその知識はサウロンから提供されたものであり、それらには彼の悪しき意図が吹き込まれていた。やがてサウロンはモルドールオロドルインにおいて、すべての力の指輪を支配する一つの指輪を完成させる。
上掲の力の指輪についての詩は、その際にサウロンが口にしたのを、遠く離れたエレギオンでケレブリンボールが耳にして、後世に伝えられたものである。

サウロンの歌うことばを知ったエルフ達は彼の正体と意図に気付き、かれらの三つの指輪を隠して使用しなかった。そこでサウロンはエレギオンを攻め滅ぼし、力ずくで指輪を奪い取ろうとした。
ケレブリンボールは拷問にかけられ、七つの指輪九つの指輪はサウロンの手に落ちる。だがケレブリンボールは三つの指輪の所在だけは明かさないまま死に、それらはサウロンの魔の手を免れた。サウロンは手中に収めた七つと九つに手を加えて邪悪に歪めると、それぞれをドワーフ人間の王侯に分配し、中つ国への支配力を増大させる。

第二紀の終わり、エルフと人間の最後の同盟によってサウロンは辛うじて打ち倒され、一つの指輪は彼の手から奪い去られる。しかし一つの指輪は破壊されなかったため、指輪に込められたサウロンの力は生き続け、一つの指輪に支配されている他の力の指輪の効力も作用し続けた。
第三紀に復活したサウロンは、九つの指輪を掌握し、さらに七つの指輪のうち三つを取り戻したために、再び中つ国の大部分を支配できるだけの力を得る。

第三紀末の指輪戦争で一つの指輪が破壊されると、すべての力の指輪も次第にその効力を失っていくことになった。

効果

元来、力の指輪はエルフの願いである、中つ国の荒廃を癒し、美しく価値あるものを時の流れから保護するという目的のために作られた。そのため全ての力の指輪には共通して、時による老いや衰えを遅延させ、またそのものが生来持っている力を高めるという効果があった。
だがそれは同時に、その者が抱いている願いや欲望をも強くするという危険性をはらんでおり、人間のような限りある命の者にとっては破滅的に危険なものであった。

サウロンが手を加えた七つと九つの指輪は、使用者を彼の支配する「幽界」に引きずり込むことで、その姿を不可視にし、同時にその者が本来見ることのできない領域の物事を見られるようにするという力を併せ持つことになった。

九つの指輪を与えられた人間は、指輪の力に助けられて強大な権勢を振るうにいたったが、いずれも最後にはサウロンの陥穽にはまってその意志に隷属するナズグールとなった。
七つの指輪を与えられたドワーフは、頑強な性質のために完全にはサウロンの思い通りにならず、影の存在と化すことはなかった。だが富への欲望をかき立てられ、富を得る手段として指輪を使ったために、富による破滅を招いた。
三つの指輪を隠したエルフ達は、サウロンの手に一つの指輪がある間は、決して公然と使用しなかった。だがサウロンが一つの指輪を失っていた第三紀の間、これら三つの指輪はエルフの拠点や自由の民を守護し存続させるために、密かに使用された。それゆえ、もし一つの指輪がサウロンの手に戻れば、三つの指輪の作用もまたサウロンに支配されてしまうことになる。

