ロスローリエン

概要

カテゴリー地名
スペルLothlórien
異訳ロスロリエン、ロスロリアン
その他の呼び名ローリエン(Lórien)
黄金の森(Golden Wood)
ラウレリンドレナン(Laurelindórenan)
ラウレナンデ(Laurenandë)
ローリナンド(Lórinand)
グロルナン(Glornan)
ナン・ラウア(Nan Laur)
リンドーリナンド(Lindórinand)
ドウィモルデネ*1(Dwimordene)

解説

シンダール語で「花咲くローリエン(Lórien of the Blossom)」あるいは「夢の花(Dreamflower)」の意。霧ふり山脈の東、おぼろ谷を下ったところから、アンドゥイン(大河)の間にある森林で、エルフガラズリム)の国。
首府はケレボルンガラドリエルの住まいがあるカラス・ガラゾン。他にケリン・アムロスエグラディルナイスなどの地名が出ており、西の堺の近くにはニムロデルの川、ロスローリエンの東西を横切るようにケレブラント(銀筋川)がある。

ロスローリエンのエルフは木の上に住むという特異な習慣があり、主にマルローンの木の上にフレトを作ってそこで過ごしていた。そのため彼らはガラズリムと呼ばれていた。

第三紀末、ロスローリエンの噂を知るローハンゴンドール人間達には、生身の人間が一度入ったら二度と生きて戻れない、恐るべき森のようにイメージされていた。

「ロスロリエン! とうとう黄金の森の軒先にまで来た。今が冬とは残念至極!」目の前には高い木々が夜空に亭々とそびえていました。さしのばされた大枝は道の上にアーチを作り、その下には思いがけず不意に姿を現した水の流れもありました。おぼろな月明かりで見ると木々の幹は灰色をしており、風に揺らぐ葉は朽葉色がかった金色を帯びていました。*2

歴史

国となる前から、ここには多くのナンドール・エルフシルヴァン)が住み着いていた。
第二紀に彼らはシンダールアムディーアによって、その後彼が最後の同盟の戦いで戦死すると、アムディーアの息子アムロスによって統治されていた。

第三紀1980年、モリアドワーフバルログを呼び起こす(そのためローリエンのエルフは、ドワーフが危機をもたらしたと考えるようになった)。1981年になってモリアのドワーフが四散すると、バルログやオークといった脅威を恐れて、多数のロスローリエンのシルヴァン・エルフが南に逃れ、アムロスエゼルロンドの港からアマンへ去ろうとする(その途中でアムロスは行方不明になる。詳細はアムロスの項目を参照)。
その後ロスローリエンのエルフは、ケレボルンガラドリエルに統治されるようになる。かれらと共にいくらかのノルドールも加わり、領主二人の威光とノルドールの技のため、ローリエンのエルフの技術力は闇の森などと比較しても、非常に優れたものとなった。

ロスローリエンのエルフは元来森の王国シルヴァン・エルフと同類であったが、ドル・グルドゥアの脅威のため、第三紀末には連絡は途絶えていた。一方、裂け谷とは連絡を取り合っていた*3

指輪戦争時、ロスローリエンのエルフは指輪の仲間を一時匿い、別れに際してはマントや弓矢、小船ヒスラインのロープといった贈り物を授けた。
また指輪の仲間が出発したあと、ロスローリエンは東のアンドゥインを越えてきたドル・グルドゥアの軍勢に三度攻撃され、外辺の森に痛ましい被害が出た。だが、ロスローリエンの地に残るエルフの力*4が非常に強かったため、彼らはこれらの攻撃を凌ぎ切った。その後一つの指輪が破壊されると、ケレボルンに指揮されたロスローリエンの軍勢はアンドゥインを船で渡河してドル・グルドゥアを攻撃し、その力を打ち破った。指輪戦争後、ケレボルンはスランドゥイルと会見を持ち、闇の森狭隘部より南を「東ローリエン」(East Lórien)と名付け、自らの領土とした。

だが第四紀に入り、ガラドリエルがアマンへと去ると、その数年後にはケレボルンも己が領土に倦んで裂け谷へ移り住み、ロスローリエンには僅かなエルフしか残らなかったようである。

守られた地

銀筋川の向こう側の堤を踏んだ時から、かれはふしぎな感じに襲われていました。そしてその感じはナイスの中へ歩いて行くにつれて、いよいよ深まって行きました。すなわちそれは、時間という橋を渡り、上古の世の一隅に足を踏み入れて、もはやすでに存在しない世界を今歩いているような気持ちなのでした。裂け谷にも古い時代の記憶が残っています。しかしロリエンでは古きものが現の世界に今なお生き続けているのです。*5

