(みっ)つの指輪(ゆびわ)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルthe Three (Rings)
その他の呼び名エルフの三つの指輪(Three Rings of the Elves)

解説

力の指輪のうち、エルフのための三つの指輪。風の指輪ヴィルヤ水の指輪ネンヤ火の指輪ナルヤを指す。一つの指輪を除いた十九の力の指輪の中で、最大の力を持っていた。
ケレブリンボールが単独で作り上げたため、サウロンの手に触れられたことはなく、他の力の指輪とは異なり所持者が堕落することはない。しかし結局はこれらの指輪も一つの指輪によって支配されるため、一つの指輪が滅びれば、三つの指輪の力も消失すると考えられた。

三つの指輪を作った者たちは、力や支配や隠し貯めた富といったものは願わず、すべてのものを汚れから守るために、理解すること、作ること、癒すことの力を望んだ。*1

サウロンが最も欲していたのが三つの指輪の力であった。ケレブリンボールはサウロンが一つの指輪を鍛えたことを知ると、三つの指輪をギル=ガラドガラドリエルキーアダンにそれぞれ託して隠した。

最後の同盟によってサウロンが敗北し、一つの指輪が行方不明となった第三紀の間、三つの指輪の守護者は密かにその力を使い、時の流れと悪の影響からエルフの拠点と自由の民を守護するために役立てた。だがそのために、再発見された一つの指輪がもしサウロンの手に戻れば、三つの指輪の作用はすべて露わとなって悪の力に屈することになる。

指輪戦争によって一つの指輪とサウロンが滅びると、三つの指輪の守護者は各々の指輪を携えて灰色港からアマンへ去った。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

