ヴァンヤール

概要

カテゴリー種族
スペルVanyar*1
その他の呼び名金髪のエルフ(Fair Elves)、空のエルフ(Light-elves)*2ミンヤール

解説

クウェンヤで「金髪」(the Fair)の意。金髪が特徴のエルフの氏族。
二つの木の時代中つ国から西方のアマンに渡ったエルダールの第一陣。かれらはアマンに到達すると、ずっとその地に定住し、中つ国へは怒りの戦いを最後に戻ってくることはなかった。

ノルドールは暗色の髪が特徴だが、フィナルフィンとその子ら(ガラドリエルもその一人)やイドリルは母方からヴァンヤールの金髪を受け継いでいる。

特徴

金髪色白の美しい容貌(fair)を特徴とする。気高く温厚な性質で、ヴァラールへの敬愛心を強く持つという。
マンウェに最も愛され、彼から歌と詩を教わった。

歴史

エルダールの第一陣

二つの木の時代クイヴィエーネンから西方のアマンへ移住することを選んだエルダールの第一陣で、イングウェに率いられていた。
かれらはエルダールの三氏族の中で最も数が少なかったが、全員がアマンへの大いなる旅を完遂して光のエルフとなった。

ヴァンヤールはノルドールと親しく、共にウルモの曳くトル・エレッセアの島に乗ってアマンへ渡り、はじめはカラキルヤティリオンの都でも共に暮らしていた。ティリオンで最も高く聳えるミンドン・エルダリエーヴァはイングウェの塔である。

マンウェとヴァルダの寵児

マンウェエルフの中でも特にヴァンヤールを愛し、かれらに歌と詩を教えた。
ヴァンヤールは次第にヴァリノールの光に引き寄せられてティリオンを離れ、ヴァリノールの広野や森へと移住していった。イングウェはタニクウェティルのマンウェとヴァルダの膝下に住まったという。

かれらは釈放されたメルコール(モルゴス)を信用せず、その言葉に耳を傾けることもなかった。
二つの木がメルコールとウンゴリアントによって枯死され、ヴァリノールに暗闇が招来された時、ヴァンヤールはマイアールと共にあって泣き、ヴァラールのそばにあって夜を徹した。殺された二つの木への哀歌アルドゥデーニエは、ヴァンヤのエレンミーレが作ったものである。

怒りの戦いではヴァリノールの軍勢の一員として中つ国へ進軍し、モルゴスの軍勢を滅ぼした。だがそのまま中つ国に留まることはなく、戦いが終わると速やかにアマンへ帰還した。そのため、ヴァンヤールと言葉を交わしたことのある者は人間の中にはほとんどいない。

登場するヴァンヤール

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ノルドールやテレリの苦労にくらべこの厚遇ぶり・・・「迷い、道を誤る者もいるが、まったく迷わず常に光に包まれている人たちもいる」というキリスト教の信念が表されているのでしょうか。異教徒としてはちょっと肌に合わない気がします -- 2010-12-06 (月) 23:30:49
  • ヴァラールの意向に忠実に従っていた結果でしょう。 苦労はしなかったが人間その他の種族には、縁が非常に薄いというよりかかわりがなかったが。 -- 2010-12-16 (木) 18:51:16
  • 一番幸せだったかもしれないけど、これじゃヴァラールのペットだよねえ。キリスト教的に言えば「一匹と九十九匹と」の逸話を思い出す。 -- 2011-04-02 (土) 00:23:32
    • ペットだったかもしれないけど、幸せだったんだから、いいじゃない。 ヴァラールに背いて、悲惨な目にあったノルドールと比べると・・・・ -- 2011-04-02 (土) 21:41:35
    • 幸せなら他者のペットでもいいってのはちょっと…すくなくともノルドールのほうが愚かではあっても偉大だと思う。 -- 2011-04-02 (土) 22:00:56
    • 艱難辛苦ゆえに多くの逸話を残したノルドール、苦労知らずゆえに語られることが非常に少ないヴァンヤール。 どちらがいいのかな? 自分は安定したヴァンヤールのほうを選ぶ。 -- 2011-04-03 (日) 21:32:08
      • どっちが、後始末のテレリよりましなのかな? -- 2012-01-10 (火) 17:39:10
      • 確かにテレリは後始末ばっかりかも… -- 2014-02-11 (火) 16:05:17
    • ギリシャ神話の、黄金の種族にも似ているけどね。 -- 2012-11-10 (土) 11:00:01
    • トールキン氏はヴァラールがエルダールをペットのように扱う表現はしてないですよ。アマンに呼び寄せたときだって来るか来ないかの選択はエルダールに任されてたし、代表3人にお試しまでさせてた。フェアノールが離反したときにやはりメルコールが「お前らヴァラールのペットだよ」と洗脳したわけですが、その時も心外だったと書かれてる。マンウェも刃向って中つ国に行ったノルドールをずっと気にかけてたし、ヴァンヤールはペットという考え方はメルコールの支配下に置かれている可能性が高いような気がしますよ。ご注意を! -- 2013-01-26 (土) 16:49:37
      • それはカトリックの神学的にいかに「人間に自由意志がある」とこじつけようと、異教徒には聖書を読めばそうは思えないと思うのと一緒。異見を「悪魔の支配下にある考え」とするのもよく似てる。 -- 2013-01-27 (日) 14:47:15
      • トールキンの世界観を無理に聖書神学に当てはめようとするのもどうかと思うけどね。それに、「敬愛・寵愛」=「ペット」っていうのもちょっとひねくれ過ぎな気が。 -- 2014-11-11 (火) 10:07:11
      • ↑×2 自由意志云々はアイヌアを見てても疑問に思うことはあるな -- 2017-06-08 (木) 00:16:52
      • >トールキンの世界観を無理に聖書神学に当てはめようとするのもどうかと思うけどね 束教授がどっかで自分の作品を本質的にキリスト教的なものって言ってなかったっけ? -- 2017-06-08 (木) 13:48:17
  • 怒りの戦いの際に来中つ国したヴァンヤールと、他のエルフ種族との間にロマンスが生まれた可能性も…? -- 2013-01-18 (金) 21:56:02
    • 上古の昔にノルドールのフィンウェとヴァンヤールのインディスの間にロマンスが生まれましたけど、その他の例はありましたっけ・・・ -- 2013-01-28 (月) 23:03:41
      • トゥアゴンの妻、イドリルの母であるエレンウェは、一説ではヴァンヤールだったようです。もっとも、トゥアゴンはノルドールではありまあすが、インディスの孫なので、すでに既に -- 2013-05-01 (水) 05:15:21
  • 始祖のイミンが下手こいた反動で賢明になった気がしないでもない -- 2013-11-26 (火) 18:39:56
    • 欲をかくとロクなことがないという良い見本ですよねw>イミン -- 2013-11-26 (火) 19:57:55
  • 結構無能なやつらだね。こいつらは -- 2017-06-07 (水) 12:47:14
    • モルゴスに騙されなかっただけ有能だよ -- 2017-06-07 (水) 23:00:39
    • 無能かどうか判断できるほどの活躍がない。エルフは例外なく害悪だと主張するなら別だが -- 2017-06-07 (水) 23:45:33
  • ヴァラに関わってる程有能とされる原理に基づくと最強のエルフ -- 2017-08-19 (土) 08:55:24
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 単数形ヴァンヤ(Vanya)
*2 ホビットの冒険』での表記。直訳は光のエルフ

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-19 (土) 08:55:24 (424d)