ロソ・サックビル=バギンズ

概要

カテゴリー人名
スペルLotho Sackville-Baggins
異訳ロソ・サックヴィル=バギンズ
その他の呼び名にきびっ面(Pimple)、お頭(Chief)
種族ホビット
性別
生没年ホビット庄暦1364~†1419(享年55)
オソ・サックビル=バギンズ(父)、ロベリア・サックビル=バギンズ(母)
兄弟なし
配偶者なし
なし

解説

オソ・サックビル=バギンズロベリア・サックビル=バギンズの息子。ビルボ・バギンズの父方の従兄弟の子供、すなわちフロド・バギンズと同じ世代。フロドより4歳年長。
ビルボの別れの宴に招待された時には、ご馳走目当てに一家で出席している。

彼は父親から受け継いだ財産として南四が一の庄パイプ草農園を所有しており、これも親の代から引き続いてサルマンの手下の人間のごろつきとパイプ草の取引をしていた。
ロソはその取引で得た収入を元手にホビット庄各地の農場、ビール醸造所、旅籠屋、製粉所(サンディマンの水車場もその一つ)を次々と買収し、大幅に事業を拡大。そうして得た生産物の大部分は、当時戦争に備えて軍備を整えていたアイゼンガルドに秘密裏に輸出されていたものと考えられる。

フロドが袋小路屋敷を引き払って旅立ち、代わってサックビル=バギンズ一家が屋敷を手に入れると、ロソの許にはサルマン配下の人間のごろつき共が居つくようになる。
ロソは庄察を手中にしてお頭を名乗るなど、ホビット庄全体に統制の手を広げていくが、やがてごろつき達はロソの名前を利用して好き勝手に振る舞うようになり、黒幕であるシャーキー自身が庄にやって来ると、用済みになったロソは袋小路屋敷に監禁されてしまった。
最終的にサルマンの指示によって、眠っている間に蛇の舌に刺し殺されたという。サルマンは、その遺体を蛇の舌が食べたことを示唆しているが、実際は不明。

画像

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、袋小路屋敷玄関前のロソ(左)とロベリア(右)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 考えてみれば、サルマンは「バギンズ」を探しあてて、その一人と取引していたわけだな -- 2010-12-04 (土) 20:12:09
  • にきび面呼ばわりされて、みんなから嫌われている様子だけど、この人、物語本編には出てこないんだよな。 実際、どんな奴だったんだろ? -- 2012-04-20 (金) 00:41:16
    • マザコンだったらしい事や、一応彼なりに家業を拡張しようという意志はあったらしいが全然ごろつきをコントロールできてない所を見ると、よくいるやる気だけはあるがあまり頭の良くない二代目ボンボン、といった感じだったのではないかと。愚かで嫌な奴ではあったのでしょうが、殺されなければならないほど悪い奴ではなかったはずですよね。 -- 2015-07-22 (水) 03:59:07
    • 殺されたのはママが留置穴に幽閉されたのをサルマンに抗議したからかもね。 -- 2015-08-29 (土) 19:36:40
      • 抗議しても口のうまいサルマンに丸め込まれて、寝床に着いたら殺されてしまった流れかな?  -- 2015-08-30 (日) 03:10:24
    • 事業を拡大していることからして無能なボンボンではなかったと思うけど、如何せん、相手はサルマンとその配下。 対して自分自身は、世界を知らない井の中のホビット。 騙し騙される取引の世界で、どちらか勝つか明白。 -- 2016-02-08 (月) 10:20:27
  • 初めにうちは、サルマンと取引して、うまくやっていたつもりだったが、背乗りされて、全て奪われる羽目に。 ホビットから見れば、金持ちの悪党と見られていたけど、年季の入ったサルマンには、敵わないよ。 -- 2015-09-18 (金) 10:01:47
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-08 (月) 10:20:27 (919d)