『ロード・オブ・ザ・リング』における三つの指輪(左からナルヤ、ネンヤ、ヴィルヤ)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • そういえば、ギル=ガラドが亡くなった直後にエルロンドがヴィルヤを引き継いだとすると、一つの指輪を手に入れたイシルドゥアに支配されかねなかった? とは行かないまでも、例えば思考が筒抜けになったりとかしなかったのだろうか?それとも、やはりイシルドゥアには全然使いこなせなかった、ということなのだろうか? -- カイト
    • 王の帰還のガンダルフの台詞に、力のある者が一つの指輪を手に入れてもその力を使いこなせるようになるまでには時間がかかる、とあります。それにイシルドゥアは特に指輪の力を使おうとしていたわけではないですし。
      • イシルドゥアとしては、指輪を使ってどうこうしたいというよりは、戦利品として持っておきたいという心理みたいですね。 -- 2012-05-25 (金) 00:06:21
      • 実はサウロン以外の者には使いこなすことができなかったりする。 -- 2012-05-25 (金) 00:07:52
    • 一つの指輪を数百年所持していたゴクリ、60年所持していたビルボでさえ姿を消す以外の効果はついに見出す事が出来ず、ビルボはナルヤを所持していたガンダルフの考えは全く読めなかった。この辺やはり常命の者には使いこなせないのでは。 -- 2013-03-09 (土) 22:02:25
    • 原作旅の仲間下「ガラドリエルの鏡」で、同様の問いをフロドがガラドリエルにしています。彼女はかなり明確に答えていますが、あえてここでまとめると、1.そうしようと試みていないから 2.試みた上で、力を行使できるよう自分を鍛えなければならない 3.とはいえ、既にフロドはある程度ガラドリエルの思考を読み取りかつネンヤを目にできるだけの力は備わりつつある ということのようです。力を引き出そうという意志が重要であるようですね。だからこそ、一つの指輪の性質や力について多くを知る賢人たちにこそ危険なのでしょう。 -- 2013-03-11 (月) 16:31:04
  • 映画「旅の仲間」のオープニングではっきりと紹介されているが、「王の帰還」でも確認できる。ナルヤとヴィルヤは灰色港のシーンで持ち主の指にはめられているのが見えるし、そのシーンでは分からないネンヤも、シェロブのシーンでフロドを立ち上がらせる時に確認できる。ナルヤ以外の石は映らないけど。 -- A3
  • ギル=ガラドは指輪を最後の同盟の戦いに持っていたのでしょうかね?つけているはずはなく、持っていても無くしてしまう事も有り得ますからね…。裂け谷あたりに置いて逝ったのではないでしょうか。
    • 最後の同盟の戦いの時は、サウロンの手に一つの指輪があったため、ギル=ガラドは指輪を使うことはしなかったでしょう。だとすると、いつエルロンドに渡したのかがちょっと不明です -- 2008-09-26 (金) 17:54:55
      • 考えられることは(1)彼はエルフの時代が終わると考えており、西方に渡るつもりであらかじめエルロンドに渡した。(2)渡した、と言うのは比喩的表現で遺言によって定めてあっただけ。(3)死を予見して裂け谷で譲渡。(4)エルロンドが指輪の所有権を主張するためにでっち上げた……くらいかな -- 2008-09-28 (日) 19:34:09
      • (4)はかんべんしてー。 -- 2008-10-01 (水) 04:18:41
  • ヴァラたちは西方に運ばれた三つの指輪をどうするんだろう。考えようによっては、第1期の件で懲りなかったノルドールが「またやらかした」結果の産物なわけで。 -- 2012-05-25 (金) 00:09:15
    • どうするも何も、最早なんの力もない綺麗な指輪に過ぎませんし、特にどうこうする必要もないのでは?普通に装身具として使われていくだけでしょう。 -- 2012-05-25 (金) 01:45:37
    • アマンでは元々時の移ろいで物事が色あせていく事はありませんから、仮に三つに力が残っていても西方では意味のないものになるでしょうね。中つ国でのエルフの悲壮な歴史のよすがとして、むしろ尊重されるのではないかと。 -- 2012-05-25 (金) 18:10:09
    • 三つの指輪、もしかするとアマンの指輪戦争歴史博物館で、再現フィルムとともに展示されてるかもしれませんね。オローリンさんが館長で、ボランティアの語り部にはレゴラスさんやケレボルンさん、もちろん売店では指輪のレプリカ1+3点セットやビデオ、フィギュア、クリアファイルなど、豊富な関連商品が買えます。通販可。 -- 2013-01-22 (火) 20:55:27
      • なにそれ超行きたい -- 2013-01-23 (水) 16:24:32
      • >通販可 「こんにちわー、長耳エルフの宅急便でーす」 -- 2017-03-25 (土) 07:41:33
      • 太陽の今紀、展示もリニュウアルされ新たなスタッフのイタコさんたちが呼び出した死人占い師さんが呼び出したモルドール方の語り部さんたちの話も聞けるとかでますますおすすめのスポットに。 -- 2017-06-30 (金) 22:39:44
  • 映画「ホビット」で、裂け谷に3つの指輪揃い踏みかと思いきや、よく見えなかった。装着の有無を確認した方いらっしゃいますか? -- 2012-12-27 (木) 18:53:17
    • 確認はできませんでしたが、もしガンダルフがナルヤを堂々と填めていたら、サルマンがぐだぐだ文句言うでしょう。確か灰色港の場面で初めて公然と填めたんじゃなかったかしら。 -- 2012-12-27 (木) 20:53:14