力あるものが一つの指輪を使用すると、これら十九の指輪によって為された全てのことを把握し、かつ思いのままに捻じ曲げることができ、またその使用者の考えそのものをも読み取って支配することができた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • サルマンが力の指輪つけたら消えるのか -- 2013-03-28 (木) 14:29:22
  • 七つと九つの宝石って何だったのかな?それぞれ別の石だったんだろうか。映画では九つの指輪は琥珀に見えた -- 2013-07-05 (金) 23:46:24
    • シルマリルはともかく力の指輪はサウロンの知識由来の代物なんだが…。 -- 2013-11-24 (日) 15:29:37
      • 少なくとも指輪物語本編には「サウロンがエルフの秘伝を習い覚え」という記述があります。サウロンがわざわざ力の指輪を奪い取ろうとしたことと併せて鑑みれば、やはりサウロン単独では制作不能だったと考えるのが自然ではないかと。エルフの、美しいもの・驚嘆すべきものを案出する資質はアイヌアをも凌いでいるととれる節が随所にありますし。 -- 2013-11-24 (日) 16:22:49
      • それはエルロンドの発言ですね。作中の登場人物の発言が即ち事実そのものとは限りません。そもそも力の指輪が作成された理由・及びエルフの目的は荒廃した中つ国を立て直すためです。もし力の指輪がサウロン由来のものではなくエルフ独自のものであるなら、サウロンがやってくる前に指輪を鍛え中つ国を癒やせばよかったのに何故そうしなかったのかという疑問が出てきてしまいます。それに加えて教授御自身も、Letter #131で"With the aid of Sauron's lore they made Rings of Power"と言ってますし、HoMEの7巻では指輪を作る技術はエルフのもので、実際の力を与えたのはサウロンといったような記述もあります。 -- 2013-11-24 (日) 17:55:27
      • さらにHoMEから付け加えますと、当初は力の指輪はフェアノールの作品の一つという設定でした。それがサウロンが独りで作り上げたものに変更され、そしてそれがエルフとサウロンの共同作業に変わっていってます。最終的には1つ=サウロン製、3つ=ケレブリンボール製、7つと9つ=サウロンとエルフの共同制作ってことで落ち着いたわけです。いずれにせよサウロンと力の指輪の関係はサウロンがケレブリンボールを騙しただけなどという単純なものではないでしょう。教授のご子息のクリストファー氏も、"the Rings of Power were made by the Elvensmiths under the guidance of Sauron,"とし、『力の指輪とサウロンの関係のコンセプトは拡大され、両者の関係は不可欠なものとなっていった』と記しています。 -- 2013-11-24 (日) 18:05:59
      • またサウロン単独では制作不能か否かですが、最終的に一つの指輪を独力で作り上げてますし、作れないことはないんじゃないでしょうか。それを作るに当たってエルフの技術を使っている可能性もありますが、何の変哲もない金無垢の指輪であることを考えるとどうなのかな、という気もしますけど。 -- 2013-11-24 (日) 18:14:17
      • ほぼ全面的に同意ですが、だからこそサウロン単独で制作するのは無理だ、というのが私の立場です(もちろんエルフ単独でも)。19の力の指輪は、エルフの上古を保持したいという「願望」と、サウロンの自由の民を支配下に置きたいという「欲望」が重なり合うところに成立したものであるはず(指輪が両者の願望に帰着するものであると教授が考えていたのは、Sil収録の書簡や、エッセイ等から強く読み取れます)。なお、一つの指輪は、そもそも他の力の指輪を制御統制してはじめて真価を発揮するものですから、「サウロンが力の指輪を単独で制作可能か?」というのとは若干焦点が違ってくる話かと思います。19の力の指輪(特に3つの指輪)に備わっている力は、ほぼエルフ独自のもので、サウロン単身では達成不能だからこそ、サウロンはエルフに制作させた上で計略が露呈した後は奪い取ろうとした、と考えるのがもっとも理に適っているかと。 -- 2013-11-24 (日) 21:42:27
      • 私は作れるのではないかと考えます。サウロン単独でもケレブリンボール単独でも。勿論、双方がお互いの知識・技術を得た後での話ですが。サウロンがエルフ達と接触前に指輪を作れたかどうかは不明ですしね。少なくとも第一紀に指輪を作ったというような話はない(と思います)。問題の一つの指輪ですが、他の力の指輪を制御統制して真価を発揮するものというのは確かにその通りなのですが、保存・保護といった力は全ての力の指輪に共通する能力であると書簡にあります。一つの指輪だけは別とは教授は特に記してはいません。他にも所有者を強化する力を持つのも全指輪に共通したものです。加えて、一つの指輪は他の指輪全ての力を保有しているとも書かれていますし、以上のことを鑑みるとサウロン単身では達成不能だとは思えません(エルフとの接触以前ならともかく)。そもそもこれらの力がエルフ独自のものかどうかは不明です。サウロンはエルフ達の上古を保持したいという「願望」を見抜いた上で、自分の知識とエルフの技術があればそれが可能だと言って取り入ったわけですから、サウロンの知識からくるものである可能性を切り捨てることは出来ないと思います。 -- 2013-11-24 (日) 22:42:44
