ロード・オブ・ザ・リング

概要

カテゴリー映像化作品等
スペルThe Lord of The Rings

解説

ピーター・ジャクソン監督による『指輪物語』実写映画版。配給はニュー・ライン・シネマ。日本の配給は日本ヘラルド
日本ではよく勘違いされているが、邦題の『ロード・オブ・ザ・リング』のロード(lord)は支配者などの意であって、道のロード(road)ではない。原題の『The Lord of the Rings』を直訳すると「(複数の)指輪の支配者」になり、つまりサウロンのことを示している*1

当初この映画は2部作として制作される予定だったが、当初の製作会社であったミラマックスは1作にするように指示。これに反対したジャクソンは新たなスポンサーとしてニュー・ライン・シネマを訪れたが、ニュー・ライン・シネマの意見で全3部作として制作されることになった。
撮影は、全3作が並行してニュージーランドで行われた。その後二つの塔、王の帰還のためにそれぞれ追加撮影が行われている。

DVD/BDにはコレクターズ・エディション(スペシャル・)エクステンデッド・エディションが存在。コレクターズ・エディションはほぼ劇場公開そのままのバージョンなのに対し、エクステンデッド・エディションではシーンが大幅に追加されている。また映像特典も長く異なるバージョンのものが収録されている。

主な出演者

ロード・オブ・ザ・リング (The Lord of The Rings: The Fellowship of The Ring)

第1作。日本版タイトルでは副題の"The Fellowship of The Ring"が省略されている。これは、全3部作の長編である(1本では完結しない)ということが知られて観客を劇場から遠のかせることを防ぐため、3部作であることを隠そうという宣伝意図によるものと推察される。実際、英語版フッテージなどでは全3部作ということがはっきりと表記されていたのに対し、日本における事前の宣伝では「全3部作」という事実についてはほとんど触れられなかった(日本語版『ロード・オブ・ザ・リング』スペシャル・エクステンデッド・エディションでは、冒頭に「旅の仲間」と表示される)。

また日本公開時、日本語版字幕の質の悪さが批判され、原作ファンを中心とした人々による抗議、署名運動にまで発展した。詳細は戸田奈津子の項目を参照。

第74回(2001年)アカデミー賞で13部門ノミネート、4部門受賞(『ビューティフル・マインド』と並んで同年最多受賞)。

ノミネート作品賞バリー・オズボーン ピーター・ジャクソン フランシス・ウォルシュ
ノミネート助演男優賞イアン・マッケラン
ノミネート監督賞ピーター・ジャクソン
ノミネート脚色賞フィリッパ・ボウエン フランシス・ウォルシュ ピーター・ジャクソン
受賞撮影賞アンドリュー・レスニー
受賞作曲賞ハワード・ショア
ノミネート歌曲賞エンヤ ロマ・ライアン ニッキー・ライアン
ノミネート美術賞グランド・メイジャー ダン・ヘナー
受賞メイクアップ賞リチャード・テイラー ピーター・オウエン
受賞視覚効果賞マーク・ステットソン ランダル・ウィリアム・クック ジム・リジル リチャード・テイラー
ノミネート音響賞クリストファー・ボイス マイケル・セマニック ゲッシン・クリーグ ハモンド・ピーク
ノミネート編集賞ジム・ギルバート

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 (The Lord of The Rings:The Two Towers)

第2作。公開前にこのタイトルが、世界貿易センターのツインタワーを連想させ、9/11テロを連想させるということから、タイトルを変えるべきだという署名運動が起こった。しかし原作を尊重してタイトルを変えるなという署名の方が上回る。製作者側ももともと変える気はなく、結局原作と同じサブタイトルになった。
編集の都合上、ミナス・モルグルの登場は本作ではなく『王の帰還』になっている。そのためこの“二つの塔”は、オルサンクバラド=ドゥーアを指すことにされた。

第75回(2002年)アカデミー賞で6部門ノミネート、2部門受賞。

ノミネート作品賞バリー・オズボーン ピーター・ジャクソン フランシス・ウォルシュ
ノミネート美術賞アラン・リー ダン・ヘナー グラント・メイジャー
受賞視覚効果賞アレックス・ファンク ランダル・ウィリアム・クック ジョー・レッテリ ジム・リジル
受賞音響効果賞マイク・ホプキンス イーサン・ヴァンデル・リン
ノミネート音響賞クリストファー・ボイス マイケル・セマニック マイケル・ヘッジ ハモンド・ピーク
ノミネート編集賞マイケル・ホートン