      • 思えばLoRでも堂々とナルヤが映っていたのは灰色港の場面だけでしたね。填めていたとしてもはっきりと映らないよう工夫して撮影しているかもしれません。 -- 2012-12-27 (木) 22:35:02
    • 三つの指輪は所持者の意思によって普段は不可視になっているはずなので、見えない方が正解とも言えますね。 -- 2012-12-29 (土) 00:08:19
    • ロードオブザリングでは、旅の仲間冒頭、灰色港以外にも黒門前でガンダルフがナルヤを嵌めてるのを確認出来ますよ。 -- 2013-03-26 (火) 05:02:10
      • ということは、一つの指輪がまだサウロンに渡ってないと確信していたことになりますな。黒門前のサウロンの口との駆け引きは、映画ではやっぱり無意味になるので通常版ではカットされたと深読みもできますね。 -- 2014-10-15 (水) 12:05:30
  • ホビット3部で、3人とも填めてるのが見えました -- 2015-02-18 (水) 22:02:59
    • 奇しくもあの時エルフの三つの指輪が揃ってたんですよね・・・ヴィルヤのお陰でエルロンドもナズグルに善戦できたのかな? -- 2015-02-19 (木) 02:20:03
      • 原作設定だと、三つの指輪は、戦いのためには使えなさそうですけどね。 -- 2015-02-19 (木) 23:40:25
      • 聖なるパワーはアンデット系の邪悪な力に有効という設定が最近のゲームでよく見かけられますな。 -- 2015-02-20 (金) 18:40:56
      • 映画のあのシーンにおいては、そういった聖なる力はどっちかってーと指輪よりも玻璃瓶の方でしょうな -- 2015-02-20 (金) 21:45:31
      • 指輪自体は単に各々の能力を強化する物で、映画のガラドリエルは玻璃瓶の浄化作用+奥方自身の魔力+指輪による強化でシールドを張ったのかも -- 2016-01-08 (金) 23:46:45
  • ガラドリエルが魔力を解放した時は水に浸かったような状態になってたけど、他の二つはどうなるんだ?ヴィルヤは服や髪が風になびくみたいにフワフワして、ナルヤは溶鉱炉を内蔵してるみたいに身体の内側から光を発するとかか? -- 2016-01-09 (土) 00:50:52
  • 「理解すること、作ること、癒すこと」が、それぞれヴィルヤ、ネンヤ、ナルヤだとすると、理解すること⇔エルロンド、癒すこと⇔ガンダルフは何となくわかるのだけど、作ることのガラドリエルというのが、いまひとつしっくりこない気がする。 -- 2016-12-01 (木) 12:29:16
    • 理解=ネンヤ(ガラドリエルの鏡などを補強)、癒やす=ヴィルヤ(エルロンドの医術)、だと思っていました。「作る」というのがナルヤの「勇気を与える」能力とやや食い違っているかもしれませんが -- 2017-10-07 (土) 00:55:28
  • 一つの指輪が滅びると三つの指輪の力も消失すると言うのがいまいちストンと落ちないです。三つははじめ(一つが作られる以前)独自で力を持っていただろうし、その後もサウロンに歪められることはなかったのなら一つの指輪が滅んでも力を保てるような気もしてしまいます。 -- 2017-07-06 (木) 03:42:28
    • 力の指輪は全てサウロンの知識を基に造られているからです。だから3つは汚れていなくとも、1つに従属することに変わりはないのです。 -- 2017-07-06 (木) 06:36:46
      • 一つの指輪の破壊は、三つにとっては支配からの解放というわけではなく、力の源を断たれるというイメージなのですかね -- 2017-07-06 (木) 20:18:29
      • なんとなく機械に例えると、それまで使っていた特殊な部品の販売元がツブれて交換不可能になり徐々に老朽化して最終的にダメになるという感じかも? -- 2017-10-11 (水) 03:55:34
    • まず力の指輪はそのすべての制作にサウロンが関わっており、三つの指輪が他の力の指輪と違うのはサウロンの手に落ちて(生物を堕落するよう改変されて)いるかいないかの差異であって、三つの指輪でさえどうあがいてもサウロンもプロデュースしています。つまり制作時点でサウロンの願望である「(力の指輪の)すべてを統べてくらやみに繋ぎとめる」ことには成功しており、そして一つの指輪は他の指輪を支配するためにサウロンのすべてが込められています。おそらくサウロンが去ると指輪も「くらやみ(ここでいうくらやみは物理作用ではなくモルゴス的のようなもの)」に落とされるかなんかして力を失うのでしょう。 -- 2018-02-09 (金) 01:51:00
    • 力の指輪は、エルフの願いである「中つ国と自由の民に働きかけて、豊かにしたい」と、サウロンの願いである「中つ国と自由の民に働きかけて、支配したい」が重なり合ったところに成立したものですから、片方(サウロン)の願いが一つの指輪の消滅で頓挫したことで、この重なり合いが不成立になり機能しなくなった、ということではないかと思います。別の言い方をすれば、織物を構成していた二本の糸のうち一本が無くなってしまったので、織物の形を保てなくなり解けてしまった、みたいなイメージ。 -- 2018-02-09 (金) 10:46:41
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「エルロンドの会議」 エルロンドの言葉。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-09 (金) 10:46:42 (103d)