      • 「一つの指輪は他の指輪全ての力を保有している」ですが、Letter#131にある "the Ruling Ring that contained the powers of all the others, and controlled them, so that its wearer could see the thoughts of all those that used the lesser rings, could govern all that they did, and in the end could utterly enslave them." との記述のことでしょうか? これは田中明子氏による翻訳では「それは、ほかの指輪の持つ力をすべて所有する、支配の指輪でした。ほかの指輪をコントロールし、その結果、一つの指輪を嵌める者は、より力の弱い指輪を使う者の思いを読み取ることも、かれらのなすことすべてを支配することも、そしてついには、かれらを完全に隷属させることもできるのです。」となっています。
        この "contained the powers of all the others" は、一つの指輪それ単体に他の指輪の力が備わっている、という意味に解すべきなのか、それとも「他の指輪の作用をコントロールできる」ために他の指輪の力も行使できるということなのかは、原文からはそれほど明確ではないと思います。むしろ、soで後段の "could govern all that they did" が導かれている論理展開からすると、後者である可能性が高いのではないでしょうか?(田中氏の翻訳も後者の解釈に傾いているように見えます)
        これは同じ手紙内、LotR、Silで一貫して記述されている「エルフが三つの指輪を使用せず隠したために、サウロンの計略は完全には成功しなかった」という事情の説明でもあるのでは? あくまで個々の力はそれぞれの指輪に備わっているものであるために、指輪が使用されなければサウロンがそれをコントロールして行使することも不可能なのだと思われます。これは、LotRでのガンダルフの「最も強い力を持つ三つの指輪をサウロンは最も欲している」というセリフや、第三紀に三つの指輪が使用されてしまったため、サウロンの手に一つの指輪が戻ればエルフの破滅となる、といった点ともスムーズにつながっている気がします。
        これはやはり、サウロン単身では力の指輪を作れない(少なくとも三つの指輪は不可能)ために、わざわざ戦争を起こしてまでエルフから指輪を奪取しようとした、と解すべきではないでしょうか。 -- 2013-11-25 (月) 16:23:10
      • そうです、その部分です。貴方の仰るとおりで、そこの辺りは海外でも解釈が分かれてるんですよね。某有名指輪系サイトのFAQでも"it also had in itself the same powers as those Rings, or maybe he was just repeating that it controlled them."とありますし。私個人としては前者の方と考えていますが、実際のところ正解はないでしょうね。ネイティブの方々の間ですら結論は出てないようですし。 -- 2013-11-25 (月) 17:04:47
      • 最後に一応付け加えますと、私はサウロンは単身でも作れないことはない(そのための技術・知識は持っている)という考えで、実際に作れるかどうかは別問題です。昨日サウロンの項でも書いたのですが、一つの指輪作成に力を注いだ結果、新しい指輪は作れないものと考えてます。 -- 2013-11-25 (月) 17:12:18
      • 後書き読むと、サルマンは指輪学の研究&モルドールでのリサーチを通して、自身強大な指輪を作り出せるみたい。力の指輪は技術と知識とある程度の力があれば単身でも作れるっぽい? -- 2013-12-04 (水) 09:59:50
      • ↑一つの指輪は無理でしょうね。イスタリになることで力を奪われてるし。 -- 2014-01-19 (日) 15:11:58
      • となると3,7,9のどれかかね。もしサルマンが3つの指輪に匹敵するものを造れたなら、白ガンに負けないくらいの存在になれるのかな。 -- 2014-01-22 (水) 13:17:01
      • そもそもが堕落してるから本当に3つの指輪みたいなものを作っても力を引き出すことは出来ないかも。 多分自分でも使えるようなのを作ると思うが -- 2014-01-22 (水) 16:03:48
  • 何故サウロンはもっと力の指輪を造らなかったのかは海外でも結構疑問になってるようですね。シルマリルや二つの木のように再び造れるものではなかった説、新たな指輪を渡すに値するような候補がいなかった説、そして単独では造れない説、とあるようですが結局のところは不明なようですね。 -- 2013-11-24 (日) 20:08:05
    • 資格ありと判断したからこそナズグルやドワーフの王達に指輪を渡したのでは… -- 2013-11-24 (日) 21:48:56
    • ホビット三部作では、ガンダルフが指輪の存在に気づいてましたが、そこまで警戒はしてませんでした。これは、力の指輪以外にも魔力を持った(20個のよりは弱い?)指輪が存在すると言うことでしょうか? -- 2015-09-10 (木) 01:12:45
      • 単に姿を見えなくする以外の能力があるとは思っていなかったんですよね? -- 2015-09-10 (木) 01:14:11
