レンバス

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルlembas
異訳レムバス
その他の呼び名エルフの行糧(waybread of the Elves)
レンバスの薄焼き菓子(wafer of lembas)
エルフの薄焼き菓子(elven-cake)
コイマス(coimas)

解説

原形はシンダール語のlenn-mbassで「旅行用食糧(journey-bread)」の意。クウェンヤでは「命の糧(life-bread)」の意のコイマスと呼ばれる。単に行糧薄焼き菓子とも呼ばれる、エルフの携行保存食。
一枚食べるだけで一日たっぷり歩けるほど活力が付き、走りながら食べることもできるほど扱いやすく、非常に美味。軽く持ち運びに適し、また葉に包まれたままで割れなければ何日でも効能が落ちない。

食べものの大部分が非常に薄い焼き菓子の形をしていて、それは外側がうすいとび色に焼け、中がクリーム色をしており、あら碾きの粉でできていました。*1

大変貴重なものであり、エルダールの習慣によると、レンバスを貯蔵することも与えることも、王妃のみに属する権限であるという。
エルフ以外の種族の者にこれが与えられるのは極めて稀なことであり、第一紀にはメリアントゥーリンを助けに向かうベレグに与えたという記録があるほかは、第三紀ガラドリエル指輪の仲間に与えたことで知られている。

最初レンバスを見たギムリクラムだと勘違いして顔をしかめたが、試しに少し口にするとすぐに態度を変え、ひとつ平らげてしまった。
指輪の仲間は各々その旅路においてレンバスの効能に大いに助けられた。特に他の食糧が尽きた中でモルドールの荒地を横断しなければならなかったフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーは、これによって命をつないでいる。
一方でフロドからレンバスを分けてもらったゴクリは吐き出して咳こみ、これを「埃と灰」と形容した。オークもまたレンバスを嫌悪したらしく、キリス・ウンゴルの塔のオークはフロドの所持品の中にあったレンバスを床にぶちまけている。

終わらざりし物語』によると、最後の同盟当時のドゥーネダインも、エルフのレンバスに準ずる効能を持つ「行糧の薄焼きパン(wafers of a waybread)」を持っていたという。

『The Peoples of Middle-earth』における記述

The Peoples of Middle-earth』“Of Lembas”には、レンバスについてより多くのことが述べられている。

エルダールによると、レンバスは元々大いなる旅において長い旅路の助けとなるよう、ヤヴァンナアマンで育つ穀物の一種から作りだし、オロメを通じて与えられたものだった。

レンバスの材料となる穀物は降り注ぐあらゆる光を栄養とするため、僅かな太陽の光のみで実を結ぶ。また寒期を除けばどの季節に蒔いてもすぐに生育した。ただし中つ国の植物の影の下では育たず、モルゴスが住む北方から来る風にも耐えられなかった。そのためエルダールはこの穀物を守られた土地や、日の光が当たる空き地で育てた。穀物にはアマンの強い生命力が含まれ、レンバスを食す者にその力を与えた。

収穫には金属の刃は用いられず、大きな金色の穂が一つずつ手で集められた。地面から手で引き抜かれた白い茎からは穀粒を保管するための籠が編まれた。その輝く藁に触れる虫や害獣はおらず、腐敗やカビ等の中つ国の害悪とも無縁だった。
レンバス作りに携わるのは「ヤヴァンナの乙女(maidens of Yavanna)」であるエルフの女性のみで、ヴァラールから教わったその技は彼女たちの秘密であった。彼女たちはクウェンヤYavannildi(ヤヴァンニルディ)、シンダール語ではIvonwin(イヴォンウィン)と呼ばれた。
ヤヴァンナに起源を持つものゆえ、レンバスの保管と贈与はエルダールの民の中で王妃のような最高位の女性の権限とされた。そのような女性はクウェンヤmassánie(マッサーニエ)、シンダール語besain(ベサイン)*2と呼ばれた。

