ヴァラール年

概要

カテゴリー
スペルValian Year
異訳ヴァラ年
その他の呼び名Year of the Tree, Year of the Valar

解説

ヴァラールアルダに入ったときに、年を数えるために作った暦。100ヴァラール年は1ヴァラール紀にあたる。

ヴァラール年についての記述は『The History of Middle-earth』にあるが、太陽が登った後の第一紀以降に使われるようになった太陽年との関係については、1ヴァラール年は10太陽年にあたると書かれていたり、1ヴァラール年は9.58太陽年と書かれていたりしていて、曖昧である。

シルマリルの物語』及び『Morgoth's Ring』での記述

太陽の出現以前の時代のヴァリノールで用いられた、二つの木の発光の周期に基づく時間の単位。

二つの木の花はどちらも交互に、規則正しく、等間隔に光を放ち、かつ光が消えた。これを基に、ヴァリノールでは12時間からなる(day)が定められた。
二つの木の発光時間はそれぞれ7時間で、もう片方の木の光が消える1時間前に輝き始め、もう片方の木が輝き始めた1時間後に光が消えた。ラウレリンの光が消えた時が一日の始まりであり、第六時と第十二時には輝き始めた木の光と消えゆく木の光が混じり合った。
二つの木のうち年長のテルペリオンが先に花を咲かせ、初めに光を放った。その一番最初の1時間は時に含まれず、始まりの時(Opening Hour)と呼ばれた。

テルペリオンラウレリン
第一時
第二時
第三時
第四時
第五時
第六時
第七時
第八時
第九時
第十時
第十一時
第十二時

Morgoth's Ring』の「The Annals of Aman」によると、上記の日を基に、1000日からなる(year)*1と100年からなる(age)の単位が定められた。エルダールの伝承によると、アルダヴァラールが降ってから最初の二つの木の花が咲くまでが3500年間、二つの木が光を放っていたのが1495年間、それからが昇るまでが5年間であった(計5000年間)。
ヴァラール年での1時間の長さは、現在も続く太陽年の7時間に等しかった。すなわちヴァラール年での時間の単位の長さを太陽年のそれに換算すると以下のようになる。

ヴァラール年太陽年
時間(hour)1時間7時間
日(day)12時間3.5日(84時間)
年(year)1,000日(12,000時間)約9.58年(3,500日、84,000時間)
期(age)100年(100,000日、1,200,000時間)約958年(350,000日、8,400,000時間)

コメント

コメントはありません。 Comments/ヴァラール年?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 1000日が経過すると二つの木にそれぞれ新しい枝が一本生えたことにちなむ

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-04 (火) 02:34:53 (72d)