      • 少し上のコメントでも触れられていますが、『指輪物語』原作でのガンダルフのセリフに「はるかな昔、エレギオンで、エルフの指輪が数多く造られた。魔法の指輪というやつじゃ。むろん、種類はいろいろあった。あるものは非常に強力であったし、あるものはさほどでもなかった。力の弱い指輪は、技がまだ未熟であった頃の試作品にすぎなかったそれらはエルフの細工師どもにとっては、くだらないものでしかなかった」とあります。ガンダルフが、この指輪が少なくとも力の指輪のひとつであることを疑い始めたのは、ビルボの老いが非常に緩慢だったからで、「長寿をもたらす故に、大いなる指輪であることがわかった」というセリフもあります -- 2015-09-10 (木) 01:41:43
      • 20の力の指輪が“大いなる指輪”(the Great Rings)と呼ばれるのに対し、それらの試作品の指輪は“力劣る指輪”(the Lesser Rings)と原文では呼ばれています。記事でも引用されているサルマンの言葉「しかし、一つの指輪は違う。それは丸くて飾りがない。まるでそのへんのつまらない指輪と同じだ。」にある「つまらない指輪」というのも実は原文はthe lesser ringsで、試作品の指輪のことを指しています。銘以外、一つの指輪は試作品の指輪と同じ外見をしていたために、ガンダルフは見抜くのに時間がかかってしまったわけです。 -- 2015-09-10 (木) 12:35:18
    • 一つの指輪さえあれば世界を支配できるのだから、他の指輪をさらに作り足すという発想はサウロンにはないんじゃないかな…… -- 2015-11-18 (水) 13:55:00
    • ノルドール族の技術力はマイアすら及ばないトンデモですし、制作レシピを知ってはいても創造に必要な情熱や根気を堕落によって失った可能性が高いサウロンでは7つや9つと同等の指輪は作れなかったのかも知れませんね -- 2016-09-29 (木) 13:15:03
      • というか一つを生み出した時点でその力の殆どを費やしてるから、新しい指輪は作れないんだろう。 -- 2016-09-30 (金) 09:12:09
    • モルゴスが力を散逸させすぎてメルコール時代に遠く及ばない存在になったのを間近で見ていることに加え、最大戦力になりうる人間は奸計でどうとでもなることから小なりといえど力の散逸につながる指輪の製造は必要最小限に抑えたかったのではないかと・・・ -- 2016-09-29 (木) 20:57:51
    • 無理に決まってるだろwwwサウロンは一つの指輪を作る際に自分の魔力の根幹を移しこんでいるので不可能だwww -- 2017-06-16 (金) 22:27:40
  • 「空の下なる」って、何て読むんですか?普通に「そらのしたなる」で良いのですか? -- 2015-12-31 (木) 00:54:13
    • 「もと」って呼んでます。自分は。 -- 2016-01-01 (金) 23:54:23
  • TOKIOなら力の指輪作れますよね!? -- 2016-05-14 (土) 22:48:47
    • まずは炉からだな! -- 2016-05-16 (月) 00:22:26
      • 昭雄さん呼んでくる. -- 2016-05-27 (金) 22:52:21
      • ケレブリンボール昭雄とグワイス=TOKIO=イ=ミーアダインがエレギオン村で作るのか。 -- 2016-06-27 (月) 20:33:31
  • 人間の9つはナズグルと一緒に噴火で焼かれて、ドワーフの3つは(映画版描写だと)暗黒の塔と一緒に地の底に飲み込まれたんだろうな。 -- 2016-05-27 (金) 23:27:25
  • 現代のテクノロジーで例えてるのがわかりやすいと思った。開発チーフ兼ソフトウェア担当→アンナタール。ハードウェア担当→ グワイス=イ=ミーアダイン。 -- 2017-01-01 (日) 14:45:34
    • グワイス=イ=ミーアダイン 「オレたちじゃよくわからんコード組み込まれてるけどチーフが必要だって言ってたから必要なんだろう」ケレブリンボール「プログラミング出来るようになったから自分で3つの指輪作ってみる」アンナタール「ハードの技術は盗んだからコード仕込んどいたのを支配できる1つの指輪作るか」 -- 2017-01-01 (日) 14:46:11
    • エルフがすごい独創的なコードを発明 → スーパープログラマのアンナタール「君たちのコードをこういうふうに実装したらすごいものができるよ!」 エルフ「ぜひやりましょう!」 →バックドア仕組まれる →サウロン「よしボットネット起動!」 エルフ「やばいやばい電源落とせ」 サウロン「てめえ!」 -- 2017-01-01 (日) 15:37:29
      • BPS(ブラックプログラマーサウロン) -- 2017-01-01 (日) 23:31:53
  • ケレブリンボール可哀想… -- 2017-06-16 (金) 22:19:17
  • 統合失調症では誰かに監視されたり、操られてる感じがするようですが、力の指輪による堕落はそれらが個人による妄想ではなく、サウロンによって実際に引き起こされているのですね。 -- 2017-07-04 (火) 16:02:19
    • それが指輪の影響によるものか、自身の気狂ってきているのかという圧倒的な不安感を想像しながら読むのが通。 -- 2017-10-30 (月) 20:26:46
  • 一つの指輪とは縦の繋がりがあるけど、個々の指輪同士の横の繋がりはあるんだろうか。 -- 2017-10-30 (月) 03:27:08
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 力の指輪についての伝承の歌
*2 指輪物語 旅の仲間」「エルロンドの会議」 ガンダルフエルロンドの会議にて語ったサルマンの言葉
*3 『旅の仲間」「過去の影」 ガンダルフの言葉

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-06 (火) 21:43:52 (44d)