ラダガスト

概要

カテゴリー人名
スペルRadagast*1
その他の呼び名茶のラダガスト(Radagast the Brown)、アイウェンディル(Aiwendil)
種族マイアールイスタリ
性別
生没年不明

解説

茶のラダガストとして知られるイスタリ(魔法使い)の一人。闇の森のはずれにあるロスゴベルに住んでいた。
その正体はヤヴァンナに仕えていたマイアであり、クウェンヤで「鳥を愛する者(lover of birds)」の意味であるアイウェンディルと呼ばれていた。

ラダガストももちろん立派な魔法使いじゃ。色の変化と形の大家であり、また薬草とけものたちのことにくわしい。とりわけ鳥たちはかれの友じゃ。」
「かれはわが賢人団の一人なのじゃが、わしはもう何年も会っておらなかった。」*2

作中のラダガスト

ホビットの冒険』ではガンダルフビヨルンに自己紹介する時に名前を挙げており*3、ビヨルンはラダガストのことを知っていたようである。だが直接には登場しない。

指輪物語』において、ガンダルフの回想の中に登場。ラダガストはサルマンに命じられ、ナズグールアンドゥインを渡ったという警告と、サルマンが会いたがっているという知らせをガンダルフにもたらす(ラダガストは、一つの指輪を自分の物にしようというサルマンの真意を知らなかったものとガンダルフは判断している)。その時ラダガストは、ラダガストの友の動物たちがナズグールに関する知らせをつかんだら、自分たちの元に届けて欲しいとガンダルフに頼まれた。
結果、ラダガストの話を聞いたグワイヒアオルサンクにやってきて、サルマンに捕らえられていたガンダルフを発見する。つまりラダガストは、ガンダルフが(グワイヒアによって)救出されるきっかけも作ったことになり、これをガンダルフは

「いずれにせよ、正直者のラダガストを裏切り行為に誘い込む試みは、愚の骨頂。かれは誠心誠意わしを探し、わしをくどいたのじゃ。この点がまた、サルマンのはかりごとを台無しにした。」

と評している。

だがその後のラダガストの消息は不明で、エルロンドの会議の後に裂け谷エルフ達はロスゴベルまで彼を捜しに行ったが、見つけることができなかった。

その他の記述

イスタリなのだから、ラダガストも白の会議の中にいてしかるべきだが、そのような記述は見当たらない。

シルマリルの物語』収録の「力の指輪と第三紀のこと」によると、サルマンの間者の多くは鳥だったが、それはラダガストがサルマンの裏切りを少しも見抜けず、敵を見張るために用いると思って力を貸していたからだという。

終わらざりし物語』によると、ラダガストは人間のことを見捨てて鳥やけもの達と暮らすようになり、イスタリの任務から脱落したとされている。だが、それだとサルマンに伝令を頼まれて(人々のために)働いたという事実と一致しにくく、謎が多い。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

登場しない。ただしThe Lord of the Rings Trading Card Game用に、Weta監修のもとラダガストのデザインが作られている。
グワイヒアは、ガンダルフが蛾を伝令に使って呼び寄せた描写となっている。

ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』ではゲーム中盤で主人公たちがラダガストの助言を得るためにロスゴベルを訪れる事になり、ラダガストが消息不明となっていた理由が明かされる。外見はカードゲーム版の物を踏襲している。

LEGO The Lord of The Rings』にも登場する。この作品自体は映画第1部『思いがけない冒険』が公開され、ラダガストの新たな姿が発表されたのとほぼ同時期に発売された作品だが、ラダガストの外見はカードゲーム版のものに準じている。

Wetaデザインによるラダガスト RadagastMain.jpg Radagastminas.png

映画『ホビット』における設定

原作ではガンダルフが名前を言及するのみだが、直接登場する。帽子の中などの身体に鳥や虫を飼っている、かなりの変人で、サルマンからは「うつけ」として蔑視されていた。大きな兎が引く橇に乗る。

ロスゴベル闇の森の異変を感じ取り、ドル・グルドゥアネクロマンサー(死人占い師)がいるのを発見。証拠としてモルグルの刃を回収し、ガンダルフに渡している。
その後、ガンダルフと共にルダウアにあるナズグールの塚を確認した後、ふたりでドル・グルドゥアに戻るが、ガラドリエルに連絡を取るようガンダルフに言われて去る。
ガンダルフが捕まった後、ガラドリエル、エルロンドサルマンらと共にドル・グルドゥアに戻り、衰弱していたガンダルフを兎の橇で運び出した。