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 (The Lord of The Rings: The Return of The King)

第3作。
第76回(2003年)アカデミー賞で11部門にノミネートされて全賞受賞(獲得賞数は『ベン・ハー』、『タイタニック』に並ぶ史上最多受賞記録。またノミネートされた全賞の受賞記録としては、9賞受賞の『恋の手ほどき』、『ラストエンペラー』を破る新記録)。「ファンタジー映画は作品賞を取れない」というジンクスも打ち破った。

一方で、主に原作を知らない映画ファンからは、一つの指輪が破壊されてからエンディングに至るまでが長すぎる(起こった出来事が多すぎる)という意見もあり、Hollywood.comが選出した「最悪の映画エンディング」で1位を獲得してしまった*3

受賞作品賞バリー・オズボーン ピーター・ジャクソン フランシス・ウォルシュ
受賞監督賞ピーター・ジャクソン
受賞脚色賞フランシス・ウォルシュ フィリッパ・ボウエン ピーター・ジャクソン
受賞作曲賞ハワード・ショア
受賞歌曲賞フランシス・ウォルシュ ハワード・ショア アニー・レノックス
受賞美術賞グランド・メイジャー ダン・ヘナー アラン・リー
受賞衣装デザイン賞ナイラ・ディクソン リチャード・テイラー
受賞メイクアップ賞リチャード・テイラー
受賞視覚効果賞ジム・リジル ジョー・レテリ ランダル・ウィリアム・クック アレックス・ファンク
受賞音響賞クリストファー・ボイス マイケル・セマニック マイケル・ヘッジ ハモンド・ピーク
受賞編集賞ジェイミー・セルカーク

原作との違い

映像化や物語の短縮のため、原作とは様々な違いが存在する。以下は主な相違点。

パロディ作品

公的団体による作品が複数存在する。
2002年にエルロンドの会議をモチーフにしたコメディ俳優ジャック・主演の短編コントが製作されている。
2007年にはDaniel Baxter製作の動画『How It Should Have Ended』シリーズの一貫として短編のパロディ作品が製作されている。

Blu-ray版

後から発売されたBlu-ray版は、劇場公開版とエクステンデッド・エディションの2種が存在する。
劇場公開版は、本編DVDがBlu-rayになった以外に変わりは無い(映像特典ディスクはDVDのまま)。
エクステンデッド・エディションBOXは、本編がBD2枚組みになり、新規のメイキングドキュメンタリーDVDが3部作につき各1本追加されている。その他の映像特典はDVD版スペシャル・エクステンデッド・エディションと同じ(こちらも映像特典ディスクはDVDのまま)。

スペシャル・プライス版

ホビット 思いがけない冒険』DVDおよびBlu-ray発売に合わせ、映像特典をカットした廉価版DVDとBlu-rayが発売されることになった。
またエクステンデッド・エディションも、ワーナーより再発売されている。

