ロード・オブ・ザ・リング 中つ国第三紀

概要

カテゴリーゲーム
スペルThe Lord of the Rings The Third Age

解説

2004年にエレクトロニック・アーツよりPlaystation2版、GAME CUBE版、GAMEBOY Advance版が発売された、映画『ロード・オブ・ザ・リング』の外伝的RPG。映画本編では語られなかった、もう一つの旅の仲間の戦いを描いており、実写映画版の世界をRPG化した初めての作品でもある(原作の『指輪物語』を題材にしたコンピューターRPGはそれ以前にも発売されている)。

2人での同時プレイが可能。プレイヤーはオリジナルキャラクターで構成されるパーティーを操作しながら、指輪の仲間の辿った道筋をなぞる形で中つ国を冒険することになる。また、主人公達は映画で描かれた場面に居合わせる事もあり、その場合は指輪の仲間のメンバーが助っ人として一時的にパーティーに加わり共闘する。

ストーリー

裂け谷エルロンドらの会議が行われていたのと同じ頃、会議に出席するために旅立ったボロミアの後を追って霧ふり山脈を北上していたベレソールは、エレギオン付近で指輪の幽鬼の襲撃を受け負傷するが、女性エルフ、イドリアルの助けによって一命を取り止める。彼女に協力し付近に出没するオーク褐色人を掃討する中で、それらがボロミアの加わった指輪の仲間へ差し向けられた追っ手であることを知ったベレソールは、時折聞こえるガンダルフの声に導かれつつ、仲間を集めながら指輪の仲間の後続隊という形で後を追うことになる。

登場人物

ベレソール(Belethor)
本作の主人公的人物。ゴンドールの近衛隊長。旅の途上、ナズグールの襲撃を受けた所から物語が始まる。デネソールの命令で北へ向かったボロミアを探している。その明確な目的はっきりしないが、物語が進むにつれて彼に課された使命が徐々に明らかになっていく。
イドリアル(Idrial)
ガラドリエルに仕えるエルフ。魔法の心得があり、ナズグールを撃退した後、負傷したベレソールを癒したことで最初の仲間となる。
エレゴスト(Elegost)
ドゥーネダインレンジャー。弓の名手で、友人のドワーフと共にサルマンの差し向けたオークの討伐に当たっていたが、その最中にカラズラス付近で雪崩に遭い友人とはぐれた所をベレソールと出会う。
ハドホッド(Hadhod)
エレボールに住むフンディン一族(ファリンの息子フンディンとは別人)のドワーフで、エレゴストの親友。バーリンと共にモリアへ向かった3人の息子の消息を確かめるため、エルロンドの助言を受けてモリア内部への侵入を試みようとしていた。
モルウェン(Morwen)
ローハンに住む女戦士。その一族は元々執政に仕える高貴な家系だったが、ある理由によってゴンドールから追放され、ファンゴルンの森に近い村で暮らしていた。アイゼンガルドのオークに村を襲撃され、家族を失った所をベレソールらに助けられる。二丁の斧で戦う。
エオデン(Eaoden)
最後に一行に加わるロヒアリムの騎士。セオデンの近衛隊の一員で、槍の使い手。ヘルム峡谷に向かう避難民の誘導にあたっていた。ボロミアが裂け谷に発つ以前に指揮していたオスギリアスの戦いにも援軍として参加していた。
アラネル(Aranel)
ロスローリエンのエルフの偵察隊長で、イドリアルの同胞。東エムネトでオークの斥候と交戦状態にあり、一行に協力を求めてくる。
指輪の仲間
一つの指輪を葬るべくモルドールへと向かう9人と、それ支える者たち。ガンダルフを始め、アラゴルンレゴラスファラミアなどが一行と共闘する。

地理

エレギオン
モリア
東エムネト
ローハン
ヘルム峡谷
オスギリアス
ミナス・ティリス
ペレンノール

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 一般評価は低いけど、完成度は中々高かった良ゲーだった。特にモリアや角笛城のマップは一見の価値あり。 -- 2016-08-23 (火) 02:20:03
    • あれ、そうなの? -- 2016-08-23 (火) 13:47:52
    • 何気に装備のカスタマイズ機能が充実してた。ただ、エルフはおろか人間やドワーフまでも魔法をガンガン使える仕様はいただけないな。ステージと時間軸が大幅に飛ぶ(モリアの次がローハン)なのも。 -- 2016-08-24 (水) 01:42:34
      • 人間族のスキルは頑張れば「気合い」ってことで片付けられるかも笑。そこらへんのオークが魔術使うのは言い逃れできない。そしてラスボスが強すぎて未だにクリアできていない。 -- 2016-08-24 (水) 14:29:45
      • 原作の文脈を見るに人間の魔術師もいない訳じゃないみたいだが -- 2016-08-27 (土) 15:08:04
    • ガンダルフが迷った三叉路の残り二つがどこに通じてるのかも分かる。 -- 2016-08-31 (水) 23:57:49
      • 当時は、「おお、ここ映画のあそこじゃん!」って思いながら進められて楽しかったな。  また映画を見てたおかげで正解のルートがすぐ分かるというのも面白かった。 -- 2016-09-01 (木) 01:09:50
  • なんか人間のキャラのネーミングが適当なんだよな -- 2016-08-27 (土) 15:06:25
  • ゲームボーイアドバンス版はまったく違うゲームで、アラゴルンや魔王を主人公にしたシミュレーションRPGです。だいぶやり込みました。 -- 2016-08-27 (土) 20:29:39
    • 当時としてはかなり完成度の高いシミュレーションゲームだった。BGMも映画のをアドバンス版にアレンジした物が起用されていて良い。 -- 2016-08-28 (日) 06:06:49
  • 「実写映画版の世界をRPG化した」作品は、「二つの塔」(アメリカ2002年10月/日本2003年2月)、「王の帰還」(アメリカ2003年11月/日本2004年1月)があります。※参考データ:Wikipedia英語版、ファミ通 -- 2016-08-27 (土) 20:55:18
    • ↑の二作は映画のキャラを操作して戦うだけで、RPGじゃなかったと思うが -- 2016-08-27 (土) 21:09:27
      • 普通にアクションゲームですね。すべての作品を持ってるので間違いない。 -- 2016-08-28 (日) 06:07:50
  • 最初にナズグルを相手にしたり、水中の監視者とか、トロルを9体倒せとか、序盤から割と無茶なクエストを要求するゲーム -- 2016-09-01 (木) 01:35:59
  • 英語版のキャストは情報があるが、日本語版声優が分からない。 -- 2016-09-04 (日) 23:09:07
  • エレゴストって立場上、アラゴルンからは「お前なにしてんの?」とか思われそうだがその辺どうなってるんだろうな。 -- 2016-09-05 (月) 02:00:26
  • パッケージ裏に「オープンワールドで構築された、自由度の高い広大な中つ国」って書いてあるのを見て買ったので、プレイしてビックリ。詐欺かよ。 -- 2017-09-10 (日) 02:02:46
    • ps2のスペックで中つ国をオープンワールドで再現するのは無理 -- 2017-09-10 (日) 02:10:40
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-10 (日) 02:10:40 (286d)