中つ国にあってはレンバスは常に貴重なものであったため、エルダールの間にあってもこれは困難な長旅を行く者や、怪我・苦痛で命が危険な者にのみ与えられた。
レンバスは基本的に人間には与えられなかった(エルフから愛された人間が必要に迫られた際に与えられた、僅かな例があるのみ)。これはエルダールがレンバスを有限の命の者には広めないよう命じられていたためであり、有限の命の者が頻繁にレンバスを食すると、その命に倦み疲れてエルフたちの間に留まりたくなり、禁じられたアマンへ行くことを望むようになるからだと言われていた。

薄焼き菓子(wafer)

英語のウェハー(wafer)とはイーストを用いない薄焼きのパンのことで、いわゆるウェハースの類の菓子を意味する他、キリスト教の聖体受領式に使われる聖餅(せいへい)を指す語でもある。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

劇場公開版ではカットされたが、『ロード・オブ・ザ・リング』のエクステンデッド・エディションで、指輪の仲間がレンバスを与えられる場面が直接描かれている。この場面では原作と異なり、レンバスを口にするのはギムリではなく、ピピンメリーになっている。
二つの塔』および『王の帰還』では劇場公開版でも、フロドサムがレンバスを食べている様子が描かれた。『王の帰還』では、ゴラム(ゴクリ)がサムとフロドの間を裂こうとした目論見にレンバスの欠片が使われた。

なお、『旅の仲間 エクステンデッド・エディション』に登場したものと、『二つの塔』『王の帰還』に登場したものとでは厚みが大幅に異なり、後者では大きな乾パンのようになっている。

外部リンク

  • 木のひげ(「エルフの焼き菓子」というパンを売っているパン屋)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • アレルギーの人用にナッツを使わない方法は ないのかな? -- 2016-06-23 (木) 07:30:32
  • 俺のイメージでは東鳩オールレーズンだった。 -- 2017-03-05 (日) 13:20:59
    • 俺のイメージでは、クリーム玄米ブランだった。 -- 2018-03-25 (日) 12:38:07
  • Of Lembasを読んで思ったこと。一、エルフも農業をする。二、レンバスはエルフの薬でもある。三、アマン由来の穀物でできている=彼岸の食物である。口にした指輪の仲間の多くが彼岸に去ったことに関係があるか。 -- 2017-07-23 (日) 11:04:13
  • Of Lembasを読んだ雑感。穀物はヤヴァンナがthe fields of Amanで育てたもので、レンバスを食べ過ぎた人間はthe fields of Amanへ行くことを望む。fieldsはアマンの畠の意味?レンバスの授与条件the comfort…of the hurt whose life was in peril. hurtは肉体的な怪我とも、精神的な苦痛ともとれ、それを癒す目的がある。 -- 2017-07-23 (日) 11:41:06
  • メリアンがベレグに与えたレンバスはどんな味だった? -- 2017-07-23 (日) 23:00:06
  • なんでゴクリは食えないんだろ? -- 2017-08-16 (水) 02:09:26
    • 火通したから -- 2017-08-17 (木) 23:24:37
    • 邪悪な者の口に入ると「埃と灰」みたいに粉っぽく&不味くなる効果があるのかも -- 2017-11-03 (金) 01:02:15
      • オークもだめだったみたいだし -- 2018-05-04 (金) 09:03:12
    • レンバスにそういう効果があるのではなく、邪悪な者は聖なる食物に耐えられないということでしょう。 -- 2018-05-04 (金) 17:48:31
  • 兵糧丸のエルフ版だね。 -- 2017-08-27 (日) 21:55:07
  • 俺のイメージでは薄いと言うことで東鳩ハーベストだな -- 2017-08-30 (水) 18:54:51
  • 実際にこのページのリンク先で買って食べたけど.........う〜ん って味だった -- 2018-03-07 (水) 08:40:19
  • ドラゴンボールの仙豆みたい -- 2018-08-23 (木) 21:01:07
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「さらば、ロリアン」
*2 どちらもbreadgiver(パンを与えるもの)の意味でLadyと訳される。クリストファー・トールキン古英語でbread-kneader(パンをこね混ぜる人)の意味であるhlǣf-dīġeが現代英語のladyの語源であることを指摘し、父トールキンが参考にしたことは間違いないとしている。なお、besainbesoneth(ベソネス)に訂正されたようである。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-23 (木) 21:01:07 (55d)