関連書籍

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • あのフロドとガンダルフが馬車で村に入るシーンの曲が好き -- 2015-11-05 (木) 00:09:54
  • 王の帰還SEE&劇場公開版のBD廉価版がワーナーから発売決定、二つの塔から長かった…劇場公開版の方はレンタルも解禁される模様 -- 2015-11-18 (水) 03:07:58
    • 長かったー!指輪物語 BOXは出ないのですね…。 -- 2015-11-18 (水) 12:44:24
  • ラスボスの直接対決を避けて、中ボスの各個撃破に専念するファンタジーってよく考えればゲームに慣れ親しんだ現代人には珍しいかも。日本人なら -- 2015-12-25 (金) 23:22:54
  • キューブリック監督ビートルズ版指輪物語、もし実現したら見たかった。 -- 2016-05-24 (火) 16:00:36
    • もしかしたらPJよりもずっと良い映画を作ったかもね -- 2016-05-24 (火) 16:19:45
    • キューブリックはいつも原作を完全に自分のものにしてしまうから(シャイニングは原作者激怒)、別物度はPJより激しいと思う。そしてきっと面白い。 -- 2016-12-25 (日) 11:11:17
      • それでも誰かさんはPJを貶してキューブリックを絶賛したりして -- 2017-01-09 (月) 13:03:00
      • >キューブリックは〜  だな! -- 2017-09-04 (月) 19:20:41
  • 戸田奈津子のページの閲覧数が凄いことになってると思ったらこう言う事だったのね…https://www.buzzfeed.com/eimiyamamitsu/interview-with-natsuko-toda?utm_term=.qornPx2zD5#.go1ENWQKRr -- 2017-01-04 (水) 16:27:40
  • 今や指輪物語のゲーム化作品だけでなく、映画LotRから派生したスピンオフ作品も相当な数に上るわけですが、これらはどう総称されるべきでしょうか。PJユニバース?ミドルアース・シネマティック・ユニバース? -- 2017-01-30 (月) 02:29:15
  • 都合によりモルドール組は欠席だそうです。http://front-row.jp/showbiz/43261/ -- 2017-02-03 (金) 00:43:56
    • モルドール組って…目立った顔出しキャストいましたっけ? -- 2017-02-03 (金) 01:38:38
      • つ ブルース・スペンス(口だけですが -- 2017-02-03 (金) 09:32:06
  • 映画オリジナルの台詞で一番の名言は何? -- 2017-05-20 (土) 22:05:23
    • 親が子を葬るなど、あってはならぬ… -- 2017-05-23 (火) 11:16:02
  • 映画嫌いな人にとっては、映画をきっかけに原作を読んでファンになった人間は迷惑な存在なんでしょうか・・・・? -- 2017-08-23 (水) 01:15:30
    • 映画きっかけにかれこれ10年以上愛読してるんですが・・・ -- 2017-08-23 (水) 01:16:31
    • 映画をきっかけに友人が読んでくれたし、原作の魅力って映画とまた違う、共有できる人が増えるのは幸せです。バクシアニメから入った子もいたし。 -- 2017-08-27 (日) 09:52:31
    • 映画をきっかけに原作に手を出した身から言わせてもらえば、あれだけ改編されたのに実写映画化作品として大成功したと言うことは、原作読者は余程寛容で心が広いんだな、と。 -- 2017-09-04 (月) 04:11:21
      • >あれだけ改編されたのに実写映画化作品として大成功した  ????? -- 2017-12-09 (土) 23:39:50
      • ↑興行的には充分成功した方じゃん。脚本に不満があるのならともかく。 -- 2018-01-18 (木) 01:04:15
      • 改変といってもアメコミの実写化に比べればだいぶマシのような。それに、いろんな意見はあると思いますが、自分はLotRの映画は、改変はあるかもですが原作のテーマからはブレていないと感じます。特にサムが最後に家に帰るところまでキッチリ描いたところは、製作陣は分かってるなと感じましたよ。 -- 2018-01-18 (木) 12:13:08
      • 俺も映画がきっかけだからあまり違和感ないけど(というか映画と原作はそれぞれ違うお話だと思って見てる)昔からの硬派な原作ファンは不満があったろうなぁ -- 2018-01-18 (木) 21:10:09
      • 監督自身がファンだと公言しているだけあり、端々にそれが垣間見えるのでファンにも概ね好意的だったと記憶しています。改変部分については映画という表現媒体に合わせてのものであることをファンも理解していたようで、原作通りにしろという意見はあまり聞かなかったと思います。本邦では字幕問題があり、そっちにファンの関心が行ってしまったという事情もありますね。 -- 2018-03-06 (火) 19:21:53
  • むしろこの会社、このスタッフで良かったと思う。ディズニーあたりが作ってたら一部のキャラを黒人やアジア人にしたり、観客が飽きないようにと言ってもっとカットしたり、LGBT出したりしてたと思うわ -- 2018-02-10 (土) 17:12:20
    • 下と比べてもしょうがないと思いますよ。比べるなら上と比べましょう。向上心。 -- 2018-02-10 (土) 18:06:03
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 原作小説の本文内でLord of the Ring(s)の言葉が使われているときは「指輪王」「指輪の主」などと邦訳されている。
*2 当初はスチュアート・タウンゼンドの予定だった
*3 「最悪の映画エンディング」トップ10発表 超大作・ヒット作がズラリ

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-21 (水) 20:22:13 (64d)