ロスローリエンは、ガラドリエルが持つ三つの指輪の一つネンヤの力によって守られており、悪による汚れや時による衰えの影響を免れた特別な土地となっていた。第三紀アンドゥインを挟んで対岸にあるドル・グルドゥアの勢力が増しても、ロスローリエンのエルフ達はその力に抵抗していた。

この地に足を踏み入れることは定命の者(人間ホビットドワーフ)にとってはエルフの生きる時間の中に入るようなことであるため、外界における普通の感覚では時が数えられなくなる。そればかりでなく、エルフの世界に定命の者が触れるのはしばしば危険なことであった。ファラミア限りある命の人間にとって、この太陽の照らす世界の外に歩み出ることはいたく危険なことだからだ。古の代でもそこから変わらぬまま出てきた者はほとんどおらぬ、といわれていると推察している*6

しかし一つの指輪が破壊されるとネンヤの力も次第に消失していき、この地に保たれていたエルフの記憶も色褪せていくことになった。

地名について

ロスローリエンアマンローリエンに由来する名だが、(中つ国では)単にそのままローリエンといっても、ロスローリエンのことを指す。

木の鬚によると)かつてはロスローリエンは「歌う黄金の谷間」を意味するラウレリンドレナンと呼ばれていたが、それが短縮されロスローリエンと呼ばれるようになったという。クウェンヤではラウレナンデナンドールにはローリナンドと呼ばれ、シンダール語ではグロルナンあるいはナン・ラウアと呼ばれることもあった。これらはいずれもガラドリエル自身と、彼女がもたらしたマルローン樹をはじめとする森の変化に因むものである。

ガラドリエルがこの地に来る以前は、「歌い手達の国」の意であるリンドーリナンドと呼ばれていたらしい。

エオセオド及びロヒアリムには、「まぼろしの谷」(Phantom-vale)の意であるドウィモルデネと呼ばれていた。

画像

トールキン作画「春のロスロリエンの森」

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるニムロデルと、壊れた橋 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるカラス・ガラゾン 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるケリン・アムロス

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 『新版・指輪物語』だと、「ロスロリアン」になっていますね。ローリエンとロリアン、どちらを正式として扱えばよいのでしょう?; 大もとの発音に近いのは「ローリエン」だと思うのですが、個人的には「指輪」で慣れ親しんだ「ロリアン」の音の方が好みです。
    • ローリエンが確かに発音的には正しいです。 -- ももたる 2010-05-11 (火) 18:05:00
  • フランスにはロリエンと言う町がありますね。ちなみにモンドール山と言う山もあったりする・・・ -- PINPIN
    • たしかにフランスにはそのような地名がたくさんあります。しかしそれをもとに現代版中つ国の地図をつくると、モルドールはイタリア・・・
      • 第二次世界大戦当時はムッソリーニによる独裁政治が行われていたファシズム国家ですからね 偶然か意図的なものなのかは分かりませんが・・・
      • 意図的なものではないでしょう。トールキン教授はそういうことを嫌っていましたから。
      • そもそも教授はフランスが嫌い -- 2010-12-11 (土) 01:22:27
  • モルドールは地理的にトルコに当たるらしい。ちなみにイタリアはゴンドール、ヴェネツィアはミナス・ティリス、イスタンブルはペラルギアに当たるらしい。 -- ホビット 2008-10-12 (日) 13:48:04
    • 緯度ではね -- 2008-11-08 (土) 20:35:47
    • ウィキペディアにそう書いてありました。あとついでに、アムロスに統治されていたころこの森はなんと呼ばれていたんだろうか? -- ホビット 2008-12-07 (日) 16:14:29
      • やっぱりラウレリンドレナンかな? -- ホビット 2009-01-18 (日) 14:16:26
  • EnyaのCD「シェパード・ムーン」に'Lothlorien'という題の歌があります。 -- 2011-06-25 (土) 01:33:20
  • 人間と交流している闇の森や、裂け谷の開放された環境と違って、とてもエルフ的で神秘的な場所。フロドたちも恐縮していた。 -- 2015-11-24 (火) 07:13:50
    • 排他的な場所、の間違いでは?w -- 2016-08-28 (日) 20:36:10
    • 闇の森って色々な意味でヤバいところじゃん、ロリエンの場合は奥方とネンヤの影響が強い異質な場所というイメージだが。 -- 2016-08-29 (月) 02:53:58
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語』での邦訳はドウィモルデーネ、またはドウィモルディネ
*2 指輪物語 旅の仲間』「ロスロリエン」 レゴラスの言葉
*3 それぞれの統治者ガラドリエルエルロンドは共に三つの指輪の守護者であり、またケレブリアンを通じて親族関係にあったためと思われる
*4 ガラドリエルの持つネンヤによるところも大きい。
*5 『旅の仲間』「ロスロリエン」
*6 二つの塔』「西に開く窓」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-24 (日) 00:07:10 (331d)