五軍の合戦では大鷲たちを呼び、ビヨルンと共に空から救援に現れている。

映画のラダガスト

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

ロスゴベルにはおらず、自由の民の味方としてさびし野の異変の解決と、アガマウア?ガルス・アガルウィン?の腐敗の原因を調べている。
プレイヤーが種族(クラス)にビヨルン族を選ぶと、グリムビヨルンのもとを訪れるラダガストを見ることができる。

画像

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるラダガスト L06-013 - rad.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ラダガストが、偽物人間を見捨てて、後で本物の人間のために働いたというのは、矛盾ないでしょう。 -- 2015-06-14 (日) 19:21:47
  • マイペースだけど頑固で用心深い。森を調査しながら中つ国を守っている。 -- 2015-06-14 (日) 22:52:24
    • 本当の意味での世捨て人、森の賢者って感じがしますよね。おとぎ話でいざという時に主人公を助けてくれる謎の魔法使いもしくは妖精のおじいさんみたいな。 -- 2015-06-15 (月) 11:42:12
  • 映画のラダガストを見てるとムツゴロウさん連想するんだよなあ。 -- 2015-08-18 (火) 00:06:39
    • 「動物に囲まれた優しい『ムツゴロウさん』」ではなく「悪食など野生に体当たりの等身大の『畑正憲さん』」だったような… -- 2016-03-08 (火) 22:35:03
      • こういうサイトは、悪意ないコメントであってほしいね。 -- 2016-03-10 (木) 23:28:50
    • 麻雀するときは眼光するどいギャンブラーになるラダガストさん。 -- 2016-04-28 (木) 07:19:44
  • ガンダルフらが西へ旅だった後、彼や他の賢者はどうしたのだろう? -- 2015-11-09 (月) 09:29:10
    • 死んだなんて記述があるけど、今でも世界中で動物救済の保護活動をしていたりして。 -- 2016-02-08 (月) 10:47:52
  • ガンダルフに貸した杖はその後どうなったのか -- 2015-12-05 (土) 21:28:37
  • けっせんのゆくえEE版追加映像。彼が杖のメンテナンスをさぼっていたせいで、ガンダルフがとんでもない目にあっていたことが判明w -- 2015-12-13 (日) 11:59:57
    • あれって炎を司るマイアであるガンダルフにラダガストの杖の相性が合わなかっただけでは? -- 2016-02-06 (土) 06:44:44
  • エルフやホビットが姿を消した現代でもどこかで生きてるんじゃないかと思うと、オラワクワクする。この変なイスタリは、まだどこかにいるのです。たぶん。 -- 2016-03-07 (月) 21:50:51
    • エルフも、ホビットも、イスタリも、今もいると思う。 -- 2016-03-10 (木) 23:27:32
    • 裂け谷のエルフとフロドとガンダルフが旅立ったんじゃなかったっけ?サムはホビット庄で結婚してるし。 -- 2016-03-20 (日) 07:55:16
    • ラダガストの場合は各国の保護区とか環境関連組織を回って色々やってそう -- 2017-01-22 (日) 03:11:31
    • ちょくちょくハグリッドとお茶してても不自然じゃない。 -- 2017-11-22 (水) 00:14:51
  • 製作時期の違い以外にロード~とホビットで外見が大幅に異なってる理由があるとしたら何だろう?いつどこで身綺麗にしたのか気になる -- 2016-12-13 (火) 02:22:46
    • 森のエルフとの交流ができて美容室に通うようになった。 -- 2016-12-13 (火) 10:10:28
      • こびりついた鳥の糞て除去してもらえるもんなの?w -- 2016-12-13 (火) 15:59:05
  • WitNでは大蜘蛛に捕らわれて捕食される寸前になってた -- 2017-01-22 (日) 03:13:50
  • 映画のソリ引いてるウサギがくっそかわいかった。 -- 2017-07-13 (木) 23:10:03
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』によると、ラダガスト(Radagast)の名は古のヌーメノールの言葉で「獣の守り手(tender of beasts)」の意味。だが同書の註釈によると、晩年のトールキンの覚書きではアンドゥインの谷間人間の言葉で意味は不明とされている。
*2 指輪物語 旅の仲間 下』「二 エルロンドの会議」 ガンダルフの台詞
*3 なおこの時ガンダルフはラダガストを“いとこ(my good cousin)”と述べているが、この設定は『指輪物語』執筆中に変更された

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-22 (水) 00:14:51 (215d)