切株村にいたる道

概要

カテゴリー地名
スペルStock Road
その他の呼び名切株村に出る道*1

解説

第三紀3021年9月21日にホビット村を出発したフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーが、末つ森へ向かう時に通った道。道中で二人はかつてフロドがナズグールから身を隠した木や、中で食事を取った朽ちかけた樫の大木を通り過ぎた。

堀窪への道

この道はその経路や、上記の特徴的な木の登場から、大いなる年の3018年9月23日から24日にかけてフロドサムピピンの三人が袋小路屋敷から堀窪に向かう時に利用した緑山丘陵の北側を東西に横断する道と推測される。

すぐに三人は狭い道に出ましたが、その道はうねうねと起伏して上り下りし、その先は前方の闇の中に消えていました。これは森間村切株村、それにバックル村の渡し場に出る道です。道は豊水谷を通る本道から分かれて上り道となり、緑山丘陵の麓に沿って、東四が一の庄の辺境、末つ森に伸びていました。*2

馬車には向かない道*3で、末つ森へ行く者も少ないため、あまり利用されない道であるという。道は途中で北側に折れ、そこでは森間村へ向かう小道が分岐している(三人はこちらの小道を進んだ)。北側の本筋はエール村の低地を通り、沢地の国の北の外縁を回って、切株村の北でブランディワイン橋から南へ伸びる土手道に合流する。

渡し場森間村の東だ。しかし道はずっと左に曲がっている――あそこでずっと北の方に曲がってるのが見えるだろう。沢地の北のはずれを回って、ブランディワイン橋から出ている土手道に切株村の上手でぶつかっている。」*4

この道で24日に三人はナズグールに二度遭遇した。一度目は分岐点の手前の道で、この時フロドは道の傍に生える木の裏に隠れながらナズグールを目撃した。二度目の遭遇は森間村へ向かう小道で、この時はギルドール率いる上のエルフの一団が通りかかったことでナズグールは退散した。
終わらざりし物語』によると、この時のナズグールはハムールである。

地図上での道

ホビット庄の地図にもそれらしき道が描かれているが、名称は書かれていない。また地図に描かれた道に関しては以下の注意点がある。

タック村との繋がり
道は西のタック村まで伸びているが、本文中ではそのようなことは触れられていない。
東街道との繋がり
指輪物語』原書初版(1954年)のホビット庄の地図ではホビット村の南で東街道からこの道が分かれており、豊水谷の本道が東街道のことであれば本文中の描写と一致する。だが原書第二版(1966年)の地図では東街道と繋がる部分の道は取り消された。
土手道との繋がり
上記の引用にあるように、本文中で道は切株村の上手(above Stock)で土手道と合流するが、地図中では切株村の中で合流するように描かれている。

コメント

コメントはありません。 Comments/切株村にいたる道?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 邦訳『新版 指輪物語』固有名詞便覧(豊水谷の項)
*2 旅の仲間』「三人寄れば」
*3 黒いに乗ったナズグールは使用している。
*4 『旅の仲間』「茸畑への近道」末つ森の高台から東を眺めたフロドの言葉

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-13 (火) 02:30